研究者
J-GLOBAL ID:200901045659447187   更新日: 2020年10月13日

石橋 大輔

イシバシ ダイスケ | Ishibashi Daisuke
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): 神経内科学 ,  免疫学 ,  ウイルス学
研究キーワード (6件): 生化学 ,  ウイルス学 ,  プリオン ,  免疫学 ,  行動薬理学 ,  分子生物学
競争的資金等の研究課題 (18件):
  • 2019 - 2022 プリオン病における病態解明および自然免疫賦活化療法の開発
  • 2019 - 2020 シーズA180:構造異常化タンパクの分解機構を促進するプリオン病治療薬の開発
  • 2018 - 2019 シーズA149:実用化に向けたプリオン病に対する新規治療薬開発
  • 2018 - 2019 論理計算手法を用いたプリオンの構造異常化を阻害する低分子化合物の開発
  • 2016 - 2019 プリオン病分子病態の解明:新規治療法の開発に向けたインターフェロンシステムの解析
全件表示
論文 (41件):
  • Takehiro Nakagaki, Daisuke Ishibashi, Tsuyoshi Mori, Yukiko Miyazaki, Hanae Takatsuki, Hiroya Tange, Yuzuru Taguchi, Katsuya Satoh, Ryuichiro Atarashi, Noriyuki Nishida. Administration of FK506 from Late Stage of Disease Prolongs Survival of Human Prion-Inoculated Mice. Neurotherapeutics : the journal of the American Society for Experimental NeuroTherapeutics. 2020
  • Takehiro Matsubara, Katsuya Satoh, Takujiro Homma, Takehiro Nakagaki, Naohiro Yamaguchi, Ryuichiro Atarashi, Yuka Sudo, Yasuhito Uezono, Daisuke Ishibashi, Noriyuki Nishida. Prion protein interacts with the metabotropic glutamate receptor 1 and regulates the organization of Ca2+ signaling. Biochemical and biophysical research communications. 2020
  • Satoh K, Fuse T, Nonaka T, Trang Dong, Takao M, Nakagaki T, Ishibashi D, Taguchi Y, Ban Mihara B, Iwasaki Y, et al. Postmortem Quantitative Analysis of Prion Seeding Activity in the Digestive System. Molecules. 2019. 24. 24. 4601-4601
  • Ishibashi D. Protective Role of the Host Innate Immune System in Prion Pathogenesis. YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN. 2019. 139. 7. 993-998
  • Ishibashi D, Homma T, Nakagaki T, Fuse T, Sano K, Satoh K, Mori T, Atarashi R, Nishida N. Type I interferon protects neurons from prions in in vivo models. Brain. 2019. 142. 4. 1035-1050
もっと見る
MISC (32件):
  • 石橋 大輔. プリオンとプリオン様タンパク質 プリオン感染における自然免疫機構の役割. 日本薬学会年会要旨集. 2018. 138年会. 1. 253-253
  • 石橋 大輔, 中垣 岳大, 石川 岳志, 濱田 剛, 西田 教行. in silicoプリオン病創薬における薬効特異性の評価. 生命科学系学会合同年次大会. 2017. 2017年度. [1P-1108]
  • 石橋 大輔, 中垣 岳大, 石川 岳志, 新 竜一郎, 渡辺 健, 濱田 剛, 西田 教行. Graphics processing unit intensive supercomputerでの新規結合シミュレーションを用いたプリオン病に対する構造ベース創薬(Structure-based drug discovery for prion disease by using a novel binding simulation on the graphics processing unit intensive supercomputer). 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集. 2016. 89回. [2P-368]
  • Tsuyoshi Mori, Ryuichiro Atarashi, Hanae Takatsuki, Katsuya Satoh, Takehiro Nakagaki, Daisuke Ishibashi, Noriyuki Nishida. "Wire-QuIC": A new detection system of human prion. PRION. 2016. 10. S109-S109
  • Daisuke Ishibashi, Takehiro Nakagaki, Ryuichiro Atarashi, Noriyuki Nishida. Prion strain-dependent effect of macroautophagy on abnormal prion protein degradation. PRION. 2016. 10. S80-S80
もっと見る
特許 (3件):
書籍 (1件):
  • 看護テキスト NICE 病態・治療論[10] 感染症/アレルギー/膠原病
    南江堂 2019
講演・口頭発表等 (83件):
  • Prion-like propagation of filamentous tau inclusions in cultured neuronal cells
    (Asian pacific prion symposium 2018 (APPS2018) 2018)
  • I型インターフェロンのプリオン感染に対する抑制作用
    (第91回日本生化学会大会 2018)
  • 炭酸水素カルシウムメゾ構造体によるプリオン不活性化能の検討
    (第71回 日本細菌学会九州支部総会 第55回 日本ウイルス学会九州支部総会 2018)
  • in silicoプリオン病創薬における薬効特異性の評価
    (生体機能と創薬シンポジウム2018 2018)
  • プリオン病におけるインシリコ創薬開発
    (第8回認知症研究を知る若手研究者の集まり 2018)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (福岡大学)
経歴 (5件):
  • 2020/04 - 現在 福岡大学 薬学部 教授
  • 2015/11 - 2020/03 長崎大学 大学院医歯薬学総合研究科 感染分子解析学分野 准教授
  • 2008/04 - 2015/10 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 感染免疫学講座 感染分子解析学分野 助教
  • 2006/04 - 2008/03 長崎大学 大学院医歯薬学総合研究科 感染免疫学講座 感染分子解析学分野 助手
  • 2003/04 - 2006/03 独立行政法人科学技術振興機構PRESTOさきがけ21「生体と制御」領域 非常勤研究員
所属学会 (6件):
日本薬理学会 ,  日本生化学会 ,  アジアパシフィックプリオン研究会 ,  日本免疫学会 ,  日本ウイルス学会 ,  日本分子生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る