研究者
J-GLOBAL ID:200901044771811138   更新日: 2020年08月14日

海野 圭介

ウンノ ケイスケ | Unno Keisuke
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (1件): 日本文学
研究キーワード (8件): 古典学 ,  蔵書史 ,  書誌学 ,  歌学 ,  古今伝受 ,  日本中世文学 ,  和歌 ,  日本文学
競争的資金等の研究課題 (26件):
  • 2019 - 2023 金剛寺摩尼院聖教の調査を基盤とした日本中世の宗教的知の流通と蔵書形成に関する研究
  • 2017 - 2020 語り物を題材とした絵巻・絵本の国際的調査研究
  • 2016 - 2020 黒川家旧蔵資料の調査研究--江戸期の知識流通体系及び古典学の形成基盤の解明--
  • 2018 - 2019 和歌を読み解く 和歌を伝える
  • 2015 - 2018 田安徳川家旧蔵の入木道伝書の分析を起点とした社会知の生成と流通に関する研究
全件表示
論文 (82件):
  • 海野圭介・大山和哉・来山佳純. カリフォルニア大学バークレー校蔵三条西家旧蔵和歌詠草解説と翻刻(一)-三条西実教詠草-. 『調査研究報告』(国文学研究資料館). 2020. 40. 1-36
  • 海野圭介. 金剛王院流実賢方瑜祇灌頂印信について-善通寺蔵『金剛王院 実賢勝尊道円相承』『醍醐方金剛王院流 勝尊相承』を中心に-. 『寺院文献資料学の新展開』(思文閣出版). 2020. 5
  • 海野圭介. 賀茂別雷神社若宮禰宜西池季通の日記に見える狩野永納. 『絵解く 戦国の芸能と絵画 描かれた語り物の世界』(三弥井書店). 2020. 180-185
  • 海野圭介. 中世写本における文字・書風・形態. ことばと文字. 2019. 12. 56-63
  • 海野 圭介. 雑纂される知識の断片-天野山金剛寺学頭乗空房朝祐筆録『合集抄』をめぐって. 前田雅之編『画期としての室町-政事・宗教・古典学』(勉誠出版). 2018. 267-296
もっと見る
MISC (29件):
  • 海野圭介. 中世日本の写本文化をめぐる研究集会. 『国文研ニューズ』(国文学研究資料館). 2019. 54. 8-8
  • 海野圭介. 特別展示 祈りと救いの中世. 『国文研ニューズ』(国文学研究資料館). 2018. 53. 10-10
  • 海野圭介. 国際共同研究 UCバークレー校所蔵古典籍資料のインスタレーション・キュレーション. 『国文研ニューズ』(国文学研究資料館). 2018. 52. 5-5
  • 海野圭介. テクスト・信仰・学問-韻文の環境. 『文学・語学』(全国大学国語国文学会). 2017. 220. 43-46
  • 海野圭介. 最先端の現場 総研大発 15「知識の塊 活用に期待」. 『神奈川新聞』. 2017. 13日
もっと見る
書籍 (21件):
  • 『和歌を読み解く 和歌を伝える-堂上の古典学と古今伝受』
    勉誠出版 2019 ISBN:9784585291763
  • 『祈りと救いの中世』
    人間文化研究機構国文学研究資料館 2018
  • 『天野山金剛寺善本叢刊第5巻 重書』
    勉誠出版 2018 ISBN:9784585212126
  • 『伊勢物語のかがやき 鉄心斎文庫の世界』
    人間文化研究機構国文学研究資料館 2017
  • 『正宗敦夫収集善本叢書第1期第6巻 源氏物語中の人々 河海并花鳥余情抄出(中・下) 源氏物語忍草(冬)』
    武蔵野書院 2013 ISBN:9784838602650
もっと見る
講演・口頭発表等 (61件):
  • Todaiji-gire and its appearance
    (The Tekagamijo and the Todaijigire Workshop 2019)
  • International Share of Codicological Terms: Issues and Perspectives
    (NIJL Information Meeting Pre-Modern Japanese Books: International Share and Translation of Japanese Codicological Terms 2019)
  • 祈りの姿と和歌-院政期を中心に
    (特別展示「祈りと救いの中世」セミナー 2018)
  • 聖なる言葉を和歌の上に-供養経とその歴史
    (Varieties and Patterns of Manuscripts in Medieval Japan 2018)
  • Medieval Knowledge and Waka Commentaries
    (WAKA WORKSHOP X: Exploring Waka Culture across Genres, Media, and Periods 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1995 - 1999 大阪大学大学院 国文学専攻
  • 1993 - 1995 大阪大学大学院 国文学専攻
  • 1988 - 1992 大阪大学 文学科・国文学専攻
学位 (1件):
  • 博士(文学) (大阪大学)
経歴 (24件):
  • 2019/04 - 現在 総合研究大学院大学 文化科学研究科 教授(併任)
  • 2019/04 - 現在 人間文化研究機構 国文学研究資料館 研究部 教授
  • 2018/04 - 現在 フェリス女学院大学 文学部 非常勤講師
  • 2019/04 - 2019/09 早稲田大学 教育学部 非常勤講師
  • 2010/10 - 2018/03 総合研究大学院大学 文化科学研究科 准教授(併任)
全件表示
委員歴 (10件):
  • 2019/06 - 現在 説話文学会 委員
  • 2019/06 - 現在 中世文学会 委員
  • 2018/04 - 現在 日本近世文学会 『近世文藝』編集委員
  • 2012/10 - 現在 和歌文学会 常任委員(『和歌文学研究』編集委員)
  • 2017/06 - 2019/06 中世文学会 監査委員
全件表示
所属学会 (7件):
European Association for Japanese Studies ,  Association for Asian Studies ,  日本近世文学会 ,  日本古文書学会 ,  説話文学会 ,  中世文学会 ,  和歌文学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る