研究者
J-GLOBAL ID:200901047441315885   更新日: 2018年10月09日

山本 宏子

ヤマモト ヒロコ | Yamamoto Hiroko
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): 教科教育学、初等中等教育学 ,  美術史 ,  美学、芸術論
研究キーワード (3件): 民族音楽学 ,  音楽学 ,  音楽教育学
MISC (89件):
  • 唱歌による伝統的太鼓音楽の学習. 和文化教育研究紀要. 2015. 9. 19-26
  • 中国の泉州の人形劇「目連救母」ー天界と地獄、観音の救いー. シンポジウム「母を さがして何万里」『目連尊者地獄巡り』報告書 文化庁平成26年度文化遺産を生かした地域活性化事業. 2015. 7-14
  • 山本宏子. ウィーンの鍋型太鼓ティンパニー. 全国日本郷土芸能協会会報. 2014. 53. 18-18
  • トルコの軍楽隊. 全国日本郷土芸能協会会報. 2014. 76. 15-15
  • 山本宏子. トルコのチューリップ時代の片面太鼓ジッリ・デフ. 全国日本郷土芸能協会会報. 2014. 75. 17-17
もっと見る
書籍 (20件):
  • 中央町誌ー民俗編
    2017
  • 楽器をうたおう-唱歌で学ぶ演奏入門
    岡山大学出版会 2017
  • 太鼓の文化誌
    青弓社 2017
  • 音楽文化ー祭・芸能・音楽からみた世界
    岡山大学出版会 2014
  • 『「伝統と文化」に関する教育課程の編成と授業実践』
    風間書房 2012 ISBN:9784759919219
もっと見る
講演・口頭発表等 (23件):
  • 中国地方のジオグラフィーと神楽-備中神楽に視点をあてて-
    (日本民俗音楽学会 糸魚川大会 2013)
  • 「唱歌と太鼓で合奏する雅楽の越天楽-本物に近づけるために-」
    (日本学校音楽教育実践学会 第18回全国大会 2013)
  • 日本音楽・民族音楽の理解のために音楽学が寄与できること-岡山大学における試み
    (日本教育音楽協会、第38回全国音楽部門大学部会 2013)
  • 「民俗音楽の教材化におけるインサイダーとアウトサイダー」
    (日本民俗音楽学会 第23回浜松大会 2009)
  • 南インドの舞踊劇クーリヤッタムにおける太鼓の口唱歌
    (東洋音楽学会 2008)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1978 武蔵野音楽大学 音楽研究科 芸術学
  • - 1976 武蔵野音楽大学 音楽学部 音楽学学科
学位 (3件):
  • 博士(文学、大阪大学) (大阪大学)
  • 修士(芸術学、武蔵野音楽大学) (武蔵野音楽大学)
  • 学士(芸術学、武蔵野音楽大学) (武蔵野音楽大学)
経歴 (6件):
  • 2002 - 2011 慶応義塾大学 非常勤講師
  • 1996 - 2010 文化庁文化財部伝統文化課 調査員
  • 2004 - - 岡山大学教育学研究科 教授
  • 2004 - - 兵庫教育大学大学院連合学校教育学研究科 教授
  • 2000 - 2003 早稲田大学 非常勤講師
全件表示
受賞 (1件):
  • 1994 - 第12回社団法人東洋音楽学会田辺尚雄賞
所属学会 (1件):
民族藝術学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る