研究者
J-GLOBAL ID:200901045398246685   更新日: 2021年01月30日

柏木 治美

カシワギ ハルミ | Kashiwagi Harumi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): https://www.kashiwagi-lab.jp/https://www.kashiwagi-lab.jp/en/
研究分野 (1件): 教育工学
研究キーワード (1件): 教育工学
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2018 - 2021 学習者データを活用した外国語スピーキング学習支援システムの開発
  • 2017 - 2021 ライティングの推敲過程を重視した外国語学習者作文支援システムの開発と実践的評価
  • 2015 - 2019 コピペ時代のプログラミング能力評価手法の開発
  • 2012 - 2015 モーションキャプチャを利用したコンテンツ作成支援システムの検討
  • 2011 - 学習履歴データを活用した外国語リスニング学習支援システムの開発及び実践的評価
全件表示
論文 (80件):
  • 柏木 治美, 康 敏, 大月 一弘. A Prototype System with Speech Recognition Function for Practicing Speaking English. Official Conference Proceedings of the Asian Conference on Education 2020. 2020. 503-510
  • 柏木 治美, 康 敏, 大月 一弘. Role of a Subjective Difficulty Rating in Using a System for Practicing English Speaking. Official Conference Proceedings of the Barcelona Conference on Education 2020. 2020. 135-145
  • 柏木 治美, 康 敏, 大月 一弘. TVMLコンテンツの動的なスクリプト変更に関する検討. 日本教育工学会論文誌. 2020. 43. Suppl. 9-12
  • 柏木 治美, 康 敏, 大月 一弘. Learners' Subjective Difficulty Ratings for English Nouns Toward a System for Practicing English Speaking. Proceedings of the International Conference on Education and Global Studies. 2020. 4. 1. 32-45
  • 柏木 治美, 康 敏, 大月 一弘. A Prototype System for Practicing English Speaking. Official Conference Proceedings of The Asian Conference on Education 2019. 2019. 2019. 873-882
もっと見る
MISC (12件):
  • 加藤 雅之, 柏木 治美, 大和 知史, 中井 絵美, 丸山 恵美. メディア研究部門年次報告2010. 神戸大学国際コミュニケーションセンター論集. 2011. No. 7
  • 加藤 雅之, 柏木 治美, 大和 知史, 中井 絵美, 近藤 七津子. メディア研究部門年次報告2009. 国際コミュニケーションセンター論集. 2010. 6号
  • 加藤 雅之, 柏木 治美, 大和 知史, 高橋 義人, 中井 絵美, 宮畑 智子. メディア研究部門年次報告2008. 神戸大学国際コミュニケーションセンター論集. 2009. 5,
  • 加藤 雅之, 三木 賀雄, 柏木 治美, 高橋 義人, 中井 絵美, 宮畑 聡子. メディア研究部門年次報告2007:CALL・ハブ室・スタジオを中心とした外国語学習支援環境の整備. 神戸大学国際コミュニケーションセンター論集. 2008. 4,
  • 加藤 雅之, 柏木 治美, 三木 賀雄, 高橋 義人, 中井 絵美, 宮畑 聡子. CALL・ハブ室・スタジオを中心とした外国語学習支援環境の整備. 国際コミュニケーションセンター論集. 2008. 4, 未定
もっと見る
書籍 (4件):
  • E-Learning:Evolution, Strategies and Technologies, Chapter 7 Automated Error Analysis Approach in Listening Comprehension for Foreign Language Learning
    NOVA Publishers 2016
  • Synthetic Speech for Foreign Language Learning: A Viewpoint of Teachers
    8th International Conference on Information Technology Based Higher Education and Training,,434-438 2007
  • トータル・フィジカル・レスポンス法のための外国語CAIシステムの開発
    日本教育工学会論文誌,25-3,187-197 2001
  • 外国語CAIシステムにおける誤り指摘機構の試作
    日本教育工学会研究報告集,JET2000-4,35-42 2000
講演・口頭発表等 (38件):
  • 原言語情報を利用した学習者英作文の分析手法の提案
    (日本教育工学会第33回全国大会講演論文集,pp.693-694 2017)
  • CGキャラクタを用いたコミュニケーション活動環境に関する予備的調査-学習者の心理面を対象としたアンケート調査から-
    (日本教育工学会第33回全国大会講演論文集,pp.281-282 2017)
  • 学習者英作文支援システムの構築における原言語活用の検討
    (日本教育工学会第32回全国大会講演論文集,pp695-696 2016)
  • タブレットPCを用いたTVMLのリモート操作に関する一考
    (教育システム情報学会第40回全国大会講演論文集,pp.53-54 2015)
  • Kinectを用いた英単語学習支援システム構築についての考察
    (日本教育 工学会第31回全国大会 2015)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 2001 神戸大学 大学院自然科学研究科(情報メディア科学専攻博士課程)修了
学位 (2件):
  • 修士(教育学) (神戸大学)
  • 博士(学術) (神戸大学)
所属学会 (3件):
情報処理学会 ,  教育システム情報学会 ,  日本教育工学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る