研究者
J-GLOBAL ID:200901047949378513   更新日: 2020年09月02日

畝川 憲之

セガワ ノリユキ | Segawa Noriyuki
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 国際関係論 ,  政治学
研究キーワード (8件): 太平洋島嶼 ,  マレーシア ,  多文化主義 ,  国民統合 ,  民族 ,  Multiculturalism ,  National Integration ,  Ethnicity
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2004 - マレーシアの社会文化政策と国民統合
  • 2004 - Socio-cultural Policies and National Integration in Malaysia
論文 (23件):
  • 畝川 憲之. Impact of RIMUP on National Integration in Malaysia: Direct and Extended Contact Effect. the 25th IPSA World Congress of Political Science Proceedings. 2018
  • Noriyuki Segawa. Double-layered ethnic politics in Malaysia: national integration, ethnic unity and social stability. Commonwealth and Comparative Politics. 2017. 55. 1. 63-81
  • 畝川 憲之. 多民族国家マレーシアの国家建設:政府主導による国民統合の限界. Journal of International Studies. 2016. 1. 33-48
  • 畝川 憲之. 岐路に立つオーストラリアの対島嶼国外交. アジ研ワールドトレンド. 2016. 244. 20-23
  • 畝川 憲之, 小島 潤. オーストラリアの対フィジー政策の評価:対太平洋島嶼国外交の転換点?. 太平洋諸島研究. 2015. 3. 27-40
もっと見る
MISC (7件):
  • 畝川 憲之. 知識探訪 国民車プロトンの行方. The Daily NNAマレーシア版. 2013
  • Juggling between Assimilation and Multiculturalism: Language and Education Policies for National Integration in Malaysia. Ph.D thesis submitted to the University of Sydney. 2009
  • International, Studies, Association of, Osaka Gakuin University. Education Policies until the 1980s in Malaysia: Efficacy of an Assimilationism-type Approach for National Integration. International Studies. 2007. 18. 1. 1-31
  • Malaysia's 1996 Education Act: The Impact of a Multiculturalism-type Approach on National Integration. Sojourn. 2007. 22. 1. 30-56
  • The Impact of Sustained Economic Growth on National Integration Policies in Malaysia. Journal of the Pacific Society. 2007. 29. 1/1. 27-38
もっと見る
書籍 (3件):
  • Ethnic Relations at School in Malaysia: Challenges and Prospects of the Student Integration Plan for Unity
    Palgrave Macmillan 2019
  • National Identity, Language and Education in Malaysia: Search for a Middle Ground between Malay Hegemony and Equality
    Routledge 2019
  • 太平洋島嶼地域における国際秩序の変容と再構築
    アジア経済研究所 2016
講演・口頭発表等 (29件):
  • Challenges and Prospects of Human Resource Development in Pacific Island Countries: Perspectives of Developmental Economy and Political Science
    (4TH INTERNATIONAL RESEARCH COLLOQUIUM, Challenges and Opportunities for Local Communities and Small-Scale Entrepreneurs 2019)
  • Challenges and Prospects for Economic Development in Pacific Island Countries: Importance of Human Resource Development
    (7th International Conference on Sustainable Development 2019)
  • 海底鉱物資源調査・開発関連事業の太平洋諸島地域進出に向けて
    (太平洋諸島学会第七回研究大会 2019)
  • Economic Development in Pacific Island Countries
    (Securing the Peace in Oceania and the Pacific Islands 2019)
  • 太平洋島嶼国の地域秩序の変容
    (太平洋島嶼国の地域秩序の変容と日本の役割 2019)
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 2009 シドニー大学大学院 国際政治学
  • - 2009 University of Sydney Government and International Relations
  • - 1997 甲南大学 社会学科
  • - 1997 甲南大学
学位 (1件):
  • Ph.D(国際政治学) (シドニー大学)
経歴 (6件):
  • 2018/04 - 現在 近畿大学 国際学部 教授
  • 2016/04 - 現在 近畿大学 国際学部 准教授
  • 2015/09 - 現在 マレーシア国民大学 民族問題研究所 客員研究員
  • 2008/04 - 2016/03 大阪学院大学国際学部 准教授
  • 2004/04 - 2008/03 大阪学院大学国際学部 講師
全件表示
委員歴 (5件):
  • 2012/09 - 現在 太平洋諸島学会 企画委員
  • 2012/04 - 現在 日本マレーシア学会 社会連携委員
  • 2017/07 - 2018/01 外務省 第8回太平洋・島サミットに向けた有識者会合委員
  • 2015/06 - 2016/03 外務省 太平洋島嶼国のODA案件に関わる日本の取り組みの評価 アドバイザー
  • 2014/05 - 2015/03 外務省 第7回太平洋・島サミットに向けた有識者会合委員
所属学会 (10件):
太平洋学会 ,  日本政治学会 ,  日本国際政治学会 ,  東南アジア史学会 ,  アジア研究学会 オーストラリア ,  The Pacific Society ,  Japanese Political Science Association ,  The Japan Association of International Relations ,  Japan Society for Southeast Asian History ,  Asian Studies Association of Australia
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る