研究者
J-GLOBAL ID:200901047505395535   更新日: 2020年08月31日

土橋 良太

ツチハシ リョウタ | Tsuchihashi Ryota
所属機関・部署:
職名: 講師
ホームページURL (2件): http://www.pha.fukuoka-u.ac.jp/~shoyaku/http://www.pha.fukuoka-u.ac.jp/~shoyaku/
研究分野 (1件): 薬系化学、創薬科学
研究キーワード (6件): 肝保護作用 ,  エストロゲン作用 ,  腎保護作用 ,  腸内細菌による代謝 ,  イソフラボン ,  天然薬物
論文 (30件):
  • 金城 順英, 大川 雅史. Two New Triterpene Glycosides in the Roots of Uraria crinita. Chem Pharm Bull. 2019. 67. 2. 159-162
  • 金城 順英, 土橋 良太, 大川 雅史. Seven new resin glycosides from the seeds of Quamoclit × multifida. J Nat Med. 2019. 72. 3. 11-22
  • 金城 順英, 土橋 良太. Role of vasopressin V1a receptor in ∆9-tetrahydrocannabinol-induced cataleptic immobilization in mice. Psychopharmacology. 2017. 2017. 3475-3483
  • 中野 大輔, 土橋 良太, 大川 雅史, 金城 順英. Screening of promising chemotherapeutic candidates from plants against human adult T-cell leukemia/lymphoma (IV): phenanthroindolizidine alkaloids from Tylophora tanakae leaves. J Nat Med. 2015. 69. 3. 397-401
  • 土橋 良太, 中野 大輔, 大川 雅史, 金城 順英. Analysis of Seasonal Variation in the Amounts of Phytochemicals in Kudzu (Pueraria lobata) Leaves Using HPLC with Evaporative Light Scattering Detection. International Journal of Plant Biology and Research. 2015. 3. 1. 397-401
もっと見る
書籍 (1件):
  • 食用豆および大豆加工食品中の活性成分
    薬用食品の開発-薬用・有用植物の機能性食品素材への応用-、シーエムシー出版 2007
講演・口頭発表等 (3件):
  • 抱合化によるフィトケミカルの代謝活性化について
    (平成22年度生理学研究所研究会 糖鎖機能研究会・・・分子レベルでの解明を目指して 2010)
  • ヒト腸内細菌による代謝活性化研究 -「酒毒を解す」生薬・葛花に含まれるイソフラボンの肝保護作用について -
    (第17回天然薬物の開発と応用シンポジウム 2008)
  • Soy Isoflavone Metabolites from Human Urine
    (2006' International Symposium for Pharmaceutical in Beijing 2006)
学歴 (2件):
  • - 2003 熊本大学
  • - 2000 熊本大学 薬科学科
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (熊本大学)
経歴 (1件):
  • 2003 - 福岡大学薬学部 助手
受賞 (1件):
  • 2005/09/16 - 日本生薬学会「Natural Medicines」誌 論文賞
所属学会 (2件):
日本薬学会 ,  日本生薬学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る