研究者
J-GLOBAL ID:200901045048527320   更新日: 2020年07月29日

齋木 潤

サイキ ジュン | Saiki Jun
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (4件): 実験心理学 ,  神経科学一般 ,  神経科学一般 ,  知能情報学
研究キーワード (3件): 認知神経科学 ,  認知科学 ,  認知心理学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 視覚認知の計算モデル
  • 形態知覚における視覚的注意の役割
  • 物体認知の心理メカニズム
論文 (40件):
  • SAIKI Jun. Robust color-shape binding representations for multiple objects in visual working memory. Journal of Experimental Psychology: General,. 2019. 148. 5. 905-925
  • Tsuda, H, Saiki, J. Gradual formation of visual working memory representations of motion directions. Attention, Perception, & Psychophysics. 2018. 81. 1. 296-309
  • Tsuda, H, Saiki, J. Constancy of visual working memory of glossiness under real-world illuminations. Journal of Vision. 2018. 18. 8
  • 齋木 潤. 視覚性ワーキングメモリにおける特徴の統合. Brain and Nerve. 2018. 70. 7. 733-744
  • Fujino, M, Ueda, Y, Mizuhara, H, Saiki, J, Nomura, M. Open monitoring meditation reduces the involvement of brain regions related to memory function. Scientific Reports. 2018. 8. 9968
もっと見る
MISC (79件):
  • 藤道宗人, 津田裕之, 山本洋紀, 齋木潤. 脳活動パターン解析による質感の視覚記憶メカニズムの検討. 第16回日本ワーキングメモリ学会大会. 2018
  • Fujimichi, M, Tsuda, H, Yamamoto, H, Saiki, J. Visual working memory processes for objects' material properties in the human prefrontal cortex. The 48th Annual Meeting of Society for Neuroscience. 2018
  • 藤道宗人, 津田裕之, 山本洋紀, 齋木潤. 質感の視覚記憶における前頭前皮質の役割. 日本心理学会第82回大会. 2018
  • Yoko Higuchi, Yoshiyuki Ueda, Jun Saiki. Variability influences generalization in implicit learning of spatial configurations. Journal of Vision. 2018. 18. 10. 264
  • Hamada, D, Yamamoto, H, Saiki, J. Cultural comparison between Taiwanese and Japanese of synesthetic colors distributions in the color space. the 3rd NTU-Kyoto University International Symposium of Cognitive Neuroscience. 2018
もっと見る
書籍 (20件):
  • 公認心理師現任者講習会テキスト
    金剛出版 2018
  • 児童心理学の進歩
    金子書房 2017
  • 発達心理学ハンドブック第8巻 脳の発達科学
    共立出版 2015
  • 誠信心理学辞典
    誠信書房 2014
  • 知覚と記憶における特徴の統合(分担執筆)
    現代電子通信選書「知識の森」感覚・知覚・認知の基礎 オーム社. 2012
もっと見る
講演・口頭発表等 (45件):
  • Within-participants comparison between visual and memory foraging.
    (Psychonomic Society’s 60th Annual Meeting 2019)
  • Examining Visual Search Asymmetry Reveals Cultural Differences in Visual Perception.
    (Culture & Cognition Meeting. 2019)
  • 7 「集団」を考える: 視覚科学・数理生態学・情報学・社会心理学の挑戦
    (日本社会心理学会第60回大会 2019)
  • Search efficiency is not correlated between visual and memory foraging tasks.
    (European Conference on Visial Perception. 2019)
  • Reward Experience Modulates Endogenous Attentional Cueing Effects.
    (Vision Sciences Society 19th Annual Meeting 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1996 カリフォルニア大学大学院ロスアンジェルス校 心理学研究科 認知心理学
  • - 1985 東京大学 教育学部 教育心理学
学位 (2件):
  • 心理学博士
  • 教育学修士
経歴 (2件):
  • 1996 - 1999 名古屋大学大学院人間情報学研究科認知情報論講座助手
  • 1999 - - 京都大学大学院情報学研究科知能情報学専攻認知情報論分野助教授
委員歴 (1件):
  • 日本認知科学会 運営委員
受賞 (2件):
  • 2003 - 日本認知科学会論文賞
  • 1996 - アメリカ心理学会学生研究賞(第1位)(American Psychological Society Student Caucus Student Research Competition Award(1stplace))
所属学会 (7件):
日本認知心理学会 ,  Vision Sciences Society ,  日本視覚学会 ,  American Psychological Society ,  日本認知科学会 ,  日本心理学会 ,  サイコノミックソサェティ(The Psychoromic Society)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る