研究者
J-GLOBAL ID:200901045469941436   更新日: 2024年07月05日

永次 史

ナガツギ フミ | Nagatsugi Fumi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www2.tagen.tohoku.ac.jp/lab/nagatsugi/html/
研究分野 (1件): 生物有機化学
研究キーワード (5件): 架橋反応性核酸 ,  中分子 ,  核酸高次構造 ,  オリゴヌクレオチド ,  遺伝子発現の選択的制御
競争的資金等の研究課題 (27件):
  • 2021 - 2023 RNA標的創薬を志向したRNA結合分子探索システムの構築
  • 2020 - 2023 RNA標的創薬を指向したRNA高次構造に対する反応性分子大規模解析法の開発
  • 2015 - 2019 遺伝子高次構造を標的とした複合化機能性中分子の創製
  • 2015 - 2016 薬剤耐性の無い核酸系逆転写阻害薬開発に向けた新たな戦略
  • 2014 - 2015 遺伝子を標的とした新規機能性低分子プローブの開発
全件表示
論文 (90件):
  • Hidenori Okamura, Takeyuki Yao, Fumi Nagatsugi. Reversible Control of Gene Expression by Guest-Modified Adenosines in a Cell-Free System via Host-Guest Interaction. Journal of the American Chemical Society. 2024
  • Fumi Nagatsugi, Nadya Soemawisastra, Hidenori Okamura, Ahmed Mostafa Abdelhady, Kazumitsu Onizuka, Mamiko Ozawa. Uracil-selective Cross-linking in RNA and Inhibition of miRNA Function by 2-Amino-6-vinyl-7-deazapurine Deoxynucleosides. ChemBioChem. 2024
  • Ryosuke Nagasawa, Kazumitsu Onizuka, Kaoru R. Komatsu, Emi Miyashita, Hirotaka Murase, Kanna Ojima, Shunya Ishikawa, Mamiko Ozawa, Hirohide Saito, Fumi Nagatsugi. Large-scale analysis of small molecule-RNA interactions using multiplexed RNA structure libraries. Communications Chemistry. 2024. 7. 1
  • Tamaki Endoh, Sagar Satpathi, Yutong Chen, Saki Matsumoto, Tatsuya Ohyama, Peter Podbevšek, Janez Plavec, Kazumitsu Onizuka, Fumi Nagatsugi, Naoki Sugimoto. Guanidine modification improves functions of natural RNA-targeting alkaloids. New Journal of Chemistry. 2024. 48. 19. 8529-8533
  • Yasuto Hoshikawa, Yasuyuki Kanno, Hanako Tawata, Takuya Sagae, Takafumi Ishii, Shuhei Imoto, Shinya Hagihara, Takehiko Wada, Fumi Nagatsugi, Alex Aziz, et al. Water-Dispersible Carbon Nano-Test Tubes as a Container for Concentrated DNA Molecules. Chemistry - A European Journal. 2023. 29. 53
もっと見る
MISC (161件):
特許 (1件):
  • PEG-機能性核酸コンジュゲート国際特許分類 A61K 48/00
書籍 (8件):
  • 核酸のケミカルバイオロジーハンドブック
    2022 ISBN:9789811613135
  • 進化を続ける核酸化学 : ゲノム編集、非二重らせん、核酸医薬
    化学同人 2021 ISBN:9784759814019
  • 中分子方法論
    2021
  • 核酸科学ハンドブック
    講談社 2020
  • ハイブリッド形成によりマルチ制御機能を持つインテリジェント核酸の創製
    [永次史] 2007
もっと見る
講演・口頭発表等 (235件):
  • 新規光誘起型環化反応の開発に基づく薬理活性の光化学制御
    (日本薬学会第144年会 2024)
  • 新規光誘起型環化反応の開発に基づく抗腫瘍活性の光化学制御
    (日本化学会第104春季年会 2024)
  • アルキニルプリン及びピリミドン核酸塩基からなる非天然型塩基対の酵素取り込みの検討
    (日本化学会第104春季年会 2024)
  • ホストゲスト相互作用を利用した遺伝子発現制御法の開発
    (日本化学会第104春季年会 2024)
  • 酸素中心ラジカルを生成する光反応の開発と含酸素芳香環構築への応用
    (日本化学会第104春季年会 2024)
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1988 九州大学
  • - 1988 九州大学 薬学研究科 有機化学
  • - 1986 九州大学 薬学部 有機化学
  • - 1986 九州大学
学位 (2件):
  • 薬学修士 (九州大学)
  • 博士 (薬学) (九州大学)
経歴 (3件):
  • 2003 - 現在 九州大学薬学部助教授
  • 1989 - 2002 九州大学薬学部助手
  • 1988 - 1989 城西大学薬学部助手
委員歴 (5件):
  • 2019/03 - 現在 日本化学会 生体機能関連化学部会 部会役員
  • 2015/10 - 現在 日本学術会議 連携委員
  • 2010/04 - 現在 有機機合成化学協会 東北支部幹事
  • 2023/03 - 2025/02 生体機能関連化学部会 部会長
  • 2015/04 - 2021/03 日本核酸医薬学会 広報担当主幹事
受賞 (2件):
  • 2007/01 - 日本薬学会 薬学研究ビジョン部会 日本薬学会 薬学研究ビジョン部会賞 「機能性人工核酸を用いた遺伝子発現制御による新しい創薬手法の開発」
  • 1998/12 - 有機合成化学協会 有機合成化学研究企画賞 「遺伝子発現の人工的制御を目指した新しい機能性分子の研究~塩基配列特異的な反応を行う分子の設計と評価」
所属学会 (5件):
核酸化学学会 ,  核酸医薬学会 ,  日本化学会 ,  日本薬学会 ,  有機合成化学協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る