研究者
J-GLOBAL ID:200901045453784845   更新日: 2022年06月28日

藤村 まこと

フジムラ マコト | Fujimura Makoto
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://koto.la.coocan.jp/fm/
研究分野 (3件): 社会心理学 ,  社会心理学 ,  経営学
研究キーワード (2件): 組織心理学 ,  社会心理学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2019 - 2022 職場チームの課題特性と風土がチームの失敗学習に及ぼす影響
  • 2019 - 2022 多職種チームにおける効果的な協働ネットワークの解明:学校組織と医療組織に着目して
論文 (10件):
  • Michael Knoll, Martin Götz, Elisa Adriasola, Amer Ali Al-Atwi, Alicia Arenas, Kokou A. Atitsogbe, Stephen Barrett, Anindo Bhattacharjee, Norman D. Blanco C., Sabina Bogilović, et al. International Differences in Employee Silence Motives: Scale Validation, Prevalence, and Relationships with Culture Characteristics across 33 Countries. Journal of Organizational Behavior. 2021. 42. 5. 619-648
  • 玉井由樹, 田路則子, 鹿住倫世, 藤村まこと, 山田裕美, 五十嵐 伸吾. 大学生の起業意思に関する調査レポート -GUESSS2018調査結果における日本のサンプル分析-. イノベーション・マネジメント. 2021. 18
  • 藤村 まこと. ステレオタイプとリーダー評価: リーダーの性差による判断基準の移行. 福岡女学院大学紀要人間関係学部編. 2016. 17. 91-99
  • 藤村まこと, 江崎千尋. 高業績者の行動特性と心理特性の質的検討:外資系生命保険会社の営業職を対象として. 福岡女学院大学紀要人間関係学部編. 2015. 16. 9-18
  • 藤村 まこと. 他者経験の共有がチーム学習にもたらす効果. 組織学会大会論文集(トランザクションズ). 2015. 4. 1. 132-138
もっと見る
MISC (7件):
  • 藤村まこと, 池田浩, 古川久敬. 若年者における就業に向かう自信の構造. 平成16・17年度科学研究費補助金(萌芽研究)研究成果報告書(課題番号16653051 主任研究者 古川久敬). 2006. 5-50
  • 藤井利江, 藤村まこと, 古川久敬. 病院組織における「出来事の伝え合い」とその「活用」の現状把握 -看護師を対象としたインタビュー調査-. 厚生労働科学研究費補助金(労働安全衛生総合研究事業)総括研究報告書(課題番号 H15-労働-24 主任研究者 古川久敬). 2004. 148-160
  • 藤村まこと, 古川久敬. 組織における問題事象への対処行動とその意思決定過程に関する検討. 厚生労働科学研究費補助金(労働安全衛生総合研究事業)総括研究報告書(課題番号 H15-労働-24 主任研究者 古川久敬). 2004. 123-128
  • 山内桂子, 森永今日子, 三沢良, 藤村まこと, 松尾太加志. 第I部 事故防止のための研修プログラムの開発と効果測定. 厚生労働省科学研究費補助金(医療技術評価総合研究事業)総括研究報告書(課題番号 H13-医療-037 主任研究者 松尾太加志). 2003. 131-224
  • 藤村まこと, 古川久敬. 組織におけるwhistle blowingの促進要因に関わる心理学的研究. 厚生労働省科学研究費補助金(労働安全衛生総合研究事業)総括・分担研究報告書(課題番号 H14-労働-24 主任研究者 古川久敬). 2003. 48-59
もっと見る
書籍 (6件):
  • エピソードでわかる社会心理学-恋愛関係・友人関係から学ぶ
    北樹出版 2017
  • 産業と組織の心理学
    サイエンス社 2017
  • APA心理学大辞典
    培風館 2013
  • 絶対役立つ心理学 展開編
    ミネルヴァ書房 2013
  • 対人関係の心理学:社会心理学でのぞく心の仕組み
    技術評論社 2011
もっと見る
講演・口頭発表等 (51件):
  • 自由を含む道徳基盤と政治的イデオロギー:投票行動・批判的思考・政策争点態度との関連性
    (日本グループ・ダイナミックス学会 2021)
  • バーチャルチーム研究のパースペクティブ:ウィズコロナ時代のチームワーク
    (日本心理学会第85回大会 2021)
  • 自由を含む道徳基盤と政治的イデオロギーの関連
    (日本社会心理学会第62回大会 2021)
  • Does Self and Others Individual Entrepreneurial Orientation Matter for the Employees Personnel Performance?
    (The 65th International Council for Small Business(ICSB) World Congress 2021)
  • 政治的イデオロギーと敵-味方を分ける集団間分断思考:集団間紛争の視点から
    (日本選挙学会2021年度総会・研究会 2021)
もっと見る
経歴 (3件):
  • 2017/04 - 現在 福岡女学院大学 人間関係学部心理学科 准教授
  • 2009/04 - 2017/03 福岡女学院大学 人間関係学部心理学科 講師
  • 2005/01 - 2008/12 九州大学大学院 経済学研究院産業マネジメント専攻 助教
委員歴 (6件):
  • 2021/04 - 現在 日本グループ・ダイナミックス学会 常任理事
  • 2020/10 - 現在 九州朝日放送(KBC) 番組審議会
  • 2019/10 - 現在 組織学会 大会委員会
  • 2014/10 - 2017/10 組織学会 大会委員会 委員・幹事
  • 2012/10 - 2015/10 日本心理学会 認定心理士資格委員会 委員
全件表示
所属学会 (8件):
日本教育心理学会 ,  American Psychological Association ,  Academy of Management ,  組織学会 ,  産業・組織心理学会 ,  日本グループ・ダイナミックス学会 ,  日本社会心理学会 ,  日本心理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る