研究者
J-GLOBAL ID:200901047604550143   更新日: 2019年03月07日

稲田 七海

イナダ ナナミ | Inada Nanami
所属機関・部署:
職名: 特別研究員
研究分野 (1件): 人文地理学
研究キーワード (5件): 居住福祉 ,  フィールドワーク ,  貧困研究 ,  地域福祉論 ,  福祉の地理学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2010 - 2011 居住福祉支援におけるコミュニティワークの意義と課題
論文 (14件):
  • 稲田 七海. 二条駅周辺における地域の変容とまちづくり. 2012年度「未来の京都創造研究事業」自由課題 二条駅周辺の再開発と〈まちづくり〉. 2013. 59-66
  • 稲田 七海. 「セーフティネットの空間」の形成とジェンダー-同和地区におけるコミュニティワーカの実践から-. お茶の水地理. 2012. 51. 2-16
  • 稲田 七海. 和歌山県新宮市における地域福祉活動と生活困窮者支援 (特集 日本の貧困は「地方」にどう立ち現れているか). 貧困研究. 2010. 5. 32-41
  • 稲田七海. 地域生活移行支援事業受託団体による支援の実態と課題-住宅と生活支援の複合モデルに向けて-. 日韓における住宅困窮層への包摂的な居住支援モデルの構築に関する比較研究. 2010. 29-40
  • 稲田 七海. 無料低額宿泊所における「居住」と「就労支援」の複合化 (特集 「職」と「住」). 都市住宅学. 2010. 68. 15-20
もっと見る
MISC (8件):
  • 稲田 七海. 2015年度ひと花センター利用者実態調査 調査報告. 平成27年度西成区単身高齢生活保護受給者の社会的つながりづくり事業 ひと花プロジェクト調査報告書2015. 2016. 3-29
  • 稲田 七海. 2014年度ひと花プロジェクト調査報告. 平成26年度西成区単身高齢生活保護受給者の社会的つながりづくり事業 ひと花プロジェクト事業報告書2014. 2015. 38-93
  • 稲田 七海. ひと花センター利用者実態調査の実施と結果について. 平成25年度西成区単身高齢生活保護受給者の社会的つながりづくり事業 ひと花プロジェクト報告書. 2014. 77-82
  • 阿部 彩, 稲田 七海, 大崎 元. 子どもの居住貧困を捉える (特集 居住の貧困化プロセスに抗する). 建築とまちづくり. 2010. 389. 13-18
  • 稲田七海. 「離島の地域問題-社会保障制度改革とローカルな実践」. 日本地理学会春季大会シンポジウム論文集『「地域環境」をどう捉えるのか?-フィールドワークによる現場からの発想』. 2008. 15-19
もっと見る
書籍 (5件):
  • 地図でみる日本の健康・医療・福祉
    明石書店 2017 ISBN:9784750344997
  • 常磐線中心主義(ジョーバンセントリズム)
    河出書房新社 2015 ISBN:9784309246949
  • 人文地理学事典
    2013 ISBN:9784621086872
  • 釜ヶ崎のススメ
    洛北出版 2011 ISBN:4903127141
  • Joakim Palme(訳:伊澤知法・稲田七海)(2005年)第3章「社会保障の給付と財源-高福祉国家スウェーデンの経験と将来の方向」,国立社会保障・人口問題研究所研究編,『社会保障制度改革-日本と諸外国の選択』
    東京大学出版会 2005
講演・口頭発表等 (20件):
  • 流動化する社会の生活像と福祉地理学の可能性
    (人文地理学会第271回例会(於 大阪市立大学) 2011)
  • 8177 日韓における住宅困窮層への包摂的な居住支援モデルの構築に関する比較研究 : その3 韓国における複合的なホームレス居住支援(住宅困窮者,建築社会システム)
    (学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題 2010)
  • 8176 日韓における住宅困窮層への包摂的な居住支援モデルの構築に関する比較研究1 : その2 事業受託団休による支援の実態と課題(住宅困窮者,建築社会システム)
    (学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題 2010)
  • 8175 日韓における住宅困窮層への包摂的な居住支援モデルの構築に関する比較研究 : その1 研究の概要及び利用者の居住ニーズ(住宅困窮者,建築社会システム)
    (学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題 2010)
  • The evaluation of local welfare activities in the mountainous disadvantaged Area in Japan.
    (The 10th Japan-German Geographers’ Conference 2010)
もっと見る
Works (4件):
  • 社会的条件不利地域におけるコミュニティ開発
    2008 -
  • 東アジア主要都市におけるホームレス支援
    2003 -
  • 「寄せ場」における高齢者ケアについての調査
    2001 -
  • 離島における介護サービスの制度化と社会化
    2000 -
学歴 (1件):
  • - 2005 お茶の水女子大学大学院 人間文化研究科博士後期課程 人間発達科学専攻ジェンダー論コース
学位 (1件):
  • 修士(人文科学) (お茶の水女子大学)
経歴 (3件):
  • 2011/04 - 現在 大阪市立大学 特別研究員
  • 2008/04 - 2011/03 大阪市立大学都市研究プラザGCOE特別研究員
  • 2005/05 - 2008/03 国立社会保障・人口問題研究所 客員研究員
委員歴 (2件):
  • 2012/04 - 2014/03 人文地理学会 会計委員
  • 2006/04 - 2008/03 NPO法人自立支援センターふるさとの会 苦情解決第三者委員会委員
所属学会 (6件):
韓国住宅学会 ,  お茶の水地理学会 ,  社会政策学会 ,  日本島嶼学会 ,  日本地理学会 ,  人文地理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る