研究者
J-GLOBAL ID:200901046882129789   更新日: 2016年09月27日

野村 亜由美

ノムラ アユミ | Nomura Ayumi
研究分野 (9件): 医療管理学、医療系社会学 ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  医療管理学、医療系社会学 ,  地域研究 ,  文化人類学、民俗学 ,  基礎看護学
研究キーワード (21件): スリランカ ,  ストレス ,  認知症 ,  津波 ,  精神保健 ,  自然災害 ,  国際保健 ,  異文化看護 ,  文化人類学 ,  国際協力 ,  看護 ,  PTSD ,  高齢者 ,  ドミニカ共和国 ,  地域研究 ,  国際研究者交流 ,  医学教育 ,  人口高齢化 ,  教育ソフト ,  民族誌 ,  医療人類学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2013 - 2017 津波被災後の高齢者の外傷後成長と認知症に関する学際的研究-老いの成熟を目指して
  • 2013 - 2016 東アフリカにおける「早すぎる高齢化」とケアの多様性をめぐる学際的研究
  • 2009 - 2011 津波被災後のスリランカにおける高齢者の心的外傷と認知症に関する医療人類学的研究
  • 2009 - 2011 ソーシャル・キャピタルと心的外傷後ストレス障害の回復に関するマルチレベル分析
  • 2006 - 2007 スリランカにおける津波被災後の心的外傷後ストレス障害と認知症の関連要因
全件表示
論文 (11件):
  • 野村 亜由美, ノムラ アユミ, NOMURA Ayumi. 変動する生老病死. Field+ : フィールドプラス : 世界を感応する雑誌 / 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 [編]. 2013. 9. 6-6
  • 早川 肇, 野村 亜由美. 探究型学習による問題作成の教育的効果(8数学的な見方や考え方・学習指導法,中学校,第91回全国算数・数学教育研究(京都)大会第56回近畿算数・数学教育研究(京都)大会日本数学教育学会第91回総会). 日本数学教育学会誌. 臨時増刊, 総会特集号. 2009. 91
  • 早川 肇, 野村 亜由美. インターネットを使った探求型学習の教育効果. 日本教育工学会研究報告集. 2009. 2009. 1. 105-112
  • 田代 隆良, 花田 裕子, 野村 亜由美. 韓国晋州保健大学との学術交流報告 : 韓国を訪問して. 保健学研究. 2006. 19. 1. 55-68
  • 野村 亜由美. ぼけ老人のいない島の隣保相扶. 熊本文化人類学. 2005. 4. 81-92
もっと見る
講演・口頭発表等 (1件):
  • わが国の看護基礎教育における国際看護教育の現状と課題
    (愛媛県立医療技術大学紀要(Web) 2014)
学位 (1件):
  • 博士(医学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る