研究者
J-GLOBAL ID:200901046014893146   更新日: 2020年08月31日

山野 茂

ヤマノ シゲル | Yamano Shigeru
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 薬系衛生、生物化学
研究キーワード (1件): Toxicology
論文 (42件):
  • Fat-specific protein 27 is a novel target gene of liver X receptorα. Mol Cell Endocrinol. 2018. 474. 48-56
  • Kohei Matsuo, Kimihiko Matsusue, Daisuke Aibara, Soichi Takiguchi, Frank J. Gonzalez, Shigeru Yamano. Insulin Represses Fasting-Induced Expression of Hepatic Fat-Specific Protein 27. BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN. 2017. 40. 6. 888-893
  • Satoshi Endo, Toshiyuki Matsunaga, Yuki Arai, Akira Ikari, Kazuo Tajima, Ossama El-Kabbani, Shigeru Yamano, Akira Hara, Yukio Kitade. Cloning and Characterization of Four Rabbit Aldo-Keto Reductases Featuring Broad Substrate Specificity for Xenobiotic and Endogenous Carbonyl Compounds: Relationship with Multiple Forms of Drug Ketone Reductases. DRUG METABOLISM AND DISPOSITION. 2014. 42. 4. 803-812
  • Matsusue K, Aibara D, Hayafuchi R, Matsuo K, Takiguchi S, Gonzalez FJ, Yamano S. Hepatic PPARγ and LXRα independently regulate lipid accumulation in the livers of genetically obese mice. FEBS Lett. 2014. 588. 2227-2281
  • Satoshi Endo, Toshiyuki Matsunaga, Atsuko Matsumoto, Yuki Arai, Satoshi Ohno, Ossama El-Kabbani, Kazuo Tajima, Yasuo Bunai, Shigeru Yamano, Akira Hara, et al. Rabbit 3-hydroxyhexobarbital dehydrogenase is a NADPH-preferring reductase with broad substrate specificity for ketosteroids, prostaglandin D-2, and other endogenous and xenobiotic carbonyl compounds. BIOCHEMICAL PHARMACOLOGY. 2013. 86. 9. 1366-1375
もっと見る
書籍 (4件):
  • 予防薬学としての衛生薬学-健康と環境-第3版
    廣川書店 2016 ISBN:9784567472029
  • 第5版 衛生薬学-健康と環境-
    丸善出版 2013 ISBN:9784621086278
  • 予防薬学としての衛生薬学-健康と環境- 第2版
    広川書店 2012
  • 予防薬学としての衛生薬学-健康と環境-
    広川書店 2009 ISBN:9784567472005
講演・口頭発表等 (52件):
  • 2 型糖尿病モデル ob/ob マウスの脂肪肝における Fsp27b 遺伝子の発現制御 -PPARγ の関与-
    (フォーラム2018 衛生薬学・環境トキシコロジー 2018)
  • ヒト 17β-hydroxysteroid dehydrogenase 2 の Morphine 関連化合物に対する基質特異性および 17β-hydroxysteroid 類による Morphine 6-Dehydrogenase 活性の阻害
    (日本薬学会第 138 年会 2018)
  • 再摂食時における肝 Fsp27 遺伝子の発現制御 -インスリンの関与-
    (日本薬学会第 138 年会 2018)
  • 再摂食時の肝臓における Fsp27 遺伝子の発現解析 -インスリンによる発現抑制-
    (第 34 回日本薬学会九州支部大会 2017)
  • 脂肪肝形成に関与する Fsp27 遺伝子のインスリンによる発現制御
    (フォーラム2017衛生薬学・環境トキシコロジー 2017)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1978 九州大学 薬学
  • - 1973 九州大学 薬学
学位 (1件):
  • 薬学博士 (九州大学)
経歴 (3件):
  • 2000 - 2002 福岡大学薬学部 助教授
  • 1980 - 2000 福岡大学薬学部 助手
  • 1986 - 1988 米国国立ガン研究所客員研究員
所属学会 (2件):
日本薬物動態学会 ,  日本薬学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る