研究者
J-GLOBAL ID:200901047052159576   更新日: 2021年10月21日

佐藤 正幸

サトウ マサユキ | Sato Masayuki
所属機関・部署:
職名: 名誉教授
ホームページURL (1件): http://erdb.yamanashi.ac.jp/rdb/A_DispInfo.Scholar/1_3/27A0C83F262749EE.html
研究分野 (4件): 思想史 ,  思想史 ,  史学一般 ,  史学一般
研究キーワード (4件): 歷史思想史 ,  歴史理論 ,  歴史学史 ,  歴史教育
競争的資金等の研究課題 (15件):
  • 2015 - 2019 キリスト紀年の世界共通紀年化に関する思想史的研究
  • 2011 - 2014 「歷史とは何か」の歴史教育カリキュラムへの導入
  • 2010 - 2012 認識方法としての歴史と規範としての歴史に関する国際的総合研究
  • 2007 - 2010 日本における史学研究の最近の動向について
  • 2005 - 2008 歴史学における規範と認識:21世紀歴史叙述の存立基盤に関する国際的総合研究
全件表示
論文 (57件):
  • 佐藤正幸. 人は歴史的時間をいかに構築してきたか. 岩波講座世界歴史第1巻. 2021. 1. 85-112
  • 佐藤 正幸. 「西洋史学はディシプリンかー母国語による近代化の上に成立した世界的にユニークな学問」. 西洋史学. 2016. 260. 42-55
  • 佐藤 正幸. 「西ヨーロッパと東アジアにおけるヒストリオグラフィーのアーキタイプ研究」. 山梨国際研究. 2016. 11. 82-98
  • Masayuki Sato. "Time, Chronology, and Periodization in History". International Encyclopedia of the Social & Behavioral Sciences, 2nd edition. 2015. Vol. 24,. 409-414
  • Masayuki Sato. "Historical Thought and Historiography: East Asia". International Encyclopedia of the Social & Behavioral Sciences, 2nd edition. 2015. Vol 11,. 48-53
もっと見る
MISC (19件):
  • 佐藤正幸. 「ホモ・ヒストリクスは年を数える」(13)--誕生日文化と命日文化(下). The Page; https://news.yahoo.co.jp/articles/f3c3f70043b8cc5dc622f09046e6214871139023. 2019
  • 佐藤正幸. 「ホモ・ヒストリクスは年を数える」(12)--誕生日文化と命日文化(上). The Page; https://news.yahoo.co.jp/articles/2fd196bc1223035bf798a855d327f722f16cb389. 2019
  • 佐藤正幸. 「ホモ・ヒストリクスは年を数える」(11)~キリスト紀年を表す造語『西暦』~ 脱宗教化による文化移入こそ明治日本の英知. The Page; https://news.yahoo.co.jp/articles/c7ef923b5c9b32d859eb8d11f72d52344adcd58e?page=2. 2019
  • 佐藤正幸. 「ホモ・ヒストリクスは年を数える」(10)~キリスト紀年を表す造語『西暦』~ 西暦に代わる通年紀年法としての皇紀. The Page; https://news.yahoo.co.jp/articles/55d9d3e04056348f028e0f9acd34ab326bce3675. 2019
  • 佐藤正幸. 「ホモ・ヒストリクスは年を数える」(9)~キリスト紀年を表す造語『西暦』~ 明治以降における西暦誕生のプロセス. The Page; https://news.yahoo.co.jp/articles/08b0e73d79c781e26f3460210359ee00572c1a17. 2019
もっと見る
書籍 (30件):
  • 岩波講座世界歴史第1巻 世界史とは何か 2021年10月
    2021
  • 『历史认识的时空』
    上海三联书店 2019
  • International Encyclopedia of the Social & Behavioral Sciences, 2nd edition
    Oxford: Elsevier 2015
  • The Oxford History of Historical Writing 1400-1800 (Volume3)
    Oxford University Press 2012
  • 『世界史における時間』
    山川出版社 2009
もっと見る
講演・口頭発表等 (103件):
  • Migration and Seclusion in Japanese History Education
    (International Society of History Didactics Annual Conference 2019)
  • East Asian History of Historiology in Comparative Perspective
    (The NAMO Conference on World Historiography (University of Poznan, Poland) 2019)
  • East Asian Philosophy and Practice of Writing History
    (The ICHTH Workshop meeting 2018)
  • Visualization of Historical Time
    (The 3rd INTH network Conference 2018)
  • Chorological Writings and Chronological Tables
    (William Camden and Early Modern Antiquarianism 2018)
もっと見る
Works (6件):
  • 国際学会主催:日本学術振興会国際研究集会"Historical Studies in the 21st Century" 主催責任者兼基調講演者
    佐藤正幸 2006 - 2006
  • 国際学会主催:文部科学省国際シンポジウム "Cognitive Historiography Normative Historiography" 主催責任者兼基調講演者
    佐藤正幸 2003 - 2003
  • 国際学会主催:山梨大学国際研究集会 "Ethical Possibilities of History" 主催責任者兼基調講演者
    佐藤正幸 2002 - 2002
  • 国際学会主催:第19回国際歴史学会議オスロ大会全体会 "The Construction and Division of Time: Chronology and Periodization" 主催責任者兼基調講演者
    佐藤正幸 2000 - 2000
  • 国際学会主催:日本学術振興会国際研究集会 "The Year 2000: Chronological Reckoning in World Perspective" 主催責任者兼基調講演者
    佐藤正幸 1999 - 1999
もっと見る
学歴 (4件):
  • 1976 - 1977 Rotary Graduate Student, Faculty of History, University of Cambridge (Churchill College)
  • 1972 - 1975 慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程史学専攻(西洋史)
  • 1970 - 1972 慶應義塾大学大学院文学研究科修士課程哲学専攻(哲学)
  • 1966 - 1970 慶應義塾大学
学位 (2件):
  • 文学修士 (慶應義塾大学)
  • 経済学士 (慶應義塾大学)
経歴 (30件):
  • 2015/08 - 現在 Honorary Member of the International Commission for the History and Theory of Historiography
  • 2012/04 - 現在 山梨大学教育学部名誉教授
  • 1988 - 現在 慶應義塾福沢研究センター客員研究員
  • 2017/09 - 2019/09 NAMO Visiting Professor, Adam Mickiewicz University, Poznan, Poland
  • 2012/04 - 2017/03 山梨県立大学国際政策学部特任教授
全件表示
委員歴 (7件):
  • 2015/08 - 現在 Honorary Member of the International Commission for the History and Theory of Historiography(歴史学史と歴史理論に関する国際委員会名誉会員)
  • 2010/08 - 2015/08 Ex Officio (as past President) of the International Commission for the History and Theory of Historiography (歴史学史と歴史理論に関する国際委員会官職指定理事[前会長])
  • 2005/07 - 2010/07 President of the International Commission for the History and Theory of Historiography(歴史学史と歴史理論に関する国際委員会会長)
  • 1999/04 - 2010/03 日本学術会議史学委員会連携委員
  • 2001/09 - 2008/09 Board Member of the International Society for History Didactics(国際歴史教育学会理事)
全件表示
受賞 (35件):
  • 2017/09 - 2017-2019 NAMO Visiting Professorship Award, Poznan University, Poland
  • 2015 - 2015-2018 Japan Scientific Research Foundation Fellow
  • 2011 - 2011-2012 Funow Foundation Research Grant
  • 2010 - 2010-2015 Japan Scientific Research Foundation Fellow
  • 2007/04 - 2007-2011 日本学術振興会学術システム研究基金
全件表示
所属学会 (5件):
International Commission for the History and Theory of Historiography(President:2005-2010, Secretary General:2000-2005, Bureau member:1995-2010) ,  International Society for Intellectual History ,  International Society for History Didactics(Board member:2001-2008) ,  日本西洋史学会 ,  三田史学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る