研究者
J-GLOBAL ID:200901045545566879   更新日: 2021年01月21日

飯吉 弘子

イイヨシ ヒロコ | Iiyoshi Hiroko
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 教育学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2017 - 2020 他者との学びの協働体としての大学教養教育システムのあり方の実践的・総合的研究
  • 2010 - 2014 学生の思考力とその教育実践の評価のあり方に関する実践的・総合的研究
  • 2007 - 2009 求められる学生のキャリアデザイン力とその形成および教授学開発の実践的・総合的研究
  • 恒藤恭の大学観・教養観と大阪市立大学創立時の教育
  • 社会における大学教育のあり方に関する研究および大学教育カリキュラム開発
全件表示
論文 (26件):
  • 飯吉 弘子. 産業界高度ICT人材要求と大学(院)教育のあり方の一考察 : 2010年代初頭までの日本経団連提言要求を中心に. 大学教育. 2019. 17. 1. 1-11
  • 飯吉 弘子, 金丸 彰寿, 佐々木 洋子, 小槻 智彩, 山下 哲子. 大阪市立大学院生調査の進路志向性と履修・経験ニーズに関する学位課程ごと研究科別追加分析. 大学教育. 2017. 15. 1. 15-26
  • 飯吉 弘子. 大阪市立大学院生調査に見る学位課程別の進路志向性・学修成果と履修・経験ニーズ. 大学教育. 2017. 14. 2. 12-19
  • 飯吉 弘子. 社会人は、自らの大学教育の経験を通した成長をどのように認識しているのか-若年層の「ゼミ・研究室活動」経験の自由記述回答から見えてきたこと. ベネッセ教育総合研究所教育フォーカス. 2016. WEB上掲載
  • 飯吉 弘子. 大阪市立大学文学研究科「大学教育授業実習制度」3年間の実践と課題 : 振り返りワークシートの開発と振り返り結果からの考察. 大阪市立大学大学教育. 2015. 12. 2. 27-35
もっと見る
MISC (29件):
  • 飯吉 弘子, 佐々木 洋子. 第16回FD研究会 教育・FDに関する教員意識調査結果と教育実践事例WEBデータベースの紹介 (全学FD事業 FD研究会 第16回FD研究会報告 本学の学修成果保証スキーム・教学IRの現状と課題(1)教員・学生調査・教育実践評価から考える). 大学教育. 2019. 16. 2. 55-70
  • 飯吉 弘子. 第26回教育改革シンポジウム(質疑応答) 質疑応答の概要 (全学FD事業 教育改革シンポジウム 大阪市立大学第26回教育改革シンポジウム 新しい入試を超えてくる学生とは? : 学生・生徒の"学び"の高大接続を考える). 大学教育. 2019. 16. 2. 41-51
  • 飯吉 弘子, 金丸 彰寿, 佐々木 洋子, 小槻 智彩. 学修支援推進室における自律的学修・教育支援の可能性と現在 (全学FD活動報告 第15回FD研究会 学生の自律的学修を促進する学修評価・支援システムを考える) -- (第15回FD研究会(報告)). 大学教育. 2018. 15. 2. 45-56
  • 飯吉 弘子. 学外ステークホルダーの情報・ICT系分野の高度人材ニーズ-1990年代後半以降の経済団体提言を中心とする分析-. 吉本圭一編『職業資格・高等教育資格枠組みを通したグローバルな専門人材養成のためのコンソーシアム: 職業教育における学修成果とコンピテンシーをめぐる分野別アプローチ』(平成29年度 「専修学校による地域産業中核的人材養成事業」報告書18)九州大学第三段階教育研究 センター,. 2018
  • 河本 達毅, 森 朋子, 星野 聡孝, 井上 徹, 橋本 文彦, 飯吉 弘子, 西垣 順子, 大久保 敦. パネルディスカッション (全学FD報告 平成28年度採択 文部科学省大学教育再生加速プログラム(AP)「高大接続改革推進事業」キックオフシンポジウム : OCU指標導入による学修成果の質保証・向上). 大学教育. 2017. 15. 1. 134-147
もっと見る
書籍 (4件):
  • 大阪市立大学の歴史 : 1880年から現在へ
    大阪市立大学 2011
  • 戦後日本産業界の大学教育要求 : 経済団体の教育言説と現代の教養論 = Educational demands from industry toward universities in the postwar Japan
    東信堂 2008 ISBN:9784887138193
  • 大阪市立大学の125年:1880~2005年
    大阪市立大学 2007
  • あたらしい教養教育をめざして : 大学教育学会25年の歩み-未来への提言
    東信堂 2004 ISBN:4887135866
学歴 (2件):
  • - 2002 桜美林大学 国際関係専攻(高等教育史)
  • - 1991 国際基督教大学 教育学科・教育学専攻
学位 (1件):
  • 博士(学術)
経歴 (11件):
  • 2020/04 - 現在 大阪市立大学 学長特別補佐
  • 2020/04 - 現在 大阪市立大学 大学教育研究センター 副所長
  • 2015/04 - 現在 大阪市立大学 大学教育研究センター 教授
  • 2008 - 2018 龍谷大学 非常勤講師
  • 2013 - 2017 大阪府立大学 高等教育推進機構 非常勤講師
全件表示
委員歴 (9件):
  • 2019/06 - 現在 一般社団法人大学教育学会 理事
  • 2017 - 現在 大学教育学会 国際委員会委員
  • 2015/06 - 現在 大学教育学会 代議員
  • 2010/06 - 現在 大学教育学会 学会誌編集委員
  • 2014/04 - 2015/07 平成26年度文部科学省地(知)の拠点整備事業選定委員会 ペーパーレフェリー
全件表示
受賞 (2件):
  • 2020/11 - 大阪市立大学 教員活動表彰 その他大学運営に資する活動
  • 2006 - 大学教育学会学会奨励賞優秀作
所属学会 (6件):
日本科学技術史学会 ,  教育社会学会 ,  教育史学会 ,  日本教育学会 ,  大学教育学会 ,  日本高等教育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る