研究者
J-GLOBAL ID:200901046855069740   更新日: 2022年06月30日

内田 欣吾

ウチダ キンゴ | Uchida Kingo
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.chem.ryukoku.ac.jp/uchida/index.htmlhttp://www.chem.ryukoku.ac.jp/uchida/
研究分野 (2件): 機能物性化学 ,  有機合成化学
研究キーワード (5件): 撥水性・親水性 ,  表面形状変化 ,  光スイッチ ,  光記録 ,  フォトクロミズム
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2019 - 2022 新規な液晶性化合物:カラミチックーディスコチック双液晶性における相転移メカニズム
  • 2017 - 2022 ナノ光学と光カオスを用いた超高速意思決定メカニズムの創成
  • 2014 - 2019 光応答性超分子複合システムの創生
  • 2011 - 2012 生物表面の微細な立体構造に学んだ新しい光応答機能膜の作成
  • 2011 - 2012 生体表面を模倣した特殊機能をもつ光応答性材料の開発
全件表示
論文 (186件):
  • Yuma Nakagawa, Tatsuya Hishida, Eri Hatano, Kimio Sumaru, Kana Morishita, Masakazu Morimoto, Satoshi Yokojima, Shinichiro Nakamura, Kingo Uchida. Photoinduced cytotoxicity of photochromic symmetric diarylethene derivatives: the relation of structure and cytotoxicity. Organic & Biomolecular Chemistry. 2022. 20. 15. 3211-3217
  • Hsiuhui Chen, Haochun Yang, Hanwen Kuo, Weiting Ko, Kingo Uchida, Hiroyuki Yoshida. Photo-switching behaviour in liquid crystalline materials incorporating a non-planar dithienylcyclopentene core and their birefringence properties. Liquid Crystals. 2022. 1-13
  • 真田 ひかる, 松本 宏紀, 西村 裕行, 中村 啓人, 太田 昇, 清水 洋, 内田 欣吾. 棒状と円盤状の分子形態をもつ液晶分子の熱および光相転移の解析2. SPring-8/SACLA利用研究成果集. 2022. 10. 1. 8-12
  • Hirotsugu Suzui, Kazuharu Uchiyama, Keito Takase, Ryo Nakagomi, Luna Kono, Kingo Uchida, Nicolas Chauvet, Ryoichi Horisaki, Hirokazu Hori, Makoto Naruse. Double-probe atomic force microscopy for observing spatiotemporal dynamics in a photochromic thin film. Applied Physics Letters. 2022. 120. 7. 071105-071105
  • Yohei Hattori, Ryota Kitajima, Ryota Matsuoka, Tetsuro Kusamoto, Hiroshi Nishihara, Kingo Uchida. Amplification of luminescence of stable radicals by coordination to NHC-gold(i) complex. Chemical Communications. 2022. 58. 15. 2560-2563
もっと見る
MISC (44件):
特許 (14件):
  • 光硬化型接着剤及びそれを用いる接着方法
  • 光学用プラスチック材料
  • 光学用重合硬化用組成物
  • 1,3-ジオキソラン誘導体の重合抑制剤
  • プラスチックレンズ
もっと見る
書籍 (20件):
  • シロアリの翅を模した二重ぬれ性をもつ表面構造の作成
    シーエムシー出版 2021
  • シロアリの翅の表面構造と特殊な濡れ性を模倣した結晶膜の作成
    公益社団法人 日本しろあり対策協会 2021
  • Crystallization Control of the Photoresponsible Diarylethene Film with an Aluminum Plasmonic Chip
    Springer, Berlin 2020
  • Biomimetic Functions by Microscopic Molecular Reactions in Macroscopic Photoresponsive Crystalline System
    Springer, Berlin 2020
  • CSJ カレントレビュー 35 有機・無機材料の相転移ダイナミクス 数理から未来のマテリアル開発まで
    日本化学会編・化学同人 2020 ISBN:9784759813951
もっと見る
講演・口頭発表等 (24件):
  • 生物に学んだ光応答性結晶システム
    (計算で物事を理解する予測する~産業界の実問題に立ち向かうサイエンス~ 理化学研究所講演会 ZOOMオンライン開催 2021)
  • 水滴を集めるシロアリの翅の構造を模した機能表面をもつ素材開発
    (生物の持つ特徴を活用した造水技術の実用化に向けて 講演会 しが水環境ビジネス推進フォーラム研究・技術分科会 2021)
  • Photoresponsive Crystals of Molecular Photoswitches
    (The 10th East Asia Symposium of Functional Dyes and Advanced Materials (EAS10), (online) 2021)
  • 光応答性機能材料を利用した超撥水材料
    ((一社)表面技術協会関西支部主催 令和3年度1回表面物性研究会 2021)
  • Photoinduced Swing of a Diarylethene Thin Broad Sword Shaped Crystal
    (LIA (International Associated Laboratory) NanoSynergetics, 5th Nanosynergetics Workshop 2020)
もっと見る
Works (3件):
  • CREST-JST「分子の特性を最大に引き出すナノサイズ構造体がつくる場の研究」研究代表者 中村振一郎 三菱化学
    2004 - 2007
  • ACT-JST「フォトクロミック動作系の理論計算による徹底解剖」研究代表者 中村振一郎 三菱化学
    2000 - 2002
  • CREST-JST「完全フォトクロミック反応系の構築」代表者 入江正浩 九州大学教授
    1998 - 2002
学歴 (2件):
  • 1982 - 1984 九州大学 分子工学専攻
  • 1978 - 1982 山口大学 工業化学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (九州大学)
経歴 (5件):
  • 2020/04 - 現在 龍谷大学 先端理工学部 応用化学課程 教授
  • 2002/04 - 2020/03 龍谷大学 理工学部 物質化学科 教授
  • 1997/04 - 2002/03 龍谷大学理工学部 助教授
  • 1989/04 - 1997/03 九州大学 機能物質科学研究所 助手
  • 1984/04 - 1989/03 通商産業省工業技術院大阪工業技術試験所 (現 産業技術総合研究所関西 研究員
委員歴 (3件):
  • 2020/04 - 現在 近畿化学協会機能性色素部会 部会長
  • 2014/02 - 2020/03 近畿化学協会機能性色素部会 運営委員
  • 2007/08 - 2013/08 International Symposium on Photochromism member of the International Scientific Committee
受賞 (1件):
  • 2020/05 - 日本塗装技術協会 協会賞(編集委員長賞) 光照射により可逆的に生成する超撥水性表面と超親水性表面
所属学会 (7件):
アメリカ化学会 ,  近畿化学協会 ,  光化学協会 ,  高分子学会 ,  日本化学会 ,  The American Chemical Society ,  The Chemical Society of Japan
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る