研究者
J-GLOBAL ID:200901047164761694   更新日: 2020年07月18日

石島 達夫

イシジマ タツオ | Ishijima Tatsuo
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://epel.w3.kanazawa-u.ac.jp/https://ridb.kanazawa-u.ac.jp/public/detail_en.php?id=4031
研究分野 (1件): プラズマ応用科学
研究キーワード (1件): プラズマ応用、プラズマ診断、新プラズマ源開発、気液混合プラズマ、重相構造プラズマ、非熱平衡プラズマ、マイクロ波プラズマ、大気圧プラズマ
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2016 - 2018 窒素スカベンジャーを利用した不純物共堆積膜中への水素同位体吸蔵の制御
  • 2014 - 2016 原料間歇同期投入を伴う任意波形変調熱プラズマを用いた高純度ナノ粒子の革新量産技術
  • 2013 - 2015 プラズマ誘起液中化学反応場の解析
  • 2012 - 2014 高分子表面への液中プラズマ照射により発現する界面反応場の解明
論文 (27件):
  • Yulianta Siregar, Yusuke Nakano, Yasunori Tanaka, Yoshihiko Uesugi, Tatsuo Ishijima. Numerical study of temperature and gas flow fields in Ar-O2 tandem-type inductively coupled thermal plasma with Ti feedstock powder injection. Journal of Physics D: Applied Physics. 2019. 52. 41. 414004
  • 中谷 壽男. When plasma jet is effective for chronic wound bacteriai nactivation, is it also effective forwound healing?. Clinical Plasma Medicine. 2019. 14
  • Progress and perspectives in dry processes for leading-edge manufacturing of devices: toward intelligent processes and virtual product development. Japanese Journal of Applied Physics. 2019
  • Taku Iwase, Yoshito Kamaji, Song Yun Kang, Kazunori Koga, Nobuyuki Kuboi, Moritaka Nakamura, Nobuyuki Negishi, Tomohiro Nozaki, Shota Nunomura, Daisuke Ogawa, Mitsuhiro Omura, Tetsuji Shimizu, Kazunori Shinoda, Yasushi Sonoda, Haruka Suzuki, Kazuo Takahashi, Takayoshi Tsutsumi, Kenichi Yoshikawa, Tatsuo Ishijima, Kenji Ishikawa. Progress and perspectives in dry processes for nanoscale feature fabrication: toward intelligent processes and virtual product development. Japanese Journal of Physics. 2019. Vol. 58. pp. SE0804(21pp)
  • Progress and perspectives in dry processes for nanoscale feature fabrication: fine pattern transfer and high-aspect-ratio feature formation. Japanese Journal of Applied Physics. 2019. Vol. 58
もっと見る
MISC (12件):
もっと見る
特許 (18件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (394件):
  • 旋回気流環境下における粉粒体食品の非熱平衡プラズマによる殺菌効果の基礎検討
    (H29 電気学会 全国大会 2017)
  • 異なる化学構造を有するポリマー膜に対する水プラズマアッシングプロセスの分光学的検討
    (第64回応用物理学会春季学術講演会 2017)
  • マイクロ波励起大気圧プラズマ支援による薄膜堆積法の検討
    (H29 電気学会 全国大会 2017)
  • パルス変調型誘導熱プラズマを用いたSi ナノ粒子の大量生成時における原料供給タイミングの光学的検討
    (第64回応用物理学会春季学術講演会 2017)
  • ミニマル装置化に向けた水プラズマアッシング技術の開発
    (第64回応用物理学会春季学術講演会 2017)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2000 - 筑波大学 大学院物理学研究科 物理学専攻
  • - 1995 筑波大学 自然学類 物理学専攻
学位 (1件):
  • 博士(理学) (筑波大学)
経歴 (5件):
  • 2019/04 - 現在 金沢大学 教授
  • 2016/11 - 2019/03 金沢大学 教授
  • 2011/11/01 - 2016/10/31 金沢大学 准教授
  • 2006/10/01 - 2011/10/31 名古屋大学 助教
  • 2000/04/01 - 2006/09/30 名古屋大学 助手
受賞 (1件):
  • 2017/03/15 - 応用物理学会・プラズマエレクトロニクス分科会 第15回プラズマエレクトロニクス賞
所属学会 (5件):
応用物理学会プラズマエレクトロニクス分科会 ,  プラズマ・核融合学会 ,  応用物理学会 ,  電気学会 ,  アジア太平洋物理学会 プラズマ物理学部門
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る