研究者
J-GLOBAL ID:200901045561305856   更新日: 2020年09月01日

岩田 久人

イワタ ヒサト | Iwata Hisato
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 愛媛大学  理学部・理工学研究科(兼務)   教授
ホームページURL (1件): http://ecotoxiwata.jp/
研究分野 (7件): ランドスケープ科学 ,  環境農学 ,  生物資源保全学 ,  化学物質影響 ,  放射線影響 ,  環境政策、環境配慮型社会 ,  環境影響評価
研究キーワード (19件): 細胞内受容体 ,  オミクス ,  バイオインフォマティクス ,  種差 ,  感受性 ,  エコトキシコゲノミクス ,  水圏環境保全学 ,  生物遺伝子資源保全 ,  環境化学 ,  環境毒性学 ,  リスク評価 ,  環境汚染 ,  環境分析 ,  生態系影響評価 ,  Ecotoxicogenomics and Proteomics ,  Conservation of Genomic Resources ,  Envirommental Toxicology ,  Environmental Analysis and Environmental Contamination ,  Environmental Risk Assessment
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2003 - 2006 メコンデルタにおける水資源の汚染実態と高次生物ならびにヒトに対する毒性影響に関する研究
  • 2003 - 2006 Chemical Contamination in Mekong Delta and Their Toxic Effects on Higher Trophic Animals and Human
  • 2002 - 2006 野生生物のエコトキシコゲノミクス・プロテオミクス
  • 2002 - 2006 化学物質汚染による生態系への影響
  • 2002 - 2006 Ecotoxicogenomics and proteomics in wildlife
全件表示
論文 (213件):
  • Dong-Hee Koh, Ji-Hee Hwang, Jae-Gon Park, Woo-Seon Song, Hisato Iwata, Eun-Young Kim. The AHR1-ARNT1 dimerization pair is a major regulator of the response to natural ligands, but not to TCDD, in the chicken. Ecotoxicology and Environmental Safety. 2020. 201. 110835-110835
  • Jiahua Guo, Jiezhang Mo, Qian Zhao, Qizhi Han, Mirella Kanerva, Hisato Iwata, Qi Li. De novo transcriptomic analysis predicts the effects of phenolic compounds in Ba River on the liver of female sharpbelly (Hemiculter lucidus). Environmental Pollution. 2020. 264. 114642-114642
  • Yumiko Obayashi, Aya Kadoya, Naoto Kataoka, Kazuki Kanda, Su-Min Bak, Hisato Iwata, Satoru Suzuki. Tetracycline Resistance Gene Profiles in Red Seabream (Pagrus major) Intestine and Rearing Water After Oxytetracycline Administration. Frontiers in Microbiology. 2020. 11
  • Mari Ochiai, Nozomi Kurihara, Masashi Hirano, Akifumi Nakata, Hisato Iwata. In Vitro Cytotoxicity and Risk Assessments of Environmental Pollutants Using Fibroblasts of a Stranded Finless Porpoise (Neophocaena asiaeorientalis). Environmental Science & Technology. 2020. 54. 11. 6832-6841
  • Hoa Thanh Nguyen, Kimika Yamamoto, Midori Iida, Tetsuro Agusa, Mari Ochiai, Jiahua Guo, Rajendiran Karthikraj, Kurunthachalam Kannan, Eun-Young Kim, Hisato Iwata. Effects of prenatal bisphenol A exposure on the hepatic transcriptome and proteome in rat offspring. Science of The Total Environment. 2020. 720. 137568-137568
もっと見る
MISC (200件):
  • 水川葉月, NGYUEN Hoa Thanh, 岩田久人, 野見山桂, 池中良徳, 中山翔太, 横山望, 市居修, 滝口満喜, KHIDKHAN Kraisiri, et al. PCBs曝露によるネコ肝トランスクリプトームへの影響. 環境化学討論会要旨集(CD-ROM). 2019. 28th. ROMBUNNO.1C-08
  • Hirakawa S, Miyawaki T, Hori T, Kajiwara J, Katsuki S, Hirano M, Yoshinouchi Y, Iwata H, Mitoma C, Furue M. IN SILICO PREDICTION OF THE METABOLISM OF PCB CONGENERS BY CYTOCHROME P450 ISOZYMES IN YUSHO PATIENTS. Organohalogen compounds. 2019. 81. 171-174
  • 石橋 弘志, 平野 将司, 内田 雅也, 大倉 美咲, 石橋 康弘, 冨永 伸明, 岩田 久人, 有薗 幸司. 内分泌かく乱化学物質の生態毒性評価 新たな試験法の切り口 内分泌かく乱物質 核内受容体相互作用のin silico解析. 環境ホルモン学会研究発表会要旨集. 2018. 21回. 39-39
  • 久保田 彰, 李 宰承, 若山 裕己, 中村 倫子, 川合 佑典, 芳之内 結加, 岩田 久人, 平野 将司, 中田 晴彦. ゼブラフィッシュを用いたビスフェノールA代替物質の内分泌攪乱作用の評価. The Journal of Toxicological Sciences. 2018. 43. Suppl. S269-S269
  • 高口 倖暉, 中山 翔太, 池中 良徳, 石塚 真由美, 岩田 久人, 国末 達也, 田辺 信介, 野見山 桂, 西川 博之, 水川 葉月, et al. ポリ塩化ビフェニル曝露によるイヌ・ネコの甲状腺ホルモン恒常性への影響. 日本毒性学会学術年会. 2018. 45. 0. P-72
もっと見る
書籍 (36件):
  • 生物の科学 遺伝~死体に学ぶクジラ・イルカの秘密~
    株式会社エヌ・ティー・エス 2019
  • 環境毒性学:環境毒性学の未来
    朝倉書店 2011
  • 環境毒性学: バイオマーカー
    朝倉書店 2011
  • Arsenic in Geosphere and Human Diseases : Methylation of inorganic arsenic and genetic polymorphisms in arsenic (+III oxidation state) methyltransferase in a Vietnamese population
    CRC Press 2010
  • Interdisciplinary Studies on Environmental Chemistry vol. 3, Biological Responses to Contaminants: from Molecular to Community Level : Interindividual variation in arsenic metabolism in a Vietnamese population: association with 17 single nucleotide pol・・・
    TERRAPUB 2010
もっと見る
講演・口頭発表等 (269件):
  • Assessment of in vitro transactivation potencies of chicken estrogen receptor α by bisphenol analogs
    (第22回環境ホルモン学会研究発表会 2019)
  • Cardiovascular toxicity assessment of tris(2-chloroethyl)phosphate(TCEP) in ex-ovo chicken embryos
    (第22回環境ホルモン学会研究発表会 2019)
  • Differences in POPs, Transcriptome and Proteome of Wild and Hatchery-Reared Baltic Salmons
    (第22回環境ホルモン学会研究発表会 2019)
  • Sex-dependent disruption of lipid homeostasis in rat offspring by prenatal bisphenol A exposure
    (第22回環境ホルモン学会研究発表会 2019)
  • Ex-ovoニワトリ胚におけるリン酸トリス(2-クロロエチル)(TCEP)の発生毒性評価
    (3rd International Chemical Hazard Symposium 2019)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(学術) (愛媛大学)
経歴 (7件):
  • 2017/04 - 現在 愛媛大学共同利用・共同研究拠点「化学汚染・沿岸環境研究拠点」 拠点長
  • 2004/11 - 現在 愛媛大学 沿岸環境科学研究センター 教授
  • 2000/04 - 2004/10 愛媛大学 沿岸環境科学研究センター 准教授
  • 1999/02 - 2000/03 ウッズホール海洋学研究所 生物部 日本学術振興会 海外特別研究員
  • 1995/07 - 2000/03 北海道大学 大学院獣医学研究科 助手
全件表示
受賞 (15件):
  • 2011/07 - 日本生態学会 第16回生態学琵琶湖賞
  • 2011 - Biwako Prize For Ecology
  • 2009 - 15th Pollutants Response in Marine Organisms (PRIMO15) Best Presentation Award
  • 2006 - International Symposium 2006; Pioneering Studies of Young Scientists on Chemical Pollution and Environmental Changes Best Presentation Award
  • 2006 - International Symposium 2006; Pioneering Studies of Young Scientists on Chemical Pollution and Environmental Changes Best Presentation Award
全件表示
所属学会 (10件):
Society of Toxicology ,  日本分子生物学会 ,  日本生化学会 ,  日本BICER協議会 ,  日本環境毒性学会 ,  日本内分泌攪乱化学物質学会 ,  日本獣医学会 ,  環境科学会 ,  日本環境化学会 ,  Society of Environmental Toxicology and Chemistry
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る