研究者
J-GLOBAL ID:200901045481108782   更新日: 2016年04月21日

大貫 敦子

オオヌキ アツコ | Onuki Atsuko
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (6件): 文学一般 ,  中国文学 ,  ヨーロッパ文学 ,  思想史 ,  ジェンダー ,  地域研究
研究キーワード (2件): 文化理論 ,  cultural studies
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2005 - 2006 フィギュレーション概念による文化学の方法論の開発
  • Features of cultural differences in the Eastern Asia
  • Nationalism and Gender-Differences
  • ジェンダー理論
  • パフォーマティヴィティ理論
全件表示
MISC (30件):
  • 大貫 敦子. 「死へと誘う『若き英雄』の肖像」. 姫岡とし子/川越修(編)『ドイツ近現代ジェンダー史入門』青木書店. 2009. 281-289
  • 大貫 敦子. 「ホルクハイマー」. 野家啓一(編)『哲学の歴史 危機の時代の哲学』中央公論新社. 2008. 560-587
  • 大貫 敦子. エルンスト・ユンガー『追悼の政治』書評. 『東西言語文化の類型論特別プロジェクト研究』 研究成果報告書. 2006
  • 大貫 敦子. 「両大戦間期のモダニズム芸術再考」. 社会思想史学会年報『社会思想史研究』. 2004. 第28号
  • Rede-Figur und Gender-Figuration. Am Beispiel der judischen Salons in Berlin um 1800. 学習院大学文学部研究年報. 2003. 49. 171-190
もっと見る
書籍 (33件):
  • ユルゲン・ハーバーマス『ああ、ヨーロッパ』
    岩波書店 2010
  • ユルゲン・ハーバーマス『引き裂かれた西洋』
    法政大学出版会 2009
  • ローレンツ・イェーガー『アドルノ 政治的伝記』
    岩波書店 2007
  • リー・スピンクス『ニーチェ』(共訳)
    青土社 2006
  • Figuration - Defiguration. Beitrage zur transkulturellen Forschung.
    iudicium Verlag 2006 ISBN:3891298846
もっと見る
講演・口頭発表等 (3件):
  • Europaischer Expressionismus und seine japanische Akkulturation
    (Europaisches Forum Alpbach 2004 2004)
  • Europäischer Expressionismus und seine japanische Akkulturation
    (Europäisches Forum Alpbach 2004 2004)
  • Europäischer Expressionismus und seine japanische Akkulturation
    (Europäisches Forum Alpbach 2004 2004)
Works (12件):
  • 日本学術振興会二国間交流事業、国際共同研究
    2005 - 2007
  • 日本学術振興会二国間共同研究・研究代表者
    2005 - 2006
  • 学習院大学人文科学研究所共同プロジェクト 研究代表者
    2003 - 2005
  • 学習院大学人文科学研究所共同プロジェクト・研究代表者
    2003 - 2004
  • ドイツ連邦共和国よりPhilipp Franz von Siebold賞受賞
    2004 -
もっと見る
学位 (3件):
  • 文学修士
  • Master of Arts
  • 文学修士
経歴 (7件):
  • 1994 - 1995 :アレクサンダー・フォン・フンボルト財団招聘研究員としてベルリン自由大学研究員
  • 1989 - 1994 :学習院大学文学部助教授
  • 1994 - -:学習院大学文学部教授
  • 1987 - 1989 :千葉大学教養部助教授
  • 1986 - 1987 :放送大学教養学部助教授
全件表示
委員歴 (3件):
  • 1997 - 2007 日本ドイツ学会 理事
  • 1995 - 2005 社会思想史学会 常任幹事
  • 1999 - 2003 日本独文学会 理事
受賞 (1件):
  • 2004 - Philipp Franz von Siebold-Preis
所属学会 (12件):
ドイツ語学・文学国際学会(Internationale Vereinigung der Germanistik) ,  (Gesellschaft Fur interkulturelle Germanistik) ,  Society of Intercultural Philosophy ,  GIG (Gesellschaft für interkulturelle Germanistik) ,  IVG (Internationale Vereinigung der Germanistik) ,  GIP (Gesellschaft für interkulturelle Philosophie) ,  社会思想史学会 ,  日本ドイツ学会 ,  日本独文学会 ,  GIG (Gesellschaft für interkulturelle Germanistik) ,  IVG (Internationale Vereinigung der Germanistik) ,  GIP (Gesellschaft für interkulturelle Philosophie)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る