研究者
J-GLOBAL ID:200901047288269402   更新日: 2020年06月08日

田川 雅人

タガワ マサヒト | Tagawa Masahito
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 航空宇宙工学
研究キーワード (1件): 宇宙環境
競争的資金等の研究課題 (18件):
  • 2014 - 2018 高精度テーラーメイド宇宙環境試験のための非熱平衡系多成分高速原子ビーム形成技術
  • 2015 - 2017 計算機援用による大気吸入型イオンエンジン用エアインテイクの試作と実験的評価
  • 2015 - 2017 レーザープラズマ中における分子解離選択抑制技術と火星エアロブレーキング環境試験
  • 2013 - 2017 不活性高質量原子による超低軌道環境における衝突励起材料劣化現象に関する包括的理解
  • 2016 - 宇宙利用を支える宇宙材料劣化研究拠点の形成
全件表示
論文 (190件):
  • Z. Iskanderova, J. Kleiman, F. Bussieres, M. Tagawa, R. Ng, R. Sodhi. Enhancement of atomic oxygen resistance of charge dissipative ion beam treated polymers. 14th International Symposium on Materials in the Space Environment/12th International Conference on protection of Materials and Structures in a Space Environment. 2018
  • Alexandre SIMON, Minoru IWATA, Masahito TAGAWA, Sumitaka TACHIKAWA. Evaluation of vacuum transfer vessel performance to construct cluster type in-situ test facilities network. 14th International Symposium on Materials in the Space Environment/12th International Conference on protection of Materials and Structures in a Space Environmen. 2018
  • Masahito Tagawa, Kazuki Kita, Ryota Okura, Yusuke Fujimoto, Ryo Shirakawa, Teppei Shimizu, Minoru Iwata. Over-estimation of atomic oxygen fluences due to undecomposed oxygen molecules included in hyperthermal beams. 14th International Symposium on Materials in the Space Environment/12th International Conference on protection of Materials and Structures in a Space Environment. 2018
  • Kumiko Yokota, Kazuki Kita, Ryota Okura, Teppei Shimizu, Sze Keat Chee, Minoru Iwata, Masahito Tagawa. One-nozzle two-beam laser-detonation system. 14th International Symposium on Materials in the Space Environment/12th International Conference on protection of Materials and Structures in a Space Environment. 2018
  • Ryo Shirakawa, Hideyuki Usui, Yohei Miyake, Masahito Tagawa, Kazutaka Nishiyama. Plasma particle simulation of ECR plasma generation in Air Breathing Ion Engine (ABIE. Proceedings of the 15th Spacecraft Charging Technology Conference. 2018
もっと見る
MISC (15件):
もっと見る
書籍 (9件):
  • 宇宙機の熱設計
    名古屋大学出版会 2014 ISBN:9784815807580
  • 宇宙機の熱設計
    名古屋大学出版会 2014 ISBN:9784815807580
  • 新版固体潤滑ハンドブック
    養賢堂 2010
  • 熱物性ハンドブック
    養賢堂 2008
  • Enhancement of atomic oxygen-induced erosion of spacecraft polymeric materials by simultaneous ultraviolet exposure
    Springer 2006
もっと見る
講演・口頭発表等 (268件):
  • 惑星高層大気環境模擬のための複合分子線システムの構築とロングノズルの効果について
    (第55日本航空宇宙学会中部・関西支部合同秋季大会 2018)
  • 大気吸入型イオンエンジン放電室内におけるECRプラズマ生成過程の粒子法による数値解析
    (第55日本航空宇宙学会中部・関西支部合同秋季大会 2018)
  • 超低軌道宇宙環境における高分子材料の劣化原因対する考察とSLATSデータとの比較検討
    (第55日本航空宇宙学会中部・関西支部合同秋季大会 2018)
  • 大気吸入型イオンエンジンにおけるECRプラズマ粒子シミュレーション
    (2018年日本表面真空学会学術講演会 2018)
  • 超低軌道宇宙環境での高分子材料の耐性評価とSLATSデータとの比較検討について
    (2018年日本表面真空学会学術講演会 2018)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1989 大阪大学 大学院工学研究科精密工学専攻後期課程修了
学位 (1件):
  • 工学博士 (大阪大学)
経歴 (3件):
  • 1989/04 - 1999/04 神戸大学 助教授
  • 1989/04 - 1999/03 大阪大学 工学部 助手
  • 1994/08 - 1995/07 NASA-JPL 客員研究員
委員歴 (34件):
  • - 現在 応用物理学会 プログラム委員
  • - 現在 日本航空宇宙学会 関西支部幹事
  • 2018 - 15th Spacecraft Charging Technology Conference 現地実行委員会委員
  • 2018 - International Symposium on Materials in Space Environment -14 プログラムコミッティーメンバー
  • 2018 - International Conference on Protection of Materials and Structures from the Space Environment-12 プログラムコミッティーメンバー
全件表示
所属学会 (9件):
日本表面科学会 ,  日本真空協会 ,  日本機械学会 ,  トライボロジー学会 ,  アメリカ化学会 ,  アメリカ航空宇宙学会 ,  電気学会 ,  日本航空宇宙学会 ,  応用物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る