研究者
J-GLOBAL ID:200901046062952553   更新日: 2020年08月31日

昆野 昭則

コンノ アキノリ | KONNO Akinori
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
  • 静岡大学  グリーン科学技術研究所 - グリーンエネルギー研究部門 
  • 静岡大学  工学部 - 電子物質科学科 
ホームページURL (1件): http://www.shizuoka.ac.jp/~rikouken/japan/master/material/koukiso/
研究分野 (1件): ナノ構造化学
研究キーワード (1件): 色素増感太陽電池
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 有機物修飾電極の光電気化学的研究
  • 有機電解合成に関する研究
  • 新規色素増感型太陽電池の開発
論文 (12件):
  • 責任著者, 昆野 昭則, 共著者]E.V.A. Premalal, R.M.G, Rajapakse, S. Kaneko. Preparation of high quality spray-deposited fluorine-doped tin oxide thin films using dilute di(n-butyl)tin(iv) diacetate precursor solutions. Thin Solid Films. 2012. 520. (num). 6813-6817
  • 責任著者]Shogo Ito, 共著者]昆野, 昭則, Tennakone, Kirthi,Kumara, G. R. A, Tsujimoto, Kazuki,Nguyen, Duy-Cuong. TiO2 Surface Treatment Effects by Mg2+, Ba2+, and Al3+ on Sb2S3 Extremely Thin Absorber Solar Cells. Journal of Physical Chemistry C. 2012. 116. 25. 13465-13471
  • 責任著者]Senevirathna, 共著者]M. K. I, Pitigala,P, K. D. D. P, Premalal,E. V. A, Tennakone,K, Kumara,G. R. A, Konno,A. Stability of the SnO2/MgO dye-sensitized photoelectrochemical solar cell. SOLAR ENERGY MATERIALS AND SOLAR CELLS. 2007. 91. 6. 544-547
  • 責任著者]Kumara, 共著者]G. R. A, Kaneko,S, Okuya,M, Onwona-Agyeman,B, Konno,A, Tennakone,K. Shiso leaf pigments for dye-sensitized solid-state solar cell. SOLAR ENERGY MATERIALS AND SOLAR CELLS. 2006. 90. 9. 1220-1226
  • 責任著者]Kumara, 共著者]G. R. A, Kaneko,S, Konno,A, Okuya,M, Murakami,K, Onwon-Agyeman,B, Tennakone,K. Large area dye-sensitized solar cells: material aspects of fabrication. PROGRESS IN PHOTOVOLTAICS. 2006. 14. 7. 643-651
もっと見る
MISC (66件):
  • 色素増感太陽電池固体化の展望(総説). 化学工業. 2009. 60. 4. 271-274
  • 責任著者, 昆野昭則, 共著者]G.R. A. クマラ, 奥谷昌之, 金子正治. 金属酸化物混合電極による色素増感太陽電池の高効率化(総説). セラミックス. 2004. 39. 6. 445-449
  • 責任著者, 昆野昭則, 共著者, 藤波達雄. 有機薄膜を使った光二次電池とその材料について(総説). 工業材料. 2004. 52. 2. 52-57
  • 責任著者, 昆野昭則, 共著者]G.R. A. クマラ, 奥谷昌之, 金子正治. CuIを用いる全固体型色素増感太陽電池(総説). 機能材料. 2003. 23. 6. 26-33
  • 責任著者, 昆野昭則, 共著者]G.R. A. クマラ, 奥谷昌之, 金子正治. 擬固体色素増感太陽電池(総説). 太陽エネルギー. 2003. 29. 4. 18-23
もっと見る
書籍 (8件):
  • 人工光合成と有機系太陽電池
    化学同人 2010
  • 最新太陽電池技術の徹底検証・今後の展開
    情報機構 2008
  • FPD・DSSC・光メモリーと機能性色素の最新技術と材料開発
    技術教育出版社 2008
  • 色素増感太陽電池の最新技術II
    シーエムシー出版 2007
  • 電池革新が拓く次世代電源
    エヌ・ティー・エス 2006
もっと見る
講演・口頭発表等 (24件):
  • 固体型色素増感太陽電池の高効率化と新展開
    (2014年電気化学会第81回大会 2014)
  • Improved performance in dye-sensitized solid-state solar cells using CuI or CuSCN as a hole transport layer
    (Aseanian Conference on Dye-sensitized & Organic Solar Cells (DSC-OPV8) 2013)
  • Improved Performance of TiO2/N719/CuSCN All-solid-state Dye-sensitized Solar Cell
    (5th Aseanian Conference on Dye-sensitized and Organic Solar Cells (DSC&OPV-5) 2010)
  • Improved preparation of nanoporous TiO2 electrode for dye-sensitized solid-state solar cells
    (the 7th Asian Conference on Electrochemistry 2010)
  • Trialkylammonium thiocyanate molten salts bearing hydroxyl group and its application to the solid-state dye-sensitized photovoltaic cells
    (217th Electrochemical Society Meeting 2010)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1988 東北大学 理学研究科 化学
  • - 1983 東北大学 理学部 化学
学位 (1件):
  • 理学博士 (東北大学)
経歴 (5件):
  • 2007 - 2009 同准教授
  • 2009 - - 同 教授
  • 2006 - 2007 静岡大学創造科学技術大学院助教授
  • 1996 - 2006 静岡大学工学部助教授
  • 1988 - 1996 東京工業大学大学院総合理工学研究科助手
所属学会 (3件):
有機合成化学協会 ,  日本化学会 ,  電気化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る