研究者
J-GLOBAL ID:200901045469941436   更新日: 2020年06月09日

永次 史

ナガツギ フミ | Nagatsugi Fumi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/f959b4f5e28cb96a06adfd865680a746.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/f959b4f5e28cb96a06adfd865680a746.html
研究分野 (1件): 生体化学
研究キーワード (5件): 架橋反応性核酸 ,  中分子 ,  核酸高次構造 ,  オリゴヌクレオチド ,  遺伝子発現の選択的制御
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2015 - 2019 遺伝子高次構造を標的とした複合化機能性中分子の創製
  • 2015 - 2016 薬剤耐性の無い核酸系逆転写阻害薬開発に向けた新たな戦略
  • 2014 - 2015 遺伝子を標的とした新規機能性低分子プローブの開発
  • 2013 - 2015 新規遺伝子発現制御を目指したDNA疎水空間における部位特異的修飾法の開発
  • 2012 - 2013 遺伝子を標的とした新規機能性低分子プローブの開発
全件表示
論文 (30件):
  • 村瀬祐貴, 永次 史. Development of the binding molecules for the RNA higher-order structures based on the guaninerecognition by the G-clamp. Bioorg.Med. Chem. Lett. 2019. 29. 11. 1320-1324
  • Yamada, K, Abe, Y, Nagatsugi, F. Synthesis of RNA Crosslinking Oligonucleotides Modified with 2-Amino-7-Deaza-7-Propynyl-6-Vinylpurine. 2019. 76. e79-e79
  • Kazumitsu Onizuka, Madoka E Hazemi, Norihiro Sato, Gen-ichiro Tsuji, Shunya Ishikawa, Mamiko Ozawa, Kousuke Tanno, Ken Yamada, Fumi Nagatsug. Reactive OFF-ON type alkylating agents for higher-ordered structures of nucleic acids. Nucleic Acids Research. 2019. 47. 26. 6578-6589
  • Alkyne-Alkyne Photo-cross-linking on the Flipping-out Field. Organic Letters. 2019. 21. 8. 2833-2827
  • Yamada K, Abe Y, Murase H, Ida Y, Hagihara S, Nagatsugi F. Synthesis and Properties of 2'-OMe-RNAs Modified with Cross-Linkable 7-Deazaguanosine Derivatives. The Journal of organic chemistry. 2018. 83. 16. 8851-8862
もっと見る
MISC (80件):
もっと見る
特許 (1件):
  • PEG-機能性核酸コンジュゲート国際特許分類 A61K 48/00
書籍 (1件):
  • Frontiers in Organic Chemistry Vol 1 in Y. Hayakawa ed
    Bentham Science Publishers Ltd. The Netherlands 2005
講演・口頭発表等 (97件):
  • 高機能化遺伝子発現システムの構築を指向した新規人工塩基対の創製
    (第19回多元物質科学研究所研究発表会 2019)
  • Reactive OFF-ON type alkylating agents for higher-ordered structures of nucleic acids
    (The 4th A3 Roundtable Meeting on Chemical Probe Research Hub 2019)
  • Orthogonal base pair formation by nucleoside analogs bearing additional hydrogen-bonding units
    (ISNAC 2019 2019)
  • Base-flip-inducing oligo DNA and photo-crosslinking on the flipping-out field
    (ISNAC 2019 2019)
  • 付加的な水素結合ユニットを有するデュアルヘッド型人工塩基対の開発
    (第13回バイオ関連化学シンポジウム 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1988 九州大学 薬学研究科 有機化学
  • - 1986 九州大学 薬学部 有機化学
学位 (2件):
  • 薬学修士 (九州大学)
  • 薬学博士 (九州大学)
経歴 (3件):
  • 2003 - 現在 九州大学薬学部助教授
  • 1989 - 2002 九州大学薬学部助手
  • 1988 - 1989 城西大学薬学部助手
委員歴 (3件):
  • 2015/10 - 現在 日本学術会議 連携委員
  • 2015/04 - 現在 日本核酸医薬学会 広報担当主幹事
  • 2010/04 - 現在 有機機合成化学協会 東北支部幹事
受賞 (2件):
  • 2007/01 - 日本薬学会 薬学研究ビジョン部会 日本薬学会 薬学研究ビジョン部会賞 「機能性人工核酸を用いた遺伝子発現制御による新しい創薬手法の開発」
  • 1998/12 - 有機合成化学協会 有機合成化学研究企画賞 「遺伝子発現の人工的制御を目指した新しい機能性分子の研究~塩基配列特異的な反応を行う分子の設計と評価」
所属学会 (5件):
核酸化学学会 ,  核酸医薬学会 ,  日本化学会 ,  日本薬学会 ,  有機合成化学協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る