研究者
J-GLOBAL ID:200901044709402833   更新日: 2020年05月25日

平林 由希子

ヒラバヤシ ユキコ | Hirabayashi Yukiko
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 水工学
研究キーワード (1件): 世界水循環(水文学)
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2020 - 2023 気候政策とSDGsの同時達成における水環境のシナジーとトレードオフ
  • 2018 - 2023 災害時地下水利用システム開発
  • 2018 - 2022 地球観測ビッグデータと大規模アンサンブル気候実験による洪水変化の検出と原因特定
  • 2017 - 2022 全球規模の気候変動予測と基盤的モデル開発
  • 2015 - 2020 気候変動適応策の総合的な費用便益分析と水関連災害の適応策の費用便益分析
全件表示
論文 (55件):
  • Tanoue, M, R. Taguchi, S. Nakata, S. Watanabe, S. Fujimori, Y.Hirabayashi. Estimation of direct and indirect economic losses caused by a flood with long-lasting inundation: Application to the 2011 Thailand flood. Water Resources Research. 2020
  • Haireti Alifu, Dai Yamazaki, J. Luyan, Yukiko Hirabayashi. Investigating flood detectability using satellite-derived daily global surface water change and a high resolution floodplain mask. 水工学論文集. 2019. 75. 163-168
  • 佐々木織江, Yong Zhang, 平林由希子, 鼎信次郎. 熱収支法による広域氷河モデルの開発及び中央ヨーロッパにおける検証. 水工学論文集. 2019. 75. 919-924
  • REGINE HOCK, ANDREW BLISS, BEN MARZEION, RIANNE H. GIESEN, YUKIKO HIRABAYASHI, MATTHIAS HUSS, VALENTINA RADI{\'{C, AIM{\'{E } }E, B. A. SLANGEN. GlacierMIP - A model intercomparison of global-scale glacier mass-balance models and projections. Journal of Glaciology. 2019. 1
  • Madakumbura Gavin D, Kim Hyungjun, Utsumi Nobuyuki, Shiogama Hideo, Fischer Erich M, Seland Oyvind, Scinocca John F, Mitchell Daniel M, Hirabayashi Yukiko, Oki Taikan. Event-to-event intensification of the hydrologic cycle from 1.5 degrees C to a 2 degrees C warmer world. SCIENTIFIC REPORTS. 2019. 9
もっと見る
MISC (20件):
  • 今村 能之, 山崎 大, 平林 由希子, 池内 寛明, 岡本 俊彦, 田中 耕司, 小池 俊雄, 池内 幸司, 石渡 幹夫, 宮本 守, 一言 正之. Seventh International Conference on Flood Management 参加報告. 水文・水資源学会誌. 2018. 31. 1. 25-32
  • 塩澤 拓斗, 山崎 大, 平林 由希子. 浸水域と水位の同化による河川氾濫シミュレーションの高度化. 水文・水資源学会研究発表会要旨集. 2018. 31. 0
  • 海熱提 阿力甫, 平林 由希子, 山崎 大, 田上 雅浩. 大規模アンサンブル気候実験によるアジアの洪水に対する温暖化の影響の調査. 水文・水資源学会研究発表会要旨集. 2018. 31. 0
  • 池内寛明, 平林由希子, 山崎大. 全球河川氾濫モデルへの海面水位変動過程の組み込みとその影響評価. 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web). 2017. 2017. ROMBUNNO.AOS21-P01 (WEB ONLY)
  • 池内 寛明, 山崎 大, 平林 由希子. Global Flood Partnership 2016 Conference 参加報告. 水文・水資源学会誌. 2016. 29. 6. 380-385
もっと見る
講演・口頭発表等 (14件):
  • ALOS-2/PALSAR-2 ScanSAR Interferometryで捉えた十勝地方での山岳波
    (日本測地学会講演会要旨 2016)
  • 温暖化による世界の氷河融解-海面上昇と水資源への影響-
    (季刊環境研究 2016)
  • 地球温暖化の水環境への影響と適応策 地球温暖化による水循環の変化-AR4:SREXからAR5へ-
    (水環境学会誌 2012)
  • 全球氷河モデルHYOGAによる世界の氷河質量変動
    (日本気象学会大会講演予稿集 2010)
  • ドイツの水文学研究の現場から
    (水文・水資源学会誌 2009)
もっと見る
Works (1件):
  • 地球規槙の水循環変動ならびに世界の水問題の実態と将来展望
    2004 - 2007
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京大学)
経歴 (3件):
  • 2018/04 - 現在 芝浦工業大学 教授
  • 2017/04 - 2018/03 東京大学 准教授
  • 2009/12 - 2017/03 東京大学 准教授
委員歴 (3件):
  • 2015/09 - 現在 Nature Publication Editorial Board Member (Advisory Board)
  • 2014/09 - 現在 水文・水資源学会 Hydrological Resesarch Letter誌 副編集委員
  • 2010/09 - 2012/09 水文・水資源学会 理事
受賞 (6件):
  • 2017/02 - 東京大学大学院工学系研究科 工学系研究科長表彰
  • 2014/09 - 土木学会 地球環境論文賞 Caucasus地域におけるASTER衛星画像を用いたデブリ広域被覆分布の推定
  • 2014/09 - 水文・水資源学会 論文賞 Global flood risk under climate change
  • 2009 - 水文・水資源学会 論文奨励賞 A 59-year (1948-2006) global near-surface meteorological data set for land surface models. Part II: Global snowfall estimation
  • 2009 - 国際水文科学会(IAHS) Tison Award Global projections of changing risks of floods and droughts in a changing climate
全件表示
所属学会 (4件):
米国気象学会 ,  日本気象学会 ,  土木学会 ,  水文・水資源学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る