研究者
J-GLOBAL ID:200901045659447187   更新日: 2022年03月16日

石橋 大輔

イシバシ ダイスケ | Ishibashi Daisuke
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): 神経内科学 ,  免疫学 ,  ウイルス学
研究キーワード (6件): 生化学 ,  ウイルス学 ,  プリオン ,  免疫学 ,  行動薬理学 ,  分子生物学
競争的資金等の研究課題 (22件):
  • 2020 - 2023 抗プリオン効果を生み出すファーマコフォアモデルの構築と新規治療薬の開発
  • 2019 - 2022 プリオン病における病態解明および自然免疫賦活化療法の開発
  • 2020 - 2021 シーズA149:実用化に向けたプリオン病に対する新規治療薬開発
  • 2020 - 2021 シーズA180:構造異常化タンパクの分解機構を促進するプリオン病治療薬の開発
  • 2019 - 2021 孤発性プリオン病の再現-液相分離から感染性アミロイドを作成する
全件表示
論文 (42件):
  • Takeshi Mori, Mai Hazekawa, Miyako Yoshida, Takuya Nishinakagawa, Takahiro Uchida, Daisuke Ishibashi. Enhancing the anticancer efficacy of a LL-37 peptide fragment analog using peptide-linked PLGA conjugate micelles in tumor cells. International Journal of Pharmaceutics. 2021. 606. 5. 120891
  • Mai Hazekawa, Takuya Nishinakagawa, Takeshi Mori, Miyako Yoshida, Takahiro Uchida, Daisuke Ishibashi. Preparation of siRNA-PLGA/Fab'-PLGA mixed micellar system with target cell-specific recognition. Scientific Reports. 2021. 11. 16789
  • Takeshi Mori, Miyako Yoshida, Mai Hazekawa, Daisuke Ishibashi, Yoshiro Hatanaka, Toshihiro Nagao, Rie Kakehashi, Honami Kojima, Rio Uno, Minoru Ozeki, et al. Antimicrobial Activities of LL-37 Fragment Mutant-Poly (Lactic-Co-Glycolic) Acid Conjugate against Staphylococcus aureus, Escherichia coli, and Candida albicans. International Journal of Molecular Sciences. 2021. 22. 10. 5097-5097
  • Hiroya Tange, Daisuke Ishibashi, Takehiro Nakagaki, Yuzuru Taguchi, Yuji O. Kamatari, Hiroki Ozawa, Noriyuki Nishida. Liquid-liquid phase separation of full-length prion protein initiates conformational conversion in vitro. Journal of Biological Chemistry. 2021. 296. 100367-100367
  • Takayuki Fuse, Takehiro Nakagaki, Takujiro Homma, Hiroya Tange, Naohiro Yamaguchi, Ryuichiro Atarashi, Daisuke Ishibashi, Noriyuki Nishida. Dextran sulphate inhibits an association of prions with plasma membrane at the early phase of infection. Neuroscience Research. 2021. 171. 34-40
もっと見る
MISC (33件):
もっと見る
特許 (3件):
書籍 (1件):
  • 看護テキスト NICE 病態・治療論[10] 感染症/アレルギー/膠原病
    南江堂 2019
講演・口頭発表等 (91件):
  • 抗菌ペプチドフラグメント誘導体およびPLGAとのコンジュゲートによる抗真菌活性
    (日本薬剤学会第36年会 2021)
  • 抗菌ペプチドフラグメント誘導体およびPLGAとのコンジュゲートによる抗菌活性
    (日本薬学会第141年会)
  • 抗がんペプチド含有生分解性ミセルの抗がん活性に関する検討
    (日本薬学会第141年会)
  • 抗菌ペプチドフラグメント誘導体およびその生分解性ミセルの抗がん活性に関する検討
    (日本薬学会第141年会)
  • がん細胞株培養上清中に含まれる細胞傷害性因子
    (日本薬学会第141年会)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (福岡大学)
経歴 (5件):
  • 2020/04 - 現在 福岡大学 薬学部 教授
  • 2015/11 - 2020/03 長崎大学 大学院医歯薬学総合研究科 感染分子解析学分野 准教授
  • 2008/04 - 2015/10 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 感染免疫学講座 感染分子解析学分野 助教
  • 2006/04 - 2008/03 長崎大学 大学院医歯薬学総合研究科 感染免疫学講座 感染分子解析学分野 助手
  • 2003/04 - 2006/03 独立行政法人科学技術振興機構PRESTOさきがけ21「生体と制御」領域 非常勤研究員
所属学会 (6件):
日本薬理学会 ,  日本生化学会 ,  アジアパシフィックプリオン研究会 ,  日本免疫学会 ,  日本ウイルス学会 ,  日本分子生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る