研究者
J-GLOBAL ID:200901044896626090   更新日: 2020年09月07日

元井 冬彦

モトイ フユヒコ | Motoi Fuyuhiko
ホームページURL (2件): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/d41398d84ae871f0a021c8bc0cad65b9.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/d41398d84ae871f0a021c8bc0cad65b9.html
研究分野 (1件): 消化器外科学
論文 (368件):
  • Tomotaka Ueno, Naoki Tanaka, Hirofumi Imoto, Masamitsu Maekawa, Atsushi Kohyama, Kazuhiro Watanabe, Fuyuhiko Motoi, Takashi Kamei, Michiaki Unno, Takeshi Naitoh. Mechanism of Bile Acid Reabsorption in the Biliopancreatic Limb After Duodenal-Jejunal Bypass in Rats. Obesity surgery. 2020. 30. 7. 2528-2537
  • Tatsuo Hata, Masamichi Mizuma, Fuyuhiko Motoi, Masahiro Iseki, Yuko Omori, Hiroki Hayashi, Kei Nakagawa, Takanori Morikawa, Takashi Kamei, Takeshi Naitoh, et al. Serum Anti-p53 Antibody Can Serve as a Predictive Marker for Histological Grade of Intraductal Papillary Mucinous Neoplasms of the Pancreas. Pancreas. 2020
  • Kento Miyazaki, Tatsuyuki Takadate, Fuyuhiko Motoi, Takashi Kamei, Takeshi Naitoh, Michiaki Unno. [A Case of Aortitis Caused by a Granulocyte-Colony-Stimulating Factor during Chemotherapy for Pancreatic Cancer]. Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy. 2020. 47. 5. 851-853
  • Shimpei Maeda, Alexandra M Moore, Lavanya Yohanathan, Tatsuo Hata, Mark J Truty, Rory L Smoot, Sean P Cleary, David M Nagorney, Travis E Grotz, Eugene J Park, et al. Impact of resection margin status on survival in pancreatic cancer patients after neoadjuvant treatment and pancreatoduodenectomy. Surgery. 2020. 167. 5. 803-811
  • Yuko Omori, Yusuke Ono, Toshikazu Kobayashi, Fuyuhiko Motoi, Hidenori Karasaki, Yusuke Mizukami, Naohiko Makino, Yoshiyuki Ueno, Michiaki Unno, Toru Furukawa. How does intestinal-type intraductal papillary mucinous neoplasm emerge? CDX2 plays a critical role in the process of intestinal differentiation and progression. Virchows Archiv : an international journal of pathology. 2020
もっと見る
MISC (590件):
  • 西川 祐未, 稲村 なお子, 佐々木 まなみ, 布田 美貴子, 元井 冬彦, 香取 幸夫. 担がん状態で就労する在宅経腸栄養管理患者に対し継続的な栄養介入を行った1例. 東北医学雑誌. 2019. 131. 2. 168-168
  • 池田 未緒, 三浦 晋, 佐野 貴紀, 田中 裕, 松本 諒太郎, 鍋島 立秀, 本郷 星仁, 滝川 哲也, 菊田 和宏, 濱田 晋, et al. 短期間で形態変化を認めた膵腺房細胞癌の1例. 日本消化器病学会東北支部例会プログラム・抄録集. 2019. 207回. 50-50
  • 田中 直樹, 井本 博文, 山村 明寛, 青木 豪, 大沼 忍, 武者 宏昭, 元井 冬彦, 亀井 尚, 海野 倫明, 内藤 剛. 減量手術における術前減量の効果の検討. 日本消化器外科学会総会. 2019. 74回. P41-4
  • 唐澤 秀明, 大沼 忍, 鈴木 秀幸, 神山 篤史, 渡辺 和宏, 武者 宏昭, 元井 冬彦, 亀井 尚, 内藤 剛, 海野 倫明. 膀胱浸潤大腸癌に対する機能温存と根治性を求めた治療戦略. 日本消化器外科学会総会. 2019. 74回. P142-1
  • 水間 正道, 畠 達夫, 伊関 雅裕, 高舘 達之, 有明 恭平, 川口 桂, 益田 邦洋, 青木 豪, 石田 晶玄, 大塚 英郎, et al. 膵癌術前治療後のγStageに関する検討. 膵臓. 2019. 34. 3. A275-A275
もっと見る
講演・口頭発表等 (1,363件):
  • 膵癌腹腔洗浄細胞診陽性症例に対するupfront surgeryの限界とconversion surgeryの展望
    (第105回日本消化器病学会総会 2019)
  • 肝障害モデルに対するMuse細胞移植
    (第105回日本消化器病学会総会 2019)
  • 細胞診陽性切除可能膵癌に対するコンバージョン切除を企図した取り組み
    (第119回日本外科学会定期学術集会 2019)
  • Serotonin産生膵神経内分泌腫瘍(PanNEN)の臨床病理学的検討
    (第119回日本外科学会定期学術集会 2019)
  • 残膵全摘術の短期・長期治療成績
    (第80回日本臨床外科学会総会 2018)
もっと見る
委員歴 (2件):
  • 2007/06 - 現在 日本肝胆膵外科学会 評議員
  • 2007/06 - 現在 日本肝胆膵外科学会 評議員
受賞 (2件):
  • 2005/06 - 日本肝胆膵外科学会 肝胆膵外科学会 会長賞
  • 2001 - 宮城県対がん協会 黒川利雄がん研究基金
所属学会 (10件):
日本肝胆膵外科学会(2005/06-) ,  日本癌学会(1998/09-) ,  日本癌治療学会(2003/07-) ,  日本臨床外科学会(1995/12-) ,  日本腹部救急医学会(1993/03-) ,  日本膵臓学会(1996/06-) ,  日本消化器病学会(1996/04-) ,  日本消化器外科学会(1996/04-) ,  日本外科学会(1993/12-) ,  日本肝胆膵外科学会(2007/06- 評議員)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る