研究者
J-GLOBAL ID:200901046662550653   更新日: 2020年06月03日

関根 理香

セキネ リカ | SEKINE Rika
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
  • 静岡大学  理学部 - 化学科 
  • 静岡大学  大学院総合科学技術研究科理学専攻 - 化学コース 
研究分野 (4件): 機能物性化学 ,  ナノ構造化学 ,  計算科学 ,  基礎物理化学
研究キーワード (5件): グラフ理論 ,  クラスター ,  理論化学 ,  計算化学 ,  量子化学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 1996 - 表面欠陥と有機錯体の反応を利用した金属マイクロクラスターの作成と評価
論文 (49件):
  • 関根 理香, 室野 あゆみ, 岡倉 雅弥, 小林 陽介, 仲上 祐斗. グラフ理論と分子力場法によるNaクラスター全異性体の安定性の解析. Journal of Computer Chemistry, Japan. 2018. 17. 3. 117-119
  • 責任著者, 相原 惇一, 共著者]仲上 祐斗, 鈴木 信行, 関根 理香, 松浦 泰祐. The Occurrence of π(pi) Molecular Orbitals in Planar Boron Clusters. Bull. Chem. Soc. Jpn. 2012. 85. 4. 475-480
  • 責任著者, 相原 惇一, 共著者, 関根 理香, 仲上 祐斗. Aromatic character of polycyclic π systems formed by fusion of two or more rings of the same size. J. Phys. Chem. A. 2011. 115. 24. 6724-6731
  • 責任著者, 藤田昌樹, 共著者, 中松博英, 杉原淳, 相原惇一, 関根理香. Origin of Low-Energy Peaks in the Ti-K XANES Spectra of SrTiO3 and CaTiO3. Journal of Computer Chemistry, Japan. 2004. 3. 1. 21-26
  • 責任著者]Yoshino, 共著者]Masahito, Morinaga,Masahiko, Shimode,Akihiro, Okabayashi,Kousuke, Nakamatsu,Hirohide, Sekine,Rika. A universal relation between electron density minima and ionic radii in ceramics. MATERIALS TRANSACTIONS. 2004. 45. 7. 1968-1972
もっと見る
MISC (18件):
  • 責任著者]Morinaga M, 共著者]Yoshino M, Shimode A, Okabayashi K, Nakamatsu H, Sekine R. Characteristics of electron density distributions in metal oxides. Materials Science Forum(Pt. 1, Designing, Processing and Properties of Advanced Engineering Materials),. 2004. 449-452
  • 責任著者, 田中久美子, 共著者, 関根理香, 平田勝, 館盛勝一. 酸化物表面の電子状態と吸着エネルギーの検討. DV-Xα研究協会会報. 2003. 15. 2. 155-156
  • 責任著者]Sekine R, 共著者]Kondo R, Yamamoto T, Onoe J. Geometric and electronic structures of Tc and Mn clusters by density functional calculations. Radiochemistry (Translation of Radiokhimiya). 2003. 45. 3. 233-236
  • 責任著者]Plekhanov Yu. V, 共著者]German K. E, Sekine R. Electronic structure of binuclear technetium chloroacetate cluster: Quantum chemical calculation and assignment of optical and XPE spectra. Radiochemistry(Translation of Radiokhimiya). 2003. 45. 3. 243-249
  • 責任著者]Plekhanov Yu. V, 共著者]German K. E, Sekine R. Electronic structure of technetium metal, calculated in the approximation of the Xa-discrete variation method. Radiochemistry (Translation of Radiokhimiya). 2003. 45. 3. 237-242
もっと見る
書籍 (11件):
  • Let's Enjoy Computing [2019]
    学術図書出版 2019
  • Let's Enjoy Computing [2018]
    学術図書出版 2018
  • Let's Enjoy Computing [2017]
    学術図書出版 2017
  • Let's Enjoy Computing [2016]
    学術図書出版 2016
  • Let's Enjoy Computing [2015]
    学術図書出版 2015
もっと見る
講演・口頭発表等 (28件):
  • 分子力場法による実現可能なNaクラスターのスクリーニング
    (第31回DV-Xα研究会 2018)
  • 金属クラスターの構造のグラフ理論的解釈(4)
    (第31回DV-Xα研究会 2018)
  • 分子動力学法による溶媒抽出機構の解明 ~クラウンエーテルによるアルカリ金属イ オンの溶媒抽出~
    (日本化学会第95春季年会(2015) 2015)
  • 金属クラスターの構造のグラフ理論的解釈(3)
    (第26回DV-Xα研究会 2013)
  • グラフ理論による1価の金属クラスター構造の安定性の解釈
    (日本コンピュータ化学会2013年春季年会 2013)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 1988 東京大学 理学系研究科 化学
  • - 1987 岡山大学 理学研究科 化学
  • - 1985 東京大学 理学部 化学科
学位 (1件):
  • 理学博士 (東京大学)
委員歴 (1件):
  • 2008/01 - 2013/08 評価委員(国家公務員採用二種試験(化学)試験専門委員)
受賞 (1件):
  • 2005/08 - 第4回DV-Xα研究協会 功績賞 (課題名:DV-Xα法の材料科学への展開 並びに 同協会への貢献)
所属学会 (4件):
日本コンピュータ化学会 ,  日本表面真空学会 ,  日本化学会 ,  DV-Xα研究協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る