研究者
J-GLOBAL ID:200901045012748380   更新日: 2020年10月21日

小松崎 民樹

コマツザキ タミキ | TAMIKI KOMATSUZAKI
所属機関・部署:
職名: 本務/教授
ホームページURL (2件): http://mlns.es.hokudai.ac.jp/http://mlns.es.hokudai.ac.jp/
研究分野 (4件): 生物物理学 ,  基礎物理化学 ,  生物物理、化学物理、ソフトマターの物理 ,  数理物理、物性基礎
研究キーワード (5件): 時系列解析 データマイニング 生体情報 非平衡・非線形物理学 統計物理学 化学物理 生物物理 化学反応 分子動力学 タンパク質・核酸の構造・動態・機能 フォールディング 1分子計測・操作 非平衡・複雑系 ,  Functions Folding Single Molecule Measurement Complex Systems ,  Dynamics ,  Nolinear Physics Statistical Physics Chemical Physics Biological Physics Chemical Reaction Molecular Dynamics Protein Structure ,  Time Series Analysis Data Mining Biological Information Nonequilibrium
競争的資金等の研究課題 (22件):
  • 2018 - 2023 細胞集団とシンギュラリティ細胞のデータ駆動型数理解析技術の開発
  • 2016 - 2022 一細胞ラマン計測と情報科学の融合による細胞診断の迅速解析技術の開発
  • 2018 - 2020 データサイエンスと非線形科学の融合による新たな非平衡現象の探求
  • 2017 - 2020 生命動態システムに対する分子データ科学の構築
  • 2018 - 2019 1細胞ラマン分光イメージングに基づく細胞場の分子データ科学
全件表示
論文 (56件):
  • Nobuo Shimamoto, Mikito Toda, Shigetoshi Nara, Tamiki Komatsuzaki, Kiyoto Kamagata, Takashi Kinebuchi, Jun-Ichi Tomizawa. Dependence of DNA length on binding affinity between TrpR and trpO of DNA. Scientific reports. 2020. 10. 1. 15624-15624
  • Udoy S. Basak, Sulimon Sattari, Kazuki Horikawa, Tamiki Komatsuzaki. Inferring domain of interactions among particles from ensemble of trajectories. PHYSICAL REVIEW E. 2020. 102. 1
  • Udoy S. Basak, Sulimon Sattari, Kazuki Horikawa, Tamiki Komatsuzaki. Inferring domain of interactions among particles from ensemble of trajectories. Physical Review E. 2020. 102. 1. 012404-012404
  • Yuya Sugie, Yuki Yoshida, Normann Mertig, Takashi Takemoto, Hiroshi Teramoto, Atsuyoshi Nakamura, Ichigaku Takigawa, Shin-ichi Minato, Masanao Yamaoka, Tamiki Komatsuzaki. Minor-embedding heuristics for large-scale annealing processors with sparse hardware graphs of up to 102,400 nodes. CoRR. 2020. abs/2004.03819
  • Tamiki Komatsuzaki, Haruki Nakamura, Jeremy Tame, Saeko Yanaka, Takeharu Nagai, Kuniaki Nagayama. Editorial for the Special Issue of Biophysical Reviews focused on the Biophysical Society of Japan with select scientific content from the 57th BSJ annual meeting, Miyazaki, Japan. Biophysical Reviews. 2020. 12. 2. 183-185
もっと見る
MISC (334件):
  • Udoy S. Basak, Sulimon Sattari, Hossain M. Motaleb, Kazuki Horikawa, Tamiki Komatsuzaki. Inferring Domain of Interactions among Elements from Ensemble of Trajectories II. -Effects of finite length trajectories and external noise. 2020
  • 小松崎 民樹. 大沢さん追悼:50年先への千里眼(1) 大沢文夫氏を追悼する総会シンポジウム「今後の生物物理学-50年先への千里眼」を企画して. 生物物理. 2020. 60. 2. 122-122
  • Takashi Takemoto, Normann Mertig, Masato Hayashi, Saki Susa-Tanaka, Hiroshi Teramoto, Atsuyoshi Nakamura, Ichigaku Takigawa, Shin Ichi Minato, Tamiki Komatsuzaki, Masanao Yamaoka. FPGA-Based QBoost with large-scale annealing processor and accelerated hyperparameter search. 2018 International Conference on Reconfigurable Computing and FPGAs, ReConFig 2018. 2019
  • 中村篤祥, ペリシエ オレリアン, 田畑公次, 小松崎民樹. バンディット問題の方策を用いたモンテカルロ木探索による最適属性集合探索. 日本細胞生物学会大会(Web). 2019. 71st. ROMBUNNO.1SEp-07 (WEB ONLY)
  • 田畑公次, 中村篤祥, 小松崎民樹. 非対称性を利用した悪腕存在チェックアルゴリズム. 電子情報通信学会技術研究報告. 2018. 118. 284(IBISML2018 44-104)(Web). 353-360 (WEB ONLY)
もっと見る
書籍 (15件):
  • Minorities and Small Numbers from Molecules to Organisms in Biology-Toward a New Understanding of Biological Phenomena
    Springer 2018
  • 化学反応理論の普遍性:GRRMに期するもの
    IQCE NEWS (量子化学探索研究所) 2018
  • 少数性生物学
    株式会社 日本評論社 2017
  • Advances in Chemical Physics
    Wiley 2017
  • 化学反応の行き先を変える“スイッチ”-エネルギーの上昇で反応経路が切り替わる新現象
    月刊「化学」71(5) 2016
もっと見る
講演・口頭発表等 (311件):
  • On-the-fly Raman image microscopy by reinforcement machine learning: How to accelerate the measurement?
    (SCIX2020 2020)
  • 一細胞ラマン計測と情報科学の融合による細胞診断の迅速解析技術の開発
    (CREST・さきがけ複合領域「計測技術と高度情報処理の融合によるインテリジェント計測・解析手法の開発と応用」第 5 回 CREST 領域会議 2020)
  • Raman imaging for cancer diagnosis
    (第58回日本生物物理学会年会 2020)
  • Vector analysis of amoeba motion with respect to the propagation of chemoattractant cyclic-AMP
    (第58回日本生物物理学会年会 2020)
  • Inferring domain of Interactions among Dictyostelium discoideum colony from the Ensemble of Trajectories of cells
    (第58回日本生物物理学会年会 2020)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(理学) (総合研究大学院大学(分子科学研究所))
経歴 (24件):
  • 2019/07 - 現在 北海道大学人間知・脳・AI研究教育センター 兼務教員
  • 2018/10 - 現在 北海道大学化学反応創成研究拠点 (WPI-ICReDD) PI
  • 2018/04 - 現在 北海道大学 大学院総合化学院物質化学コース 兼任 教授
  • 2017/04 - 現在 北海道大学共同プロジェクト拠点「知識メディアラボラトリ」 運営委員
  • 2015/04 - 現在 北海道大学 電子科学研究所附属社会創造数学研究センター データ数理 研究分野(改組) 教授
全件表示
委員歴 (19件):
  • 2019/12 - 現在 日本生物物理学会 Biophysics Physicobiology 副編集委員長
  • 2019/12 - 現在 Biophysical Reviews, Springer Nature IUPAB Special Issue Editor
  • 2019/06 - 現在 科学技術振興機構・さきがけ「革新的な量子情報処理技術基盤の創出」 アドバイザー
  • 2019/06 - 現在 日本生物物理学会 副会長
  • 2018/01 - 現在 人工知能学会第2種研究会 計測インフォマティクス研究会 (Special Interest Group on Measurement Informatics: SIG-MEI) 幹事
全件表示
受賞 (3件):
  • 2014 - 科研費審査員表彰
  • 2012 - Bulletin of the Chemical Society of Japan (BCSJ) Award
  • 2010 - Human Frontier Science Program (HFSP) Grant Award
所属学会 (9件):
American Association for the Advancement of Science ,  SIAM(Society for Industrial and Applied Mathematics) ,  分子科学会 ,  WATOC(World Association of Theoretically Oriented Chemists) ,  アメリカ化学会 ,  日本蛋白質科学会 ,  日本物理学会 ,  日本生物物理学会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る