研究者
J-GLOBAL ID:200901047161087763   更新日: 2020年05月31日

安福 勝

アブク マサル | Abuku Masaru
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://sites.google.com/site/abukumasaru/
研究分野 (1件): 建築環境、建築設備
研究キーワード (27件): 材料科学 ,  建材 ,  空気質 ,  健康 ,  快適性 ,  文化財 ,  断熱 ,  カビ ,  雨 ,  耐久性 ,  結露 ,  エネルギー ,  湿気 ,  熱 ,  建築物理 ,  建築環境工学 ,  mould ,  driving rain ,  wind-driven rain ,  rain ,  urability ,  condensation ,  energy ,  moisture ,  heat ,  Building Physics ,  Environmental Engineering of Architecture
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2019 - 2022 X線CTを用いた多孔質材料内部の歪の分布測定と熱&水分移動・応力・歪連成解析(課題番号19H05511)
  • 2018 - 2022 歴史的組積造建物及び遺跡の塩類風化メカニズム解明と予防的保存対策の開発
  • 2014 - 2017 歴史的な組積造・石造建造物の塩害進行予測のための実態調査と基礎的実験(課題番号26709043)
  • 2012 - 2015 西スマトラ州パダン歴史地区における文化遺産復興に関する総合的研究
  • 2011 - 2013 古墳壁画の保存・公開における環境制御手法に関する研究
全件表示
論文 (2件):
MISC (8件):
書籍 (1件):
  • IEA Annex 41, Whole Building Heat, Air and Moisture Response, Applications, Indoor environment, energy, durability (分担執筆)5章2節,M. Abuku,H. Janssen,S. Roels,pp.154-157
    Acco,Leuven,Belgium 2008 ISBN:9789033470592
講演・口頭発表等 (2件):
  • Analysis of the impact of cell geometry and swelling on vapor permeability of wood
    (IV European Conference on Computational Mechanics (ECCM 2010) 2010)
  • An onset to whole building simulation: wind-driven rain impact on mould growth risk, indoor climate and energy consumption
    (Building Simulation 2009 (BS2009) 2009)
受賞 (1件):
  • 1) 国際誌 "Building and Environment", 学術論文"Impact, absorption and evaporation of raindrops on building facades"に対して,2009 Best Paper Award for a Young Author
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る