研究者
J-GLOBAL ID:200901046199611389   更新日: 2017年06月16日

桂 良太郎

カツラ リョウタロウ | Katsura Ryotaro
所属機関・部署:
研究分野 (7件): 自然人類学 ,  教育社会学 ,  社会福祉学 ,  国際関係論 ,  文化人類学、民俗学 ,  ジェンダー ,  地域研究
研究キーワード (1件): アジアの社会福祉、高齢化問題、家族福祉研究、まちづくり、平和学と福祉学
論文 (31件):
  • 福祉のことと平和-「福祉学」と「平和学」をむすびつける「里山学」への挑戦-(コラム). 『立命館国際平和ミュージアム20年の歩み-過去・現在そして未来』立命館大学国際平和ミュージアム編. 2012. 64
  • Toward the networking of museums for a new approach to Peace. No Gun Ri Peace Park-Ritsumeikan University Peace & Human Rights Camp, No Gun Ri International Peace Foundation. 2012. 18-21
  • A Proposal for the 21stCentury Converting the Force of Nature to Cultural Force. No Gun Ri Peace Park-Ritsumeikan University Peace & Human Rights Camp, No Gun Ri International Peace Foundation. 2012. 13-17
  • 「人間力としての「文化力」の重要性と「里山学」への誘い」. 『日本ボランティア学会誌』2011年度日本ボランティア学会. 2012. 14-22
  • 「部落差別を後世に伝えるために各地の「被差別部落ミュージアム」を」. 『居住の権利とくらし-東日本大震災をみすえて-』家正治編著. 2012. 229-230
もっと見る
書籍 (16件):
  • 【CD-ROM】世界の平和博物館(Museums for Peace in the World)2016年度版
    立命館大学国際平和ミュージアム 2016
  • ’Converting the Forces of Nature into a Cultural Force- An Invitation to Pursue the Study of Satoyamas.’
    “Expanding Peace, Ecology: P e a c e , S e c u r i t y , Sustainability, Equity and Gender”Perspectives of IPRA’s Ecology and Peace Commission. Ursula Oswald S p r i n g, Hans G u n t e r Brauch, Keith G. Tidball eds., pp.201-209 Springer 2013
  • ‘What we can learn from the elderly in Vietnam- An integration of studies of social welfare, peace, and gerontology.’
    “Dioxin Unforgettable Responsibility! Viet & Duc and World Peace” , Dr.Nguyen Thi Ngoc Phuong, Prof.Bunro Fujimoto, Prof. Ryotaro Katsura eds., pp.105-117 First News (Ho Chi Minh City General Publishing House) 2013
  • 「「自然力」を「文化力」に!-「里山学」への誘い, たかが「里山」されど「里山」-」
    『わたしたちは22 世紀を望め るのか』(GN21 人類再生シ リーズ8)片岡幸彦,安藤次 男編著 pp.62-65 紀伊国屋書店(電子書籍) 2013
  • 『アジア諸国の人々の人間観-「家父長制論」から「普遍的人間論」へ』
    『岡村理論の継承と発展』第3巻『社会福祉における生活主体論』ミネルヴァ書房 2012 ISBN:9784623058020
もっと見る
講演・口頭発表等 (40件):
  • Peacebuilding: the challenges of and prospects for a Steady-state Society
    (ICSD 2015 Singapore 2015)
  • Collaboration between the War Remnants Museum(Vietnam)and Kyoto Museum for World Peace Ritsumeikan University
    (The 8th International Conference of Museums for Peace 2014)
  • Converting the Force of Nature to a Cultural Force
    (25th General Conference of International Peace Research Association-IPRA 2014)
  • 「いまなぜ里山が大切か-成熟化社会と自然との共生をめざして-」
    (NPO 法人「京都自由大学」 京都社会文化センター 2013)
  • 「これからのボランティア活動のゆめ・ゆとり・ゆうき!」
    (NPO 法人「この指とまれ」記念講演 奈良市ボランティアセンター 2013)
もっと見る
学位 (2件):
  • 文学修士 (京都外国語大学)
  • 社会学修士 (関西大学)
経歴 (1件):
  • 立命館大学 国際関係学部国際関係学科 教授
所属学会 (12件):
日本平和学会 ,  日本社会学会 ,  日本社会福祉学会 ,  日本老年社会学会 ,  日本家族社会学会 ,  家族(社会と法)学会 ,  関西社会学会 ,  日本地域福祉学会 ,  アジア社会福祉学会 ,  国際社会福祉学会 ,  日本居住福祉学会 ,  日本ボランティア学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る