研究者
J-GLOBAL ID:200901048141348788   更新日: 2020年11月17日

水嶋 一憲

ミズシマ カズノリ | KAZUNORI MIZUSHIMA
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): 理論経済学 ,  社会学 ,  思想史
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2019 - 2022 グローバル制御社会におけるメディア・技術・資本主義の新たな連関に関する学際的研究
論文 (32件):
  • 水嶋一憲. 「黙示と破局の狭間で:交差する階級闘争としてのブラック・ライヴズ・マター」. 現代思想. 2020. 48. 13. 31-39
  • 水嶋一憲. 「コモン/ウイルス:解体するスペクタクル・デジタルメディア技術・コモンのケア」. 現代思想. 2020. 48. 7. 38-46
  • 水嶋一憲. 「転形期の未来:新反動主義かアシッド共産主義か」. 現代思想. 2019. 47. 8. 54-66
  • 水嶋一憲. 「コミュニケーション資本主義と加速主義を超えて:横断個体性の政治のために」. 現代思想. 2019. 46. 1. 171-182
  • 水嶋一憲. 「機械状資本論ノート:メディア・技術・資本主義 第1 回〈悪のメディア機械〉」. 『5 Designing Media Ecology』. 2018. 9. 84-92
もっと見る
MISC (10件):
  • 『反乱する若者たち:1960年代以降の運動・文化』. 日本近現代文化研究センター. 2010. 12-16
  • アレクサンドル・マトゥロン「アントニオ・ネグリの『野生のアノマリー』」. 別冊 情況 第3期. 2009. 10. 7. 30-49
  • アントニオ・ネグリ「民主制と永遠性」. 別冊 情況 第3期. 2009. 10. 7. 92-109
  • (書評)浅野俊哉著『スピノザ:共同性のポリティクス』. スピノザーナ. 2008. 9. 175-179
  • 「<新>植民地主義とマルチチュードのプロジェクト:グローバル・コモンの共創に向けて」. 立命館言語文化研究. 2007. 19. 1. 131-147
もっと見る
書籍 (25件):
  • コミュニケーション資本主義と〈コモン〉の探求
    東京大学出版会 2019
  • 竹村民郎著作集完結記念論集
    三元社 2015
  • 『よくわかる社会情報学』
    ミネルヴァ書房 2015
  • 『よくわかるメディア・スタディーズ 第2版』
    ミネルヴァ書房 2015
  • 『産研叢書38 プロジェクト共同研究<福祉・人権概念の転回と歴史認識の転換>』
    大阪産業大学産業研究所 2015
もっと見る
講演・口頭発表等 (18件):
  • ポスト・メディア時代の未来
    (日本マス・コミュニケーション学会・第37期3回研究会(理論研究部会) 2020)
  • Do users dream of commoners? : As a response to “how to become aware of the existence of media platforms”
    (Platform Cooperativism Symposium with Trebor Scholz 2019)
  • Beyond Sinofuturism and AI capitalism
    (2019 IACS Conference 2019)
  • On Post-Media Futurability
    (POST-MEDIA ECOLOGIES in Asia 2019)
  • 機械状資本論からみたメディア・インフラストラクチャー
    (「インフラリテラシー・プロジェクト(科研費基盤B:メディア・インフラに対する批判的理解の育成を促すリテラシー研究の体系的構築)」の初年度末セミナー(第6回研究会) 2019)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 京都大学大学院経済学研究科(理論経済学・経済史学専攻)
学位 (1件):
  • 経済学修士 (京都大学大学院経済学研究科)
所属学会 (5件):
社会思想史学会 ,  日本社会学会 ,  関西社会学会 ,  カルチュラル・スタディーズ学会 ,  スピノザ協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る