研究者
J-GLOBAL ID:200901047650766410   更新日: 2022年01月07日

吉山 友二

ヨシヤマ ユウジ | YUJI YOSHIYAMA
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 薬理学
研究キーワード (2件): 臨床薬学 ,  Clinical Pharmacy
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 臨床薬学的研究
  • 時間薬理学的研究
  • Clinicalpharmacy
  • Chronopharmacology
論文 (55件):
  • 兵 行義, 黒野祐一, 清水猛史, 竹内万彦, 森下裕之, 高畑淳子, 竹野幸夫, 橋口一弘, 平野康次郎, 森 繁人, et al. COVID-19流行下における鼻ネブライザー療法実態調査. 日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会会報. 2022. 125. 2
  • 吉山友二. コロナ時代の実務実習と大学の対応:2020年度の関東地区実務実習状況報告および今後の方針. 日本病院薬剤師会雑誌. 2021. 57. 6. 628-631
  • Tsuyoshi Shiga, Toshimi Kimura, Noritoshi Fukushima, Yuji Yoshiyama, Kazunori Iwade, Fumiaki Mori, Yoichi Ajiro, Shoji Haruta, Yuichiro Yamada, Emi Sawada, et al. Electronic monitoring of adherence to once-daily and twice-daily direct oral anticoagulants in patients with atrial fibrillation: baseline data from the SMAAP-AF trial. Journal of Arrhythmia. 2021. 37. 3. 616-625
  • Takahiko Kagaya, Yuji Yoshiyama, Koichiro Atsuda, Kaori Matsumoto, Tetsuya Hasegawa, Masayuki Akimoto, Kenji Sugibayashi. Evaluation of the Palatability of Isosorbide by Human Gustatory Sensation and Electric Taste Sensor. Journal of Drug Interaction Research. 2021. 45. 3
  • 吉山友二. 地域薬学ケアの実践に必要な臨床能力と教育の役割. 調剤と情報. 2020. 26. 7. 40-44
もっと見る
MISC (64件):
  • 吉山友二. 大学における薬剤師教育の現況-プライマリ・ケアとこれからの薬剤師教育について-. プライマリ・ケア. 2017. 2. 1. 58-60
  • 吉山友二. 少子高齢化に向けた革新的なイノベーションと薬理学. 日本薬理学会雑誌. 2016. 148. 6. 305
  • 吉山友二. これからの薬剤師像. 漢方医薬学雑誌. 2015. 22. 3. 74-75
  • 吉山友二. ~保険薬局における人材育成~ 6年制課程卒の薬剤師の活かし方. PROPRIETOR. 2013. 4. 1-5
  • 吉山友二. プラセボ効果と条件づけ. 薬局. 2012. 63. 12. 36-42
もっと見る
書籍 (17件):
  • 超簡単!! ポートフォリオ 作成ガイド~ワンランク“上”の薬剤師を目指して~
    薬事日報 2021
  • スタンダード薬学シリーズII 薬学演習 III.薬学総論・衛生薬学
    東京化学同人 2020
  • Perspective薬剤学第3版
    京都 京都廣川書店 2019
  • ネブライザー療法 -治療効果を高めるコツ-
    全日本病院出版会 2018
  • 急性鼻副鼻腔炎に対するネブライザー療法の手引き 2016年版
    金原出版 2016
もっと見る
講演・口頭発表等 (328件):
  • 過量投与防止のための患者状態に応じた腎機能推算式の選択に関する調査
    (日本薬学会第142年会 2022)
  • リアルワールドデータを用いた腎機能推奨用量逸脱の実態解析:アロプリノールの腎機能による用量逸脱と尿酸値コントロール
    (日本薬学会第142年会 2022)
  • 模擬薬局でのロールプレイ症例に関するトレーシングレポート作成実習の導入と評価
    (日本薬学会第142年会 2022)
  • 地域と連携した薬学研究の取り組みと実践
    (日本薬学会第142年会 2022)
  • 臨床薬理学と地域医療の融合
    (第42回日本臨床薬理学会年会 2021)
もっと見る
Works (24件):
  • セルフメディケーション~ 上手なサプリメントのつきあい方~
    吉山友二 2019 - 2019
  • 『くすりはいつ飲めば効く?-飲むタイミングでくすりの効き目を高める!ちょっと新しい治療法です』
    吉山友二 2018 - 2018
  • 薬局における外国人患者対応の現状と課題
    吉山友二 2017 - 2017
  • セルフメディケーション~ 上手なサプリメントのつきあい方~
    吉山友二 2016 - 2016
  • セルフメディケーション~ 上手なサプリメントのつきあい方~
    吉山友二 2016 - 2016
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1982 北里大学 臨床薬学
  • - 1980 北里大学 製薬
  • - 1980 北里大学
  • - 1980 北里大学
学位 (1件):
  • 博士(医学)
経歴 (5件):
  • 1985 - 1995 北里大学薬学部 講師 School of Pharmaceutical Sciences
  • 1985 - 1995 School of Pharmaceutical Sciences,
  • 1982 - 1985 北里大学病院 薬剤師
  • 1982 - 1985 北里大学
  • 1982 - 1985 北里大学
委員歴 (5件):
  • 2001 - 2004 日本薬学会 広報委員
  • 2003 - 日本動物実験代替法学会 企画委員
  • 1999 - 日本医用エアロゾル研究会 運営委員
  • 1999 - 日本臨床薬理学会 指導薬剤師
  • 1993 - 日本薬理学会 評議員
受賞 (4件):
  • 2017/11/02 - 北里大学薬学部 平成29年度前期優秀教育賞
  • 2016/11/18 - 功労賞
  • 2016/03/27 - 日本薬学会 優秀発表賞 ワルファリンとOTCかぜ薬の相互作用に関する患者の行動意識と使用実態調査
  • 2011/07/10 - 優秀ポスター賞
所属学会 (12件):
日本動物実験代替法学会 ,  日本医用エアロゾル研究会 ,  日本化学療法学会 ,  日本医療薬学会 ,  日本薬学会 ,  日本臨床薬理学会 ,  日本薬理学会 ,  日本臨床薬理学会研修指導薬剤師および認定薬剤師 ,  日本薬理学会評議員 ,  日本動物実験代替法学会理事 ,  日本プライマリ・ケア連合学会代議員 ,  日本耳鼻咽喉科感染症・エアロゾル学会 理事
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る