研究者
J-GLOBAL ID:200901046954183694   更新日: 2021年05月18日

吉村 あき子

ヨシムラ アキコ | YOSHIMURA Akiko
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 英語学
研究キーワード (11件): 言語学・英語学 ,  意味論・語用論 ,  認知語用論 ,  推論 ,  否定極性 ,  発話解釈 ,  コミュニケーション ,  メタファー ,  アイロニー ,  明示的意味 ,  非明示的意味 (推意)
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2018 - 2023 アイロニーと認識に関する認知語用論的研究
  • 2014 - 2018 「推意と推論規則に関する認知語用論的研究 ー推意導出のメカニズムー」
  • 2011 - 2013 否定のタクソノミーに関する認知語用論的研究 -記述否定・メタ言語否定再考ー
  • 2007 - 2009 メタファー発話の解釈プロセスに関する認知語用論的研究
  • 2005 - 2007 メタ表示能力と言語獲得に関する認知語用論的研究
全件表示
論文 (44件):
  • 吉村あき子. 「アイロニーとアブダクション」(単著). 『欧米言語文化研究』. 2020. 第8号,. 43-59,
  • YOSHIMURA Akiko. “Another Property of Irony: Findings from Observing Story Ironies” (single-author). _Studies in European and American Language and Culture_,. 2019. Vol.7,. 15-35,
  • 吉村あき子. 「Have you seen him yet?は なぜ「彼にもう会いましたか?」なのか」(単著). 『英語学を英語授業に活かす-市河賞の精神(こころ)を受け継いで-』開拓社,. 2018. 285-304,
  • 吉村あき子. 「分析的推意と拡張的推意」(単著). 『欧米言語文化研究』. 2017. 第5号,. 23-45,
  • 吉村あき子. 「帰属否定のノデハナイとワケデハナイ」(単著). 『<不思議>に満ちたことばの世界ー中島平三教授退職記念刊行物ー』. 2017. 465-470,
もっと見る
MISC (14件):
  • 吉村あき子. 「語用論とコミュニケーション」(単著) (書評:今井邦彦 監訳、岡田聡宏/井門亮/松崎由貴/古牧久典 訳2013『語用論キーターム事典』開拓社). 『英語教育』(大修館書店). 2014. Vol.63. 5. 91-92,
  • 吉村あき子. 「発話の明示的意味の内部レベル」. NWU Today. 2013. Vol.21,. 6,
  • 吉村あき子. 「意味を科学する」(単著) (書評:今井邦彦・西山佑司 2012『ことばの意味とは何だろう』岩波書店). 『英語教育』(大修館書店). 2013. Vol.61. 13. 95-96,
  • 吉村あき子. 「ことばが面白いと思ったのは...」(単著). 『リレーエッセイ ことばと言語学を考える』(言語学出版社フォーラム). 2009
  • 吉村あき子. 書評空間:ロビン・カーストン 著, 内田聖二・西山祐司・武内道子・山崎英一・松井智子訳『思考と発話 -明示的伝達の語用論』 研究社 (原著:Robyn Carston (2002) Thoughts and Utterances: The Pragmatics of Explicit Communication, Blackwell). 月刊『言語』(大修館書店). 2008. Vol.37. No.7. 119,
もっと見る
書籍 (13件):
  • 『否定の博物誌』(共訳)
    ひつじ書房 2018 ISBN:9784894765771
  • 『言語の認知とコミュニケーション -意味論・語用論, 認知言語学, 社会言語学-』(共著)
    開拓社 2018 ISBN:9784758913720
  • 『日英対照 英語学の基礎』(共著)
    くろしお出版 2013 ISBN:9784874246009
  • 『ことばを見つめて』(共編著)
    英宝社 2012 ISBN:9784269770454
  • 『否定と言語理論』(共編著)
    開拓社 2010 ISBN:9784758921527
もっと見る
講演・口頭発表等 (41件):
  • 「アイロニーと推論」
    (第34回 奈良女子大学 英語学・言語学研究会 研究発表 2020)
  • “Another Property of Irony: Findings from Observing Story Ironies”
    (16th International Pragmatics Conference, Lecture (IPrA16), (at The Hong Kong Polytechnic University, Hong Kong, CHINA) 2019)
  • “On Story Irony”
    (The 29th Nara Women’s University Linguistics Seminar, Oral Presentation, 2019)
  • 「コミュニケーションにおける推意導出プロセスと推論規則」
    (第95回待兼山ことばの会 招待講演, 2015)
  • 「演繹される推意と創作される推意」
    (日本英語学会第33回大会 (於関西外国語大学), 研究発表(招待), 2015)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 1993 - 1993 University of London Linguistic Department
  • 1990 - 1993 大阪大学 博士後期課程
  • 1988 - 1990 大阪大学 博士前期課程
  • 1979 - 1983 大阪大学 文学科 英語学専攻
学位 (2件):
  • 文学修士 (大阪大学)
  • 博士(文学) (大阪大学)
経歴 (4件):
  • 2012/04 - 現在 奈良女子大学 研究院 人文科学系 教授
  • 2017/04 - 2021/03 奈良女子大学 副学長(国際交流担当)
  • 2005/04 - 2012/03 奈良女子大学 文学部 教授
  • 1999/04 - 2005/03 奈良女子大学 文学部 助教授
委員歴 (17件):
  • 2018/04 - 現在 日本英語学会 理事
  • 2010/07 - 現在 日本英語学会 評議員
  • 2019/04 - 2021/03 奈良市立一条高等学校 学校評議員
  • 2016/02 - 2020/01 奈良地方裁判所 地方裁判所委員会委員
  • 2014/10 - 2018/09 阪大英文学会 運営委員
全件表示
受賞 (2件):
  • 2015/10 - 日本学術振興会 科学研究費助成事業審査委員表彰 (書面審査)
  • 1999/10 - 一般財団法人 語学教育研究所 第33回 市河三喜賞 『否定極性現象』(1999, 英宝社)
所属学会 (12件):
American Pragmatics Association ,  日本語用論学会 ,  Linguistic Society of America ,  Linguistics Association of Great Britain ,  Berkeley Linguistics Society ,  Internatioanl Pragmatics Association ,  関西言語学会 ,  日本言語学会 ,  日本英語学会 ,  阪大英文学会 ,  日本英文学会 ,  日本認知科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る