研究者
J-GLOBAL ID:200901044666743798   更新日: 2021年04月11日

川井 浩史

カワイ ヒロシ | Kawai Hiroshi
所属機関・部署:
職名: 特命教授
研究分野 (1件): 多様性生物学、分類学
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2018 - 2021 海藻類バイオマーカーを用いた沿岸環境汚染の診断法の開発
  • 2016 - 2019 分子系統地理学的解析で探る最終氷期における日本周辺の海藻植生と日本海の海況の変遷
  • 2013 - 2016 ゲノム情報と形態形質進化から探るコンブ目植物による「海の森」の成立
  • 2011 - 石灰化大型海藻類の遺伝的多様性と地球規模環境変動に対する脆弱性に関する研究
  • 2010 - 細胞微細構造・細胞壁多糖およびゲノム情報で探る褐藻類多細胞進化の鍵
全件表示
論文 (195件):
  • Masahiro Suzuki, Ryuta Terada, Kensuke Shibata, Hiroshi Kawai. New records of Chondracanthus saundersii and Schottera koreana (Gigartinales, Rhodophyta) from Japan based on molecular and morphological analyses. Phycological Research. 2021. 69. 2. 81-87
  • Christophe Vieira, Frédérique Steen, Sofie D’hondt, Quinten Bafort, Lennert Tyberghein, Cindy Fernandez-García, Brian Wysor, Ana Tronholm, Lydiane Mattio, Claude Payri, et al. Global biogeography and diversification of a group of brown seaweeds (Phaeophyceae) driven by clade-specific evolutionary processes. Journal of Biogeography. 2021. 48. 4. 703-715
  • Shingo Akita, Keiichiro Koiwai, Tatsuya Ishikawa, Takashi Sakamoto, Taku Yoshimura, Setsuo Kiyomoto, Kaiji Nanri, You Tamayama-Kato, Akira Kurashima, Takeaki Hanyuda, et al. Molecular evidence for naturally occurring intra- and inter-generic hybridization in the genus Ecklonia (Laminariales, Phaeophyceae). Phycologia. 2021. 60. 2. 170-179
  • Christophe Vieira, Shingo Akita, Shinya Uwai, Takeaki Hanyuda, Satoshi Shimada, Hiroshi Kawai. Hildenbrandia (Hildenbrandiales, Florideophyceae) from Japan and taxonomic lumping of H. jigongshanensis and H. japananensis. Phycological Research. 2021
  • Hiroshi Kawai, Takeaki Hanyuda, Shingo Akita, Shinya Uwai. The macroalgal culture collection in Kobe University (KU-MACC) and a comprehensive molecular phylogeny of macroalgae based on the culture strains. Applied Phycology. 2020. 1-8
もっと見る
MISC (60件):
  • 川井浩史, 羽生田岳昭, 寺田竜太. 藻場生態系の長期モニタリング -淡路由良、竹野サイトの10年-. 地域自然史と保全. 2020. 41. 2. 111-119
  • 寺田竜太, 川井浩史, 倉島彰, 坂西芳彦, 島袋寛盛, 田中次郎, 村瀬昇, 吉田吾郎, 青木優和, 阿部拓三, et al. 藻場生態系 モニタリングサイト1000沿岸域調査 2008-2016年度とりまとめ報告書. 環境省自然環境局生物多様性センター(編)モニタリングサイト1000沿岸域調査,磯・干潟・アマモ場,藻場,2008-2016年度とりまとめ報告書. 2019. 183-224
  • 秋田晋吾, 秋田晋吾, 羽生田岳昭, 小祝敬一郎, 近藤秀裕, 廣野育生, 坂本崇, 清本節夫, 吉村拓, 加藤葉, et al. 日本産褐藻カジメ属における種間交雑体の発見. 藻類. 2019. 67. 1. 56
  • H. Kawai, M. Suzuki, T. Hanyuda. PHYLOGEOGRAPHY OF BASAL TAXA OF KELPS. PHYCOLOGIA. 2017. 56. 4. 93-94
  • 寺田竜太, 川井浩史. 韓国藻類学会第30回大会に参加して. 藻類. 2016. 64. 3. 158-158
もっと見る
書籍 (45件):
  • 海の森を作る巨大海藻ージャイアントケルプの形と生活史戦略
    国立科学博物館 2016
  • 「大型藻類」「植物学の百科事典」
    丸善出版 2016
  • Phaeophyta (Phaeophyta/Heterokonta/Ochrophyta) in ‘Handbook of the Protists’
    Springer 2016
  • Evolution and Biogeography of Laminarialean Kelps. (Ed. Hu Z.M. and Fraser C.) in 'Seaweed Phylogeography - Adaptation and Evolution of Seaweeds under Envirionmental Change’
    Springer 2016
  • 世界に広がるワカメ(理科好きな子に育つふしぎのお話365)
    自然史学会連合編 2015
もっと見る
講演・口頭発表等 (317件):
  • NBRP 藻類 第4 期2019 年度の活動紹介
    (日本藻類学会第44回大会公開シンポジウム)
  • 環境省モニタリングサイト1000 沿岸域調査における藻場のモニタリング 2019 年の成果
    (日本藻類学会第44回大会公開シンポジウム)
  • 鹿児島県馬毛島沖で採集された日本新産紅藻Chondracanthus saundersiiの報告
    (日本藻類学会第44回大会公開シンポジウム)
  • 分子系統学的解析と形態学的観察に基づく緑藻ボニンアオノリUmbraulva kuaweuweu(アオサ藻綱アオサ目)の分類の再検討
    (日本藻類学会第44回大会)
  • 褐藻ホンダワラ亜属3 種(キレバモク,タマキレバモク,ヒイラギモク)の系統地理学的研究
    (日本藻類学会第44回大会)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1983 北海道大学 大学院理学研究科博士課程修了
学位 (2件):
  • 理学修士 (北海道大学)
  • 理学博士 (北海道大学)
委員歴 (1件):
  • 日本藻類学会 会長
受賞 (3件):
  • 2019/03 - 日本藻類学会 2019年度日本藻類学会学術賞(山田賞) 藻類学分野において独創性の高い研究を行い,その成果が高い評価を受け,藻類学,及びその関連分野の発展に大きく寄与した
  • 2007 - 日本藻類学会 日本藻類学会論文賞 Inorganic ion compositions in the Ulvophyceae and the Rhodophyceae, with special reference to sulfuric acid ion accumulations
  • 2006/03 - 日本藻類学会 Inorganic ion compositions in the Ulvophyceae and the Rhodophyceae, with special reference to sulfuric acid ion accumulations 日本藻類学会論文賞
所属学会 (7件):
韓国藻類学会 ,  イギリス藻類学会 ,  アメリカ藻類学会 ,  国際藻類学会 ,  日本植物分類学会 ,  日本植物学会 ,  日本藻類学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る