研究者
J-GLOBAL ID:200901048062903806   更新日: 2020年09月01日

江澤 辰広

エザワ タツヒロ | Ezawa Tatsuhiro
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://www.agr.hokudai.ac.jp/botagr/rhizo/RhizoCont/index.htmlhttp://www.agr.hokudai.ac.jp/botagr/rhizo/RhizoCont/Rhizo_en.html
研究分野 (1件): 植物栄養学、土壌学
研究キーワード (4件): 植物栄養・土壌学 ,  plant physiology ,  soil microbiology ,  Soil science & plant nutrition
競争的資金等の研究課題 (16件):
  • 2020 - 2023 微生物共生制御のロバスト性と環境応答モデリング:野外トランスクリプトミクスの応用
  • 2019 - 2022 セスバニア根粒菌の病原性と細胞内感染能:非マメ科植物への感染拡大に向けた基盤研究
  • 2017 - 2020 植物耐酸性研究の新展開:菌根形成による耐酸性獲得の生理・分子機構
  • 2014 - 2019 共生ネットワークの分子基盤とその応用展開
  • 2014 - 2016 植物絶対共生菌の革新的遺伝子サイレンシング法が開く菌根共生の分子基盤
全件表示
論文 (60件):
  • Taro Maeda, Yuuki Kobayashi, Tomomi Nakagawa, Tatsuhiro Ezawa, Katsushi Yamaguchi, Takahiro Bino, Yuki Nishimoto, Shuji Shigenobu, Masayoshi Kawaguchi. Conservation and host-specific expression of non-tandemly repeated heterogenous ribosome RNA gene in arbuscular mycorrhizal fungi. 2020
  • Tatsuhiro Ezawa, Hayato Maruyama, Yusuke Kikuchi, Kaede Yokoyama, Chikara Masuta. Application of Virus-Induced Gene Silencing to Arbuscular Mycorrhizal Fungi. Methods in Molecular Biology. 2020. 249-254
  • Takumi Sato, Shihomi Hachiya, Nozomi Inamura, Tatsuhiro Ezawa, Weiguo Cheng, Keitaro Tawaraya. Secretion of acid phosphatase from extraradical hyphae of the arbuscular mycorrhizal fungus Rhizophagus clarus is regulated in response to phosphate availability. Mycorrhiza. 2019. 29. 6. 599-605
  • Hiromu Kameoka, Ippo Tsutsui, Katsuharu Saito, Yusuke Kikuchi, Yoshihiro Handa, Tatsuhiro Ezawa, Hideo Hayashi, Masayoshi Kawaguchi, Kohki Akiyama. Stimulation of asymbiotic sporulation in arbuscular mycorrhizal fungi by fatty acids. Nature Microbiology. 2019. 4. 10. 1654-1660
  • Ryan Megan H, Kaur Parwinder, Nazeri Nazanin K, Clode Peta L, Keeble-Gagnère Gabriel, Doolette Ashlea L, Smernik Ronald J, Van Aken Olivier, Nicol Dion, Maruyama Hayato, et al. Globular structures in roots accumulate phosphorus to extremely high concentrations following phosphorus addition. Plant, Cell & Environment. 2019. 42. 6. 1987-2002
もっと見る
MISC (29件):
  • 中西 夏輝, Li Tingting, 杉村 悠作, 俵谷 圭太郎, 丸山 隼人, 江沢 辰広. 3-1-7 アーバスキュラー菌根菌Rhizophagus clarusにおける生態型分化:地理的隔離株間における酸性応答遺伝子群の極端な不一致(3-1 土壌生物の生態と機能,2019年静岡大会). 日本土壌肥料学会講演要旨集. 2019. 65. 0. 24-24
  • 杉村 悠作, 河原 愛, 丸山 隼人, 江沢 辰広. 3-1-9 野外における植物・菌根菌の環境応答 -フィールドトランスクリプトミクスが語る頑強かつ柔軟な制御-(3-1 土壌生物の生態と機能,2019年静岡大会). 日本土壌肥料学会講演要旨集. 2019. 65. 0. 24-24
  • 浅枝 諭史, 杉村 悠作, 丸山 隼人, 江沢 辰広. 3-1-10 菌根経路からのリン酸獲得により発現誘導される植物の樹枝状体形成遺伝子群(3-1 土壌生物の生態と機能,2019年静岡大会). 日本土壌肥料学会講演要旨集. 2019. 65. 0. 25-25
  • 丸山 隼人, 港 翔平, 杉村 悠作, 手塚 あゆみ, 永野 惇, 江澤 辰広. 4-1-10 菌根形成植物のリン酸獲得トレードオフを制御する分子ネットワーク(4-1 植物の多量栄養素,2019年静岡大会). 日本土壌肥料学会講演要旨集. 2019. 65. 0. 44-44
  • 丹羽 理恵子, 小八重 善裕, 大友 量, 林 正紀, 唐澤 敏彦, 神山 拓也, 丸山 隼人, 江沢 辰広, 佐藤 修正, 平川 英樹, et al. 3-1-8 農耕地管理強度に沿ったアーバスキュラー菌根菌群集の入れ子構造:その生存戦略とインパクト(3-1 土壌生物の生態と機能,2019年静岡大会). 日本土壌肥料学会講演要旨集. 2019. 65. 0. 24-24
もっと見る
特許 (2件):
  • アーバスキュラー菌根菌の培養用培地及び培養方法
  • 法面緑化工法
学歴 (4件):
  • 1992 - 1994 千葉大学
  • - 1994 千葉大学
  • 1987 - 1989 北海道大学
  • - 1989 北海道大学
学位 (1件):
  • 博士(農学) (北海道大学)
経歴 (5件):
  • 2004 - 現在 北海道大学 大学院農学研究院 准教授
  • 2000 - 2004 名古屋大学 大学院生命農学研究科 助手
  • 1998 - 2000 豪州・アデレード大学 土壌科学部 研究員
  • 1994 - 1998 名古屋大学 農学部 助手
  • 1989 - 1992 協和発酵工業株式会社 筑波研究所 研究員
委員歴 (4件):
  • 2020 - 現在 Frontiers in Microbiology editorial board member
  • 2011 - 現在 Plant and Soil Section editor
  • 2015 - 2020 The ISME Journal Editorial board member
  • 2009 - 2012 Soil Science and Plant Nutrition editorial board member
受賞 (2件):
  • 2002 - 日本土壌肥料学会 奨励賞 パイオニア植物の侵入・定着における共生微生物の役割
  • 2001 - 東海学術奨励会 研究奨励賞 強酸性土壌の植生回復技術に関する基礎的研究:パイオニア植物の侵入・定着における共生微生物の役割
所属学会 (9件):
植物微生物研究会 ,  菌根研究会 ,  日本土壌肥料学会 ,  International Mycorrhiza Society ,  International Society of Mycorrhiza ,  Japanese Society for Mycorrhiza ,  Japanese Society for Plant-Microbe Interactions ,  Japanese Society for Soil Microorganisms ,  Japanese Society for Soil Science and Plant Nutrition
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る