研究者
J-GLOBAL ID:200901045627787750   更新日: 2021年04月07日

濱口 佳和

ハマグチ ヨシカズ | Hamaguchi Yoshikazu
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 教育心理学 ,  臨床心理学
研究キーワード (1件): ペアレント・トレーニング
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2018 - 2023 親の能動的・反応的攻撃性が虐待的養育と子どもの心理社会的不適応に及ぼす影響
  • 2002 - 2008 関係性攻撃に関する日米比較文化的研究
  • 2003 - 青年期の能動的攻撃性・反応的攻撃性と心理・社会的適応との関連
  • 2003 - ペアレント・トレーニングに関する研究
  • 2002 - 小・中学校におけるいじめに関する研究
全件表示
論文 (181件):
もっと見る
書籍 (21件):
  • 『公認心理師の基礎と実践18 教育・学校心理学』
    遠見書房 2019 ISBN:9784866160689
  • 『公認心理師の基礎と実践18 教育・学校心理学』
    遠見書房 2019 ISBN:9784866160689
  • 教育心理学
    ミネルヴァ書房 2018 ISBN:9784623081554
  • 教育心理学-学校での子どもの成長をめざして-
    培風館 2009
  • はじめて学ぶ乳幼児の心理
    有斐閣 2006
もっと見る
講演・口頭発表等 (20件):
  • 父親の育児・家事参加に対する母親の受け止め方尺度作成の試み--信頼性および妥当性の検討--
    (日本教育心理学会第60回総会 2019)
  • 大学生のCyber Aggressionと心理的不適応の関 連の検討(1) -大学生用Cyber Aggression Scaleの作成-
    (日本教育心理学会第61回総会 2019)
  • 大学生のCyber Aggressionと心理的不適応の関 連の検討(2) -能動的・反応的攻撃性および心理的ストレス反応との関連-
    (日本教育心理学会第61回総会 2019)
  • 小学生保護者用養育行動尺度の構成1 ー尺度の因子構造の検討ー
    (日本心理学会第83回大会 2019)
  • 子どもから見た夫婦間相互作用尺度の作成
    (日本発達心理学会第30回大会 2019)
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1992 筑波大学 心理学
  • - 1987 東京学芸大学 学校教育専攻(臨床心理学講座)
  • - 1987 東京学芸大学 学校教育専攻(臨床心理学講座)
  • - 1984 早稲田大学 哲学科(西洋哲学専攻)
学位 (3件):
  • 修士(教育学) (東京学芸大学)
  • 教育学修士(心理学) (筑波大学)
  • 博士(心理学) (筑波大学)
経歴 (6件):
  • 2008/01/01 - 現在 筑波大学 大学院人間総合科学研究科 教授
  • 2008/01/01 - 現在 筑波大学 大学院人間総合科学研究科 教授
  • 2001/10/01 - 現在 筑波大学 心理学系 助教授
  • 1996/01/01 - 2001/09 千葉大学 教育学部 助教授
  • 1994/04/01 - 1995/12/31 千葉大学 教育学部 講師
全件表示
委員歴 (9件):
  • 2008 - 現在 日本カウンセリング学会 常任編集委員
  • 2003 - 現在 日本カウンセリング学会 編集委員
  • - 現在 日本心理学会 代議員
  • 2016/08 - 2019/08 日本カウンセリング学会 カウンセリング研究編集委員長
  • 2013/08 - 2019/08 日本カウンセリング学会 理事
全件表示
受賞 (1件):
  • 2007/03/29 - Society for Research in Child Development International Travel Award
所属学会 (8件):
日本パーソナリティ心理学会 ,  Society for Research in Child Development ,  日本心理臨床学会 ,  日本心理学会 ,  日本犯罪心理学会 ,  日本発達心理学会 ,  日本カウンセリング学会 ,  日本教育心理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る