研究者
J-GLOBAL ID:200901044914603043   更新日: 2021年10月24日

田宮 隆

タミヤ タカシ | Tamiya Takashi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.kms.ac.jp/~neuron/index.html
研究分野 (1件): 脳神経外科学
研究キーワード (2件): 脳神経外科学 ,  Neurosurgery
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 脳腫瘍の分子生物学的解析
  • 悪性脳腫瘍の集学的治療
  • 頭蓋底手術
  • 脳腫瘍に対する遺対子治療
  • 脳神経外科学
全件表示
論文 (174件):
  • Toru Yamashita, Tetsuhiro Hatakeyama, Kota Sato, Yusuke Fukui, Nozomi Hishikawa, Mami Takemoto, Yasuyuki Ohta, Yoshihiro Nishiyama, Nobuyuki Kawai, Takashi Tamiya, et al. Hypoxic stress visualized in the cervical spinal cord of ALS patients. Neurological research. 2021. 43. 6. 429-433
  • Keisuke Miyake, Kenta Suzuki, Tomoya Ogawa, Daisuke Ogawa, Tetsuhiro Hatakeyama, Aya Shinomiya, Nobuyuki Kudomi, Yuka Yamamoto, Yoshihiro Nishiyama, Takashi Tamiya. Multiple positron emission tomography tracers for use in the classification of gliomas according to the 2016 World Health Organization criteria. Neuro-Oncology Advances. 2021. 3. 1
  • 三宅 啓介, 菅田 峻光, 濱田 康宏, 小川 大輔, 畠山 哲宗, 土居 智和, 出口 一志, 羽場 礼次, 黒瀬 顕, 田宮 隆. 診断と治療に苦慮した左前頭葉腫瘍の一例. Brain Tumor Pathology. 2020. 37. Suppl. 112-112
  • Tomoya Ogawa, Nobuyuki Kawai, Keisuke Miyake, Aya Shinomiya, Yuka Yamamoto, Yoshihiro Nishiyama, Takashi Tamiya. Diagnostic value of PET/CT with 11C-methionine (MET) and 18F-fluorothymidine (FLT) in newly diagnosed glioma based on the 2016 WHO classification. EJNMMI research. 2020. 10. 1. 44-44
  • Ryou Ishikawa, Kyuichi Kadota, Toshitetsu Hayashi, Nachino Kimura, Kousuke Inoue, Emi Ibuki, Seiko Kagawa, Yoshio Kushida, Masaki Okada, Keisuke Miyake, et al. A rare case of BRAF V600E-mutated epithelioid glioblastoma with a sarcomatous component. Pathology international. 2020. 70. 3. 166-170
もっと見る
MISC (265件):
書籍 (46件):
  • 先端医療シリーズ45 臨床医のための最新脳神経外科
    先端医療技術研究所 2014 ISBN:9784925089579
  • 先端医療シリーズ45 臨床医のための最新脳神経外科
    先端医療技術研究所 2014 ISBN:9784925089579
  • 今日の神経疾患治療指針 第2版
    医学書院 2013 ISBN:9784260016216
  • 今日の神経疾患治療指針 第2版
    医学書院 2013 ISBN:9784260016216
  • Newly diagnosed glioma: diagnosis using positron emission tomography with methionine and fluorothymidine
    Springer 2012 ISBN:9789400706170
もっと見る
講演・口頭発表等 (23件):
  • 傍鞍部腫瘍に対する硬膜外アプローチの応用
    (第72回日本脳神経外科学会総会 2013)
  • Expression of Multidrug resistant genes in human glioblastomas
    (10th meeting of European Association of Neurooncology 2012)
  • 脳室腫瘍に対する手術アプローチの検討
    ((社)日本脳神経外科学会第71回学術総会 2012)
  • Skull base surgery using navigaton microscope integration system
    (2011 IEEE/ICME International Conference on Complex Medical Engineering 2011)
  • Expression of Multidrug resistant genes in human glioblastomas
    (8th meeting of Asian Society for Neuro-Oncology 2011)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1981 岡山大学 医学科
学位 (1件):
  • 医学博士(岡山大学、1990) (岡山大学医学部)
経歴 (15件):
  • 2019/10 - 現在 香川大学 副学長(医療担当)
  • 2019/10 - 現在 香川大学医学部附属病院 病院長
  • 2007/07 - 現在 香川大学医学部 脳神経外科 教授
  • 2014/04 - 2017/09 香川大学医学部附属病院副病院長(診療・企画)兼任
  • 2011/04 - 2014/03 香川大学医学部附属病院副病院長(教育・研究)兼任
全件表示
委員歴 (13件):
  • 2010 - 日本脳腫瘍学会 理事
  • 2009/04 - - Brain Tumor Pathology, Brain Tumor Pathology Editorial Board
  • 2009 - 日本分子脳神経外科学会 シニア世話人
  • 2008 - 日本老年脳神経外科学会 世話人
  • 2008 - 日本頭蓋底外科学会 理事
全件表示
受賞 (2件):
  • 2011 - 2011 IEEE/ICME CME 2011国際会議ベスト論文賞 (Best Paper Award of 2011 IEEE/ICME International Conference on Complex Medical Enginnnering (IEEE/ICME CME 2011))
  • 2008 - IEEE ICAL 2008国際会議ベスト論文賞 (Best Paper in Automation Award of 2008 IEEE International Conference on Automation and Logistics (IEEE ICAL 2008))
所属学会 (16件):
日本分子脳神経外科学会 ,  日本脳腫瘍学会 ,  日本老年脳神経外科学会 ,  日本頭蓋底外科学会 ,  日本神経外傷学会 ,  脳神経外科手術と機器学会 ,  日本脳腫瘍病理学会 ,  日本脳腫瘍の外科学会 ,  日本脳神経外科コングレス ,  日本脳神経外科学会 ,  日本癌学会 ,  日本遺伝子治療学会 ,  日本脳卒中の外科学会 ,  日本脳卒中学会 ,  日本間脳下垂体腫瘍学会 ,  日本神経病理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る