研究者
J-GLOBAL ID:200901047400592912   更新日: 2019年11月25日

真崎 克彦

マサキ カツヒコ | Maski
所属機関・部署:
論文 (8件):
  • 真崎 克彦. 「ブータン王国の国民総幸福(GNH)の歴史的考察-開発計画の来歴の検証を通して-」. 『2017年度大学研究助成 アジア歴史研究報告書』、JFE21世紀財団. 2018. 175-195
  • 真崎 克彦. 「ブータンの民主立憲君主制に対する批判の再考-「現実の多元性」を踏まえた「意味のある価値評価」を目指して-」. 『ヒマラヤ学誌』. 2018. 19. 73-81
  • 真崎 克彦. 「「存在論的転換」によるGNH論の新展望- 二元論的・還元主義的な「反政治装置」批判の超克に向けて -」. 『文化人類学』. 2017. 28. 4. 547-556
  • 真崎 克彦. 「はじめに」、「GNH の源流-ブータンの「良い統治」観」. 国際開発学会 社会連携委員会編 『ブータンの国民総幸福(GNH)- GNH の来歴・現況、その今日的意義』. 2016
  • 真崎 克彦. 「脱成長論の意義と課題-文明論として、実践理論として」. 『国際開発研究』. 2016. 24. 2. 22-33
もっと見る
書籍 (10件):
  • 「オルタナティブ開発論」、国際開発学会 編 『国際開発学辞典』、丸善出版社
    丸善出版社 2018
  • 「グローバル化と格差-より良き未来を探る」、「人の移動と格差」、「ブータンの「国民総幸福(GNH)」-新たな社会福祉に向けた示唆」、中村都 編 『国際関係論へのファースト・ステップ(第2版)』、法律文化社
    法律文化社 2017
  • 「ブータン幸福論を「語る側」と「語られる側」の隔たり-人は「自分の必要に従って今ここで生きている」」、関根久雄 編 『実践と感情-開発人類学の新展開』、春風社
    2015
  • 「構造的暴力」、国際開発学会 編 『国際協力用語集(第4版)』、国際開発ジャーナル社
    2015
  • 「世界の貧困問題をいかに解決できるのか?-国際協力の限界、できること」、上村雄彦 編 『グローバル協力論-地球政治経済論からの接近』、法律文化社
    2014
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(開発学) (サセックス大学)
経歴 (1件):
  • 甲南大学 マネジメント創造学部 教授
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る