研究者
J-GLOBAL ID:200901048041221268   更新日: 2021年03月03日

荒川 雅志

アラカワ マサシ | Arakawa Masashi
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (2件): http://www.health-tourism.skr.u-ryukyu.ac.jp/http://www.health-tourism.skr.u-ryukyu.ac.jp/
研究分野 (8件): 観光学 ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  生理学 ,  栄養学、健康科学 ,  スポーツ科学
研究キーワード (16件): ブルーゾーン ,  宿泊型新保健指導 ,  睡眠科学 ,  ニューツーリズム ,  ヘルスケア ,  百歳者研究 ,  沖縄食文化 ,  スパ ,  海洋深層水 ,  メディカルツーリズム ,  長寿科学 ,  海洋療法 ,  ヘルスツーリズム ,  ウェルネスツーリズム ,  ウェルネス ,  環境生理学
競争的資金等の研究課題 (44件):
  • 2019 - 2020 久米島海洋深層水ウェルネスプログラム開発研究
  • 2018 - 2019 石垣ウェルネス地方創生インターンシップ開発事業
  • 2018 - 2019 久米島海洋深層水ウェルネスプログラム開発研究
  • 2017 - 2019 次世代ヘルスケアとしてのヘルスツーリズム研究
  • 2017 - 2018 久米島海洋深層水ウェルネスプログラム開発研究
全件表示
論文 (124件):
  • Yoshihiro Miyake, Keiko Tanaka, Hitomi Okubo, Satoshi Sasaki, Akiko Tokinobu, Masashi Arakawa. Maternal metal intake during pregnancy and childhood behavioral problems in Japan: the Kyushu Okinawa Maternal and Child Health Study. Nutritional neuroscience. 2021. 1-9
  • Keiko Tanaka, Hitomi Okubo, Satoshi Sasaki, Masashi Arakawa, Yoshihiro Miyake. Maternal caffeine intake during pregnancy and risk of food allergy in young Japanese children. Journal of paediatrics and child health. 2021
  • Maki Yokoyama, Keiko Tanaka, Takashi Sugiyama, Masashi Arakawa, Yoshihiro Miyake. Cesarean section is associated with increased risk of postpartum depressive symptoms in Japan: the Kyushu Okinawa Maternal and Child Health Study. Journal of affective disorders. 2021. 278. 278. 497-501
  • K. Tanaka, M. Arakawa, Y. Miyake. Perinatal smoking exposure and risk of asthma in the first three years of life: A prospective prebirth cohort study. Allergologia et Immunopathologia. 2020. 48. 6. 530-536
  • Yoshihiro Miyake, Keiko Tanaka, Masashi Arakawa. Associations of job type, income, and education with postpartum depressive symptoms: The Kyushu Okinawa Maternal and Child Health Study. Psychiatry Research. 2020. 291. 113224-113224
もっと見る
MISC (74件):
  • 荒川 雅志. 成長するウェルネス産業市場. 商工金融. 2020. 70. 5. 54-57
  • 荒川雅志. 寺社がウェルネスに取り組む意義と地域貢献への可能性. 寺社NOW. 2020. 30. 16-17
  • 荒川 雅志. 旅を介した新しいヘルスプロモーション ヘルスツーリズム教育の実践. Aromatopia : the journal of aromatherapy & natural medicine. 2020. 29. 2. 58-60
  • 張 雅晴, 荒川 雅志. 沖縄の地域特性を生かしたメディカルツーリズムの事例研究. 日本観光研究学会全国大会学術論文集 Proceedings of JITR annual conference. 2019. 34. 117-120
  • 三宅 吉博, 田中 景子, 大久保 公美, 佐々木 敏, 荒川 雅志. 妊娠中野菜、果物、抗酸化物質摂取と子の行動的問題との関連 九州・沖縄母子保健研究. 日本公衆衛生学会総会抄録集. 2019. 78回. 226-226
もっと見る
特許 (1件):
書籍 (4件):
  • 琉球アジア研究
    株式会社RIC(琉球アジア研究出版会) 2019 ISBN:9784910095004
  • ウェルネスツーリズム : サードプレイスへの旅
    フレグランスジャーナル社 2017 ISBN:9784894792913
  • 沖縄食材図鑑
    楽園計画 2016
  • 応用講座睡眠改善学
    ゆまに書房 2013
講演・口頭発表等 (33件):
  • 沖縄の地域特性を生かしたメディカルツーリ ズムの事例研究
    (日本観光研究学会第34回全国大会 2019)
  • ウェルネスツーリズムと健康長寿沖縄
    (International Conference on Green Development 2019)
  • 妊娠中の母親のカフェイン摂取と子の食物アレルギー 発症リスクとの関連:九州・沖縄母子保健研究
    (第29回日本疫学会学術総会 2019)
  • 地域特有素材のウェルネス観光資源化に 関する調査研究-沖縄県の伝統薬草ヒハ ツモドキを対象に-
    (日本観光研究学会第33回全国大会研究発表会 2018)
  • 生涯スポーツとウェルネス、ウェルネスツーリズム
    (日本生涯スポーツ学会第20回大会シンポジウム 2018)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 2005 福岡大学 社会医学系疫学専修
学位 (1件):
  • 博士(医学) (福岡大学)
経歴 (8件):
  • 2018/04 - 現在 琉球大学国際地域創造学部 観光地域デザインプログラム 教授
  • 2012/10/01 - 現在 琉球大学大学院 観光科学研究科 教授
  • 2018/04 - 琉球大学大学院観光科学研究科 研究科長
  • 2013/04 - 琉球大学観光産業科学部観光科学科 学科長
  • 2012/10 - 琉球大学観光産業科学部観光科学科 教授
全件表示
委員歴 (18件):
  • 2020/09 - 現在 沖縄県食文化保存・普及・継承事業検討委員会 委員
  • 2018 - 現在 一般社団法人琉球料理保存協会 顧問
  • 2018 - 現在 一般社団法人沖縄コーヒー協会 理事
  • 2018 - 現在 一般社団法人CCRCウェルネス研究センター 顧問
  • 2018 - 現在 一般社団法人アジア食文化協会 理事
全件表示
所属学会 (3件):
日本観光研究学会 ,  日本体力医学会 ,  日本睡眠学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る