研究者
J-GLOBAL ID:200901045737053310   更新日: 2020年11月20日

亀山 真典

カメヤマ マサノリ | Kameyama Masanori
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
ホームページURL (2件): http://earth.sci.ehime-u.ac.jp/~kameyama/index-j.htmlhttp://earth.sci.ehime-u.ac.jp/~kameyama/index-e.html
研究分野 (1件): 固体地球科学
研究キーワード (5件): 並列計算 ,  数値シミュレーション ,  マントル対流 ,  numerical simulation ,  mantle convection
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2018 - 2022 系外地球型惑星マントル対流シミュレーション:大きさ・組成・圧縮の効果の整合的理解
  • 2014 - 2017 『大きなマントルウェッジ』(BMW) 内の3次元マントル対流シミュレーション
  • 2010 - 2013 固液2相系・多成分系を扱う3次元マントル対流シミュレーションプログラムの開発
  • 2004 - 2010 マントル下降流に伴う滞留スラブの形成・崩落過程の数値モデリング
  • 2007 - 2009 世界最高速の3次元マントル対流シミュレーションプログラムの開発
全件表示
論文 (46件):
もっと見る
MISC (10件):
書籍 (4件):
  • 新しい地球惑星科学
    培風館 2019 ISBN:9784563025229
  • 図説 固体地球の事典
    朝倉書店 2018 ISBN:9784254160727
  • 地球ダイナミクス
    朝倉書店 2014 ISBN:9784254160673
  • The earth simulator
    Tohoku University Press 2007 ISBN:9784861630804
講演・口頭発表等 (29件):
  • 超大陸サイクルとマントル内熱化学構造との相互関係: 2次元マントル対流シミュレーションに基づく考察
    (日本地質学会第124年学術大会 2017)
  • 火成活動を伴うマントル対流シミュレーションの試み: モデル形状の効果はいかほどか
    (日本地球惑星科学連合2017年大会 2017)
  • 熱伝導率の深さ依存性と強い圧縮性をもつ流体の熱対流シミュレーション: スーパー地球のマントル対流に対する考察
    (日本地球惑星科学連合2016年大会 2016)
  • 巨大スーパーアースのマントル対流シミュレーション
    (日本地球惑星科学連合2016年大会 2016)
  • マントル対流シミュレーションの技術開発: 地球型惑星内部の解明に向けて
    (日本地球惑星科学連合2016年大会 2016)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1995 - 1998 東京大学 地球惑星物理学専攻
  • 1993 - 1995 東京大学 地球惑星物理学専攻
  • 1989 - 1993 東京大学 地球物理学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東京大学)
経歴 (3件):
  • 2016/04 - 現在 愛媛大学 地球深部ダイナミクス研究センター 教授
  • 2007/09 - 2016/03 愛媛大学 地球深部ダイナミクス研究センター 准教授
  • 2003/04 - 2007/08 海洋研究開発機構 地球シミュレータセンター 研究員
受賞 (2件):
  • 2010/07 - 可視化情報学会第21期映像賞
  • 2004/11 - ゴードン・ベル賞 (Peak Performance)
所属学会 (5件):
可視化情報学会 ,  米国地球物理学連合 ,  日本惑星科学会 ,  日本地震学会 ,  日本地球惑星科学連合
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る