研究者
J-GLOBAL ID:200901046877505217   更新日: 2020年07月15日

井上 徳光

イノウエ ノリミツ | Inoue Norimitu
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.wakayama-med.ac.jp/dept/igakubu/1606031/index.html
研究分野 (1件): 医化学
研究キーワード (5件): がん代謝 ,  補体 ,  腫瘍免疫 ,  先天性GPI欠損症 ,  発作性夜間ヘモグロビン尿症
競争的資金等の研究課題 (15件):
  • 2019 - 2022 「高乳酸」シグナルによって形成されるがん免疫環境を打破する画期的治療法の開発
  • 2019 - 2022 先天性GPI欠損症をはじめとする先天性糖鎖異常症のバイオマーカーの検索と診断法の確立
  • 2018 - 2021 イヌiPS細胞由来間葉系幹細胞を用いた難治性疾患治療薬の開発
  • 2016 - 2019 がんから放出される免疫メディエーター「乳酸」のシグナル分子機構
  • 2017 - 2019 新規補体測定系の開発と構築により補体関連疾患の病態を解明する
全件表示
論文 (34件):
  • 大谷 克城, 井上 徳光, 日高 義彦, 若宮 伸隆. 補体検査系10項目の構築とそれらの基準値策定. 補体. 2019. 56. 2. 13-22
  • Hashimoto T, Kanazawa N, Inoue N. Anticomplement therapy in bullous pemphigoid. The British journal of dermatology. 2019. 181. 3. 448-449
  • 藤山 信弘, 田崎 正行, 蔦原 宏一, 松本 明彦, 原 悠太, 原田 浩, 豊田 麻理子, 岩見 大基, 乾 政志, 井上 徳光, 若宮 伸隆, 佐藤 滋. 腎移植後TMAの現状と対策 腎移植後TMA発症のリスク因子及び補体関連因子を評価する多施設共同探索的研究(第2報). 移植. 2019. 54. 総会臨時. 187-187
  • 日高 義彦, 井上 徳光, 中村 道子, 福森 泰雄, 大谷 克城, 若宮 伸隆. 補体検査プロジェクト報告 検査受諾状況と遺伝子検査. 補体. 2019. 56. 1. 21-22
  • 大谷 克城, 井上 徳光, 日高 義彦, 中村 道子, 福森 泰雄, 若宮 伸隆. 補体検査プロジェクト報告 補体関連タンパク質検査. 補体. 2019. 56. 1. 23-24
もっと見る
MISC (19件):
  • 若宮 伸隆, 大谷 克城, 日高 義彦, 井上 徳光. 【補体標的治療の現状と展望】補体関連疾患に対する新規治療法. BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩. 2019. 71. 6. 0555-0564
  • 大谷 克城, 日高 義彦, 井上 徳光, 若宮 伸隆. 【溶血性貧血up to date】補体系の役割と補体関連疾患. 血液内科. 2019. 78. 2. 184-191
  • 宮田敏行, 井上徳光. 血栓と補体. 補体. 2018. 55. 2. 13-44
  • 井上 徳光. 補体とその活性化. 季刊誌「分子リウマチ治療」. 2018. 11. 4
  • 井上 徳光. 補体の病気と検査. 医療情報誌シュネラー. 2018. 108. Autumn. 20-24
もっと見る
特許 (2件):
書籍 (5件):
  • 獲得免疫
    南江堂 2018
  • Pathogenesis of Clonal Dominance in PNH; Growth Advantage in PNH
    Springer Japan 2017
  • GPI mannose extension (PIGM, PIGV, PIGB, PIGZ)
    Springer-Verlag Berlin Heidelberg 2013
  • Map5: Biosynthetic Pathway of GPI-anchor
    Springer-Verlag Berlin Heidelberg 2013
  • PNH型細胞のクローン性拡大の機序
    医薬ジャーナル社
講演・口頭発表等 (6件):
  • がんの高乳酸環境と免疫制御
    (第22回日本がん免疫学会総会 2018)
  • 補体とTMA
    (第45回日本集中治療医学会学術集会 2018)
  • がん微小環境における乳酸と免疫応答
    (第15回がんとハイポキシア研究会 2017)
  • 補体を知って補体の病気を考える
    (第59回日本小児血液・がん学会学術集会 2017)
  • 9. 補体関連疾患に対する網羅的な補体検査システムの構築
    (第54回日本補体学会学術集会 2017)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1989 - 1993 岐阜大学大学院医学研究科
  • 1982 - 1988 岐阜大学 医学部
学位 (1件):
  • 医学博士 (岐阜大学大学院)
経歴 (6件):
  • 2019/01 - 現在 和歌山県立医科大学 教授
  • 2017/04 - 2018/12 大阪国際がんセンター研究所 部長
  • 2001/04 - 2017/03 地方独立行政法人大阪府立病院機構 大阪府立成人病センター研究所 部長
  • 1999/11 - 2001/03 大阪大学微生物病研究所 助教授
  • 1999/09 - 1999/11 大阪大学微生物病研究所 助手
全件表示
所属学会 (9件):
日本免疫不全自己炎症学会 ,  International Complement Society ,  日本がん免疫学会 ,  日本免疫学会 ,  日本血液学会 ,  日本癌学会 ,  日本補体学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本小児科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る