研究者
J-GLOBAL ID:200901047011450533   更新日: 2020年10月03日

後藤 知代

ゴトウ トモヨ | GOTO Tomoyo
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (4件): 環境材料、リサイクル技術 ,  無機物質、無機材料化学 ,  生体材料学 ,  生体医工学
研究キーワード (6件): ガスセンサ ,  バイオセラミックス ,  水熱合成 ,  リン酸カルシウム ,  水酸アパタイト ,  Hydroxyapatite
競争的資金等の研究課題 (15件):
  • 2020 - 2023 光学的インジケータ機能を有する高機能リン酸カルシウム環境浄化材料の開発
  • 2020 - 2021 ソルボサーマル処理による有機修飾型リン酸八カルシウムの結晶学的特性変化
  • 2019 - 2021 チタン系生体材料に発現する長期抗菌性の機構解明
  • 2019 - 2020 溶液プロセスを利用した天然資源由来の浄化材料の開発
  • 2019 - 2020 酸化物ナノチューブを基材とするガスセンサの開発
全件表示
論文 (44件):
  • Shengfang Shi, Tomoyo Goto, Sunghun Cho, Tohru Sekino. Development of Ti dispersed ZrO2 composites and their room-temperature crack-healing behaviors. Journal of Alloys and Compounds. 2021. 851. 156895-156895
  • Shengfang Shi, Sunghun Cho, Tomoyo Goto, Tohru Sekino. The effects of sintering temperature on mechanical and electrical properties of Al2O3/Ti composites. Materials Today Communications. 2020. 25. 101522-101522
  • Yeongjun Seo, Tomoyo Goto, Sung Hun Cho, Shengfang Shi, Aleksej Žarkov, Taisei Yamamoto, Tohru Sekino. Low-temperature mineralization sintering process for fabrication of fluoridated hydroxyapatite-containing bioactive glass. Ceramics International. 2020. 46. 16. 25520-25526
  • Yeongjun SEO, Tomoyo GOTO, Hisataka NISHIDA, Sung Hun CHO, Aleksej ZARKOV, Taisei YAMAMOTO, Tohru SEKINO. Low-temperature mineralization sintering process of bioactive glass nanoparticles. Journal of the Ceramic Society of Japan. 2020. 128. 10. 783-789
  • Shengfang Shi, Sunghun Cho, Tomoyo Goto, Tohru Sekino. Role of CeAl11O18 in reinforcing Al2O3/Ti composites by adding CeO2. International Journal of Applied Ceramic Technology. 2020
もっと見る
MISC (15件):
  • 後藤 知代. 研究経歴の一例. 生産と技術. 2019. 71. 69-71
  • 後藤 知代, 笹木 圭子. 魚骨由来の水酸アパタイトを利用した浄化材料の開発. Journal of the Society of Inorganic Materials, Japan. 2018. 25. 297-303
  • Sotaro Baba, Tomoyo Goto, Sung Hun Cho, Tohru Sekino. Synthesis of silicon nitride ceramic fibers and the effect of nitrogen atmosphere on their morphology. Materials Science Forum. 2018. 922. 92-97
  • Tomoyo Goto, Sung Hun Cho, Chikara Ohtsuki, Tohru Sekino. Solvothermal synthesis of TiO2-modified hydroxyapatite using water-isopropanol solution. Materials Science Forum. 2018. 922. 86-91
  • 後藤 知代. 水酸アパタイトを基材とする浄化材料の水熱合成と特性制御. セラミックス. 2017. 52. 7. 492-493
もっと見る
講演・口頭発表等 (149件):
  • Sorption properties of Co2+ and Zn2+ on Titania Nanotubes Synthesized by Solution Processing
    (5th Global Congress & Expo on Materials Science & Engineering (GCEMSE-2019) 2019)
  • Room-Temperature Crack Healing and Properties Recovery for Ti-dispersed Al2O3-based Multifunctional Ceramic Composites
    (5th Global Congress & Expo on Materials Science & Engineering (GCEMSE-2019) 2019)
  • Study on Synthesis and Characterization of Lepidocrocite-type Titanate using Peroxo Titanium Complex Ion as a Precursor for Low Alkali Bottom-up Approach
    (5th Global Congress & Expo on Materials Science & Engineering (GCEMSE-2019) 2019)
  • ソルボサーマル法により合成した針状水酸アパタイトの色素吸着特性
    (日本セラミックス協会2019年年会 2019)
  • 体液模倣環境を利用したAp-TNT 複合粒子の作製
    (日本セラミックス協会2019年年会 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2008 - 2012 名古屋大学 結晶材料工学専攻 博士課程後期課程
  • 2006 - 2008 奈良先端科学技術大学院大学 博士前期課程
  • 2002 - 2006 近畿大学 基礎機械工学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (名古屋大学)
経歴 (5件):
  • 2015/05 - 現在 大阪大学 産業科学研究所 総合解析センター 助教(兼任)
  • 2015/02 - 現在 大阪大学 産業科学研究所 第2研究部門(材料・ビーム科学系) 先端ハード材料研究分野 助教
  • 2014/04 - 2015/02 独立行政法人産業技術総合研究所(中部センター) 先進製造プロセス研究部門 電子セラミックプロセス研究グループ 産総研特別研究員
  • 2012/04 - 2014/03 九州大学 大学院工学研究院 地球資源システム工学部門 学術研究員
  • 2012/04 - 2012/04 名古屋大学 大学院工学研究科 結晶材料工学専攻 研究員
委員歴 (10件):
  • 2018/06 - 現在 日本セラミックス協会 資源・環境関連材料部会 役員
  • 2017/05 - 現在 日本セラミックス協会 協会誌編集委員会委員
  • 2017/04 - 現在 日本セラミックス協会 関西支部 企画委員
  • 2019/12 - 2020/09 日本セラミックス協会 第33回秋季シンポジウム 特定セッション「ナノクリスタルが拓く新しいセラミックス技術」オーガナイザー
  • 2020/01 - 2020/03 日本セラミックス協会 2020年年会 プログラム編成委員
全件表示
受賞 (5件):
  • 2017/11 - The 33rd International Korea-Japan Seminar on Ceramics Young Ceramist Best Presentation Award ”Adsorption and Photocatalytic Decoloration of Acidic Dye on TiO2-modified Hydroxyapatite obtained by Hydrothermal Synthesis
  • 2016/12 - ニューセラミックス懇話会 第225回特別研究会 優秀ポスター賞 「酸化チタンナノ粒子を担持した水酸アパタイトの光触媒特性」
  • 2015/08 - TAM2015 (Tech-connection of Advanced Materials) TAM Poster Presentation Award "Morphological changes of hydroxyapatite synthesized by solvothermal treatment of α-tricalcium phosphate: effects of alcohol"
  • 2014/12 - 日本セラミックス協会 平成26年度日本セラミックス協会東海支部学術研究発表会 優秀講演賞 「マイクロ熱電式ガスセンサのCO 応答に対するAu 担持金属酸化物触媒の特性比較」
  • 2013/06 - 日本セラミックス協会 2012JCerSJ優秀論文賞 "Comparative study of hydroxyapatite formation from α- and β-tricalcium phosphates under hydrothermal conditions"
所属学会 (3件):
ニューセラミックス懇話会 ,  日本バイオマテリアル学会 ,  日本セラミックス協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る