研究者
J-GLOBAL ID:200901045525136037   更新日: 2020年09月01日

松本 英樹

マツモト ヒデキ | Matsumoto Hideki
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (5件): 放射線科学 ,  分子生物学 ,  遺伝学 ,  化学物質影響 ,  放射線影響
研究キーワード (10件): がん治療 ,  一酸化窒素 ,  バイスタンダー効果 ,  適応応答 ,  放射線 ,  Cancer therapy ,  Nitric oxide ,  Bystander effect ,  Adaptive response ,  Radiation
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 低線量放射線に対する細胞応答メカニズムの解明
  • Mechanisms of Cellular Response against Low Dose Radiation.
  • 細胞の温熱,放射線,および制癌剤に対する感受性と癌関連遺伝子の関係
  • The relationship between the sensitivity of cells against heat, ionizing radiation or anti-cancer drugs and the tumor-related genes
  • 集学的癌治療における基礎的研究
全件表示
論文 (36件):
もっと見る
MISC (30件):
書籍 (8件):
  • Cellular Response to Physical Stress and Therapeutic Applications(分担執筆:Nitric oxide-mediated signal transduction induced by ionizing radiation)
    Nova Science Publishers, Inc. 2013 ISBN:9781628089189
  • An Emergency Plan That Could Save Thousands Based on Experiences of Hiroshima and Nagasaki(分担執筆:何千人もの命を救い得る緊急被ばく時の医療プラン-広島と長崎の経験に基づいて-)
    Amazon Service International, Inc 2012 ISBN:1479206326
  • ハイパーサーミア がん温熱療法ガイドブック(分担執筆:温熱による細胞死とその解析)
    毎日健康サロン 2008
  • がんの温熱免疫療法(分担執筆:細胞レベルでの温熱の作用)
    診断と治療社 2008
  • 放射線医科学-生体と放射線・電磁波・超音波-(分担執筆:放射線による情報伝達の変化)
    学会出版センター 2007
もっと見る
講演・口頭発表等 (172件):
  • 放射線によるシグナル伝達の修飾
    (第4回 放射線生物学セミナー 2014)
  • Heavy ion beam-induced bystander responses: Contribution to induction of adaptive response
    (The 2nd International Symposium of Gunma University Program for Leading Graduate Schools 2014)
  • PWR 炉心における核特性パラメータの不確かさ解析;(3)燃焼 炉心に対する適用性検討
    (日本原子力学会「2014年 秋の大会」 2014)
  • Nitric oxide is a key molecule serving as a bridge between radiation -induced bystander and adaptive responses.
    (The 3rd International Symposium of RIRBM,Hiroshima University -Biological Effects of Low Dose Radiation- 2013)
  • 放射線によるシグナル伝達の修飾.
    (第3回放射線生物学セミナー 2013)
もっと見る
Works (24件):
  • G2checkpoint abrogationによる頭頸部癌抗癌剤耐性の克服, 基盤研究(C)(一般)
    2014 -
  • 高エネルギー陽子ビームを用いた次世代型粒子線治療のための基盤研究, 基盤研究(B)
    2014 -
  • 放射線がん治療における陽子線特異的細胞応答の機構解明, 基盤研究(C)
    2013 -
  • 放射線がん治療における低線量被ばくによる正常組織反応の機構解明, 基盤研究(B)(一般)
    2012 -
  • 転写因子NF-ΚB阻害剤パルテノライドによる放射線増感とその分子メカニズムの解明, 基盤研究(C)(一般)
    2012 -
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1980 神戸大学 生物学
  • - 1980 神戸大学
  • - 1978 愛媛大学 生物学科
  • - 1978 愛媛大学
学位 (2件):
  • 理学修士 (神戸大学)
  • 医学博士 (奈良県立医科大学)
経歴 (10件):
  • 1997 - 京都大学胸部疾患研究所環境生態学部門人間環境学 客員助教授
  • 1997 - Visiting Associate Professor, Inst. Chest Disease, Kyoto University
  • 1994 - 1995 奈良県立医科大学生物学教室 助手
  • 1994 - 1995 Assistant Professor, Dept. Biology, Nara Medical University
  • 1995 - - 福井医科大学放射線基礎医学教室 助教授
全件表示
委員歴 (7件):
  • 2010 - 日本放射線腫瘍学会・生物部会 幹事
  • 2003 - 日本放射線影響学会 評議員
  • 2000 - 日本ハイパーサーミア学会 評議員
  • 2000 - 日本ハイパーサーミア学会 編集委員
  • 2000 - 日本放射線影響学会 編集委員
全件表示
受賞 (4件):
  • 2012 - 日本放射線影響学会 学会賞
  • 2011 - 日本放射線影響学会JRR寺島優秀論文賞
  • 1999 - 国際癌治療増感研究協会協会賞
  • 1999 - 日本放射線影響協会奨励賞 御園生賞
所属学会 (8件):
日本ハイパーサーミア学会 ,  日本医学放射線学会生物部会 ,  日本宇宙生物科学会 ,  日本癌学会 ,  日本放射線影響学会 ,  日本放射線腫瘍学会 ,  放射線生物研究会 ,  日本放射線腫瘍学会・生物部会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る