研究者
J-GLOBAL ID:200901047650766410   更新日: 2020年08月31日

吉山 友二

ヨシヤマ ユウジ | YUJI YOSHIYAMA
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 薬理学
研究キーワード (2件): 臨床薬学 ,  Clinical Pharmacy
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 臨床薬学的研究
  • 時間薬理学的研究
  • Clinicalpharmacy
  • Chronopharmacology
論文 (38件):
  • 土井真喜, 久原 幸, 大友 宣, 五十嵐 究, 有海秀人, 吉山友二. 夜間・休日のオピオイド注射薬供給連携システムの構築と運用 第1 報 困難感尺度と連携尺度. 日本在宅医療連合学会誌. 2019. 1. 1. 15-21
  • Ohki M, Hyo Y, Yoshiyama Y, Takano H, Takahata J, Suzuki M, Takeno S, Ogoshi T, Suzuki K, Takeuchi K, Naito K, Haruna S, Fujisawa T, Yamaguchi S, Hotomi M, Kawauchi H, Kurono Y, the working, group of, the, Japan, Society for Infection, Aerosol in Otorhinolaryngology. Consensus guidance of nebulizer therapy for acute rhinosinusitis. Auris Nasus Larynx. 2019. [Epub ahead of print]
  • Sonobe T, Ariumi H, Yoshiyama Y. Effect of temperature on changes in the concentration of H2 in commercial hydrogen-rich water. J Pharm Health Care Sci. 2019. 45. 6. 344-349
  • Okayasu M, Ogata H, Yoshiyama Y. Use of Corticosteroids for Remission Induction Therapy in Patients with New-Onset Ulcerative Colitis in Real-World Settings. J Mark Access Health Policy. 2019. 7. 1. 1-9
  • 堀口みき, 吉山友二. がん臨床試験の統計解析手法に関する最近の話題と医療薬学への応用:ハザード比の問題及びそれに代わる要約指標の紹介. 医療薬学. 2018. 44. 12. 589-598
もっと見る
MISC (26件):
  • 吉山友二. 大学における薬剤師教育の現況-プライマリ・ケアとこれからの薬剤師教育について-. プライマリ・ケア. 2017. 2. 1. 58-60
  • 吉山友二. 少子高齢化に向けた革新的なイノベーションと薬理学. 日本薬理学会雑誌. 2016. 148. 6. 305
  • 吉山友二. これからの薬剤師像. 漢方医薬学雑誌. 2015. 22. 3. 74-75
  • 吉山友二. ~保険薬局における人材育成~ 6年制課程卒の薬剤師の活かし方. PROPRIETOR. 2013. 4. 1-5
  • 吉山友二. プラセボ効果と条件づけ. 薬局. 2012. 63. 12. 36-42
もっと見る
書籍 (15件):
  • Perspective薬剤学第3版
    京都 京都廣川書店 2019
  • ネブライザー療法 -治療効果を高めるコツ-
    全日本病院出版会 2018
  • 急性鼻副鼻腔炎に対するネブライザー療法の手引き 2016年版
    金原出版 2016
  • みみ・はな・のど感染症への上手な抗菌薬の使い方 -知りたい,知っておきたい,知っておくべき使い方-
    全日本病院出版会 2016
  • スタンダード薬学シリーズII 薬学総論 II.薬学と社会
    東京化学同人 2016
もっと見る
講演・口頭発表等 (306件):
  • 薬学生海外研修プログラムの卒後における効果と可能性
    (日本薬学会第140年会 2020)
  • Approach to primary care in community pharmacy
    (日本薬学会第140年会 2020)
  • ベンプロペリンリン酸塩錠酸塩錠(フラベリック®)服用患者における聴覚異常への対応
    (第43回白金シンポジウム 2019)
  • 大型連休中の薬局実習実施状況の調査と有用性の検討
    (第43回白金シンポジウム 2019)
  • 地域薬局における薬剤師介入の有効性
    (第29回日本医療薬学会年会 2019)
もっと見る
Works (24件):
  • セルフメディケーション~ 上手なサプリメントのつきあい方~
    吉山友二 2019 - 2019
  • 『くすりはいつ飲めば効く?-飲むタイミングでくすりの効き目を高める!ちょっと新しい治療法です』
    吉山友二 2018 - 2018
  • 薬局における外国人患者対応の現状と課題
    吉山友二 2017 - 2017
  • セルフメディケーション~ 上手なサプリメントのつきあい方~
    吉山友二 2016 - 2016
  • セルフメディケーション~ 上手なサプリメントのつきあい方~
    吉山友二 2016 - 2016
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1982 北里大学 薬学研究科 臨床薬学
  • - 1980 北里大学 薬学部 製薬
  • - 1980 北里大学 Faculty of Pharmaceutical Science
  • - 1980 北里大学 Faculty of Pharmaceutical Science
学位 (1件):
  • 博士(医学)
経歴 (5件):
  • 1985 - 1995 北里大学薬学部 講師
  • 1985 - 1995 School of Pharmaceutical Sciences,
  • 1982 - 1985 北里大学病院 薬剤師
  • 1982 - 1985 北里大学
  • 1982 - 1985 北里大学
委員歴 (5件):
  • 2001 - 2004 日本薬学会 広報委員
  • 2003 - 日本動物実験代替法学会 企画委員
  • 1999 - 日本医用エアロゾル研究会 運営委員
  • 1999 - 日本臨床薬理学会 指導薬剤師
  • 1993 - 日本薬理学会 評議員
受賞 (4件):
  • 2017/11/02 - 北里大学薬学部 平成29年度前期優秀教育賞
  • 2016/11/18 - 功労賞
  • 2016/03/27 - 日本薬学会 優秀発表賞 ワルファリンとOTCかぜ薬の相互作用に関する患者の行動意識と使用実態調査
  • 2011/07/10 - 優秀ポスター賞
所属学会 (12件):
日本動物実験代替法学会 ,  日本医用エアロゾル研究会 ,  日本化学療法学会 ,  日本医療薬学会 ,  日本薬学会 ,  日本臨床薬理学会 ,  日本薬理学会 ,  日本臨床薬理学会研修指導薬剤師および認定薬剤師 ,  日本薬理学会評議員 ,  日本動物実験代替法学会理事 ,  日本プライマリ・ケア連合学会代議員 ,  日本耳鼻咽喉科感染症・エアロゾル学会 理事
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る