研究者
J-GLOBAL ID:200901045869553044   更新日: 2020年10月12日

紙谷 浩之

カミヤ ヒロユキ | Kamiya Hiroyuki
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 薬系衛生、生物化学
研究キーワード (6件): ゲノム編集 ,  遺伝子治療 ,  DNA損傷 ,  DNA damage ,  Nucleic Acids Chemistry ,  Gene Therapy
論文 (242件):
  • Hidehiko Kawai, Kento Sato, Wataru Shirahama, Tetsuya Suzuki, Hiroyuki Kamiya. Single-stranded DNA versus tailed duplex in sequence conversion oflacZ alpha DNA. NUCLEOSIDES NUCLEOTIDES & NUCLEIC ACIDS. 2020. 39. 9. 1245-1250
  • Ruriko Fukushima, Tetsuya Suzuki, Hiroyuki Kamiya. New indicator Escherichia coli strain for rapid and accurate detection of supF mutations. Genes and environment : the official journal of the Japanese Environmental Mutagen Society. 2020. 42. 28
  • Hiroyuki Kamiya. High-throughput analysis of DNA repair in microplates towards identification of inhibitors. Genes and environment : the official journal of the Japanese Environmental Mutagen Society. 2020. 42. 11
  • Tetsuya Suzuki, Yusuke Wakao, Takuya Goda, Hiroyuki Kamiya. Conventional plasmid DNAs with a CpG-containing backbone achieve durable transgene expression in mouse liver. JOURNAL OF GENE MEDICINE. 2020. 22. 1. e3138
  • Suzuki T, Katayama Y, Komatsu Y, Kamiya H. Large deletions and untargeted substitutions induced by abasic site analog on leading versus lagging strand templates in human cells. Mutagenesis. 2019. 34. 421-429
もっと見る
MISC (38件):
  • Hideto Maruyama, Kazuhiro Furukawa, Hiroyuki Kamiya, Noriaki Minakawa, Akira Matsuda. Transcription of 4 '-thioDNA templates to natural RNA in vitro and in mammalian cells (vol 51, pg 7887, 2015). CHEMICAL COMMUNICATIONS. 2015. 51. 43. 9054-9054
  • 紙谷 浩之, 山崎 大樹, 原島 秀吉. P-091 Werner syndrome proteinの減少が8-ヒドロキシグアニン誘発変異に与える影響(ポスターセッション,安全・安心のための知的ネットワークの構築:分子生物学的からレギュラトリーサイエンスまで). 日本環境変異原学会大会プログラム・要旨集. 2011. 0. 40
  • 紙谷 浩之, 鈴木 哲矢, 原島 秀吉. P-012 p53とRbのノックダウンは8-ヒドロキシグアニン誘発変異に影響しない(ポスターセッション). 日本環境変異原学会大会プログラム・要旨集. 2010. 0. 39
  • 紙谷浩之, 紙谷浩之, 後藤仁美, 後藤仁美, 神田元紀, 神田元紀, 山田勇磨, 山田勇磨, 原島秀吉, 原島秀吉. プラスミド-ヒストン複合体からの外来遺伝子発現効率. 薬剤学. 2010. 70. Supplement. 148
  • 紙谷 浩之, 山口 彩花, 鈴木 哲矢, 原島 秀吉. P-031 損傷乗り越えDNAポリメラーゼは8-ヒドロキシグアニンが誘発する変異に抑制的に作用している(ポスターセッション). 日本環境変異原学会大会プログラム・要旨集. 2009. 0. 38
もっと見る
書籍 (2件):
  • 核酸医薬の最前線
    シーエムシー出版 2009
  • バイオとナノの融合II〜新生命科学の応用
    北海道大学出版会 2007
学歴 (3件):
  • 1988 - 1988 北海道大学 博士後期課程
  • 1986 - 1988 北海道大学 修士課程
  • 1982 - 1986 北海道大学 薬学科
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (北海道大学)
経歴 (4件):
  • 2019/04 - 現在 広島大学 大学院医系科学研究科 教授
  • 2014/07 - 2019/03 広島大学 大学院医歯薬保健学研究科 教授
  • 2010/11 - 2014/06 愛媛大学 大学院理工学研究科 教授
  • 2000/07 - 2010/10 北海道大学 大学院 薬学研究科・薬学研究院・先端生命科学研究院 助教授・准教授
委員歴 (4件):
  • 2010 - 現在 日本DDS学会 評議員
  • 2007 - 現在 日本環境変異原学会 評議員
  • 2007 - 現在 日本薬剤学会 評議員・代議員
  • 2016/01 - 2019/12 日本環境変異原学会 理事
受賞 (4件):
  • 2019/11 - 令和元年度 日本環境変異原学会学会賞
  • 2007 - 平成19年度JB論文賞
  • 2006 - 平成18年度日本環境変異原学会研究奨励賞
  • 2000 - 平成12年度日本薬学会奨励賞
所属学会 (9件):
日本ゲノム編集学会 ,  日本分析化学会 ,  日本環境変異原学会 ,  日本薬剤学会 ,  日本薬学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本癌学会 ,  日本DDS学会 ,  日本放射線影響学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る