研究者
J-GLOBAL ID:200901048542618567   更新日: 2021年03月16日

岩佐 和幸

イワサ カズユキ | Iwasa Kazuyuki
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • Kochi University  Faculty of Humanities and Economics, Department of International Studies   Professor
研究分野 (2件): 経済政策 ,  経済政策
研究キーワード (9件): 移民 ,  地域 ,  開発 ,  アグリビジネス ,  グローバリゼーション ,  Migration ,  Region/Locality ,  Development ,  Agribusiness
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 東南アジア農業・農村開発とアグリビジネス形成に関する研究、日本における移民の流出入・定着・構造化に関する研究、グロ-バル化と地域再編に関する研究
  • Agro-development and agribusiness in Southeast Asia, Structuring of migrant labor in Japan, Globalisation and local restructiring
論文 (27件):
  • 岩佐和幸. 中食の成長とコンビニベンダーの事業展開 -岐路に立つ従属的発展-. 立命館食科学研究. 2021. 3. 53-76
  • 岩佐和幸. コロナ・パンデミックと移民労働者. 経済. 2021. 304
  • 岩佐和幸. コロナショックと地域経済の現局面 -高知県の事例を中心に-. 高知論叢. 2020. 119. 27-70
  • 岩佐 和幸. 農業開発、アグリビジネスと早熟なグローバリゼーション. 高知大学経済学会『高知論叢』. 2019. 117. 75-120
  • 岩佐 和幸. コンビニオーナーの危機をどう打開するか-フランチャイズ法と地場コンビニの創出を求めて-. 全商連附属・中小商工業研究所『中小商工業研究』. 2019. 141. 61-72
もっと見る
MISC (42件):
  • 岩佐和幸. 書評 岡田知弘『地域づくりの経済学入門-地域内再投資力論-(増補改訂版)』自治体研究社、2020年. 『住民と自治』. 2020. 690. 42-42
  • 満洲の歴史を語り継ぐ高知の会, 高知大学人文社会科学系プロジェクト「地域における平和学研究」. 第1回 満洲の歴史を語り継ぐ集い 記録集. 2020
  • 岩佐和幸, 福島尚, 渡邊ひとみ, 関良子, 野崎華世. 人文社会科学系学部における専門的リテラシー科目の導入と課題-高知大学人文社会科学部専門科目「リサーチリテラシー」を中心に-. 高知大学教育研究論集. 2019. 24. 91-111
  • 岩佐 和幸. 書評 木村健二『一九三九年の在日朝鮮人観』ゆまに書房、2017年. 政治経済学・経済史学会『歴史と経済』. 2019. 245. 40-42
  • 佐無田光, 伍賀一道, 中澤高志, 戎野淑子, 岩佐和幸, 松永桂子. 共通論題討論:「働き方改革」と地域経済. 日本地域経済学会『地域経済学研究』. 2019. 37. 69-81
もっと見る
書籍 (24件):
  • アブラヤシ農園問題の研究I【グローバル編】
    晃洋書房 2021
  • Pancaroba Tropika: Perubahan Lingkungan Hidup di Asia Tenggara
    INSISTPress 2021
  • コノー・フィッツモーリス&ブライアン・ガロー『現代アメリカの有機農業とその将来ーニューイングランドの小規模農場ー』(村田武、レイモンドジュソーム、関根佳恵、佐藤加寿子、高梨子文恵、載容秦思、溝手芳計との共訳)
    筑波書房 2018 ISBN:9784811905372
  • Environmental Resources Use and Challenges in Contemporary Southeast Asia: Tropical Ecosystems in Transition(共著。分担執筆:Agribusiness, Overdevelopment, and Palm Oil Industrial Restructuring in Malaysia)
    Springer 2018 ISBN:9789811088810
  • 土といのち-南国高知発、有機でつながる食と農-(共編)
    NPO法人土といのち 2017 ISBN:9784990989606
もっと見る
講演・口頭発表等 (20件):
  • コメンテーター「シンポジウム アブラヤシはインドネシアに何を提起したか?-日本の研究者・NGOの立場から考える」
    (インドネシア研究懇話会 [再編]第2回研究大会 2020)
  • 討論者・パネリスト:「日本の外国人労働者の受入れ-その制度と実態-」
    (日本国際経済学会関西支部公開シンポジウム 2019)
  • ドミナントかローカルか-コンビニから見える地域経済と住民自治-
    (キックオフ・ラウンドテーブル「越境の時代の「自治」とは何か:「自治governance/self-government」をめぐる分野横断的共同研究に向けて」 「高知に関する人文学・社会科学の拠点づくり」プロジェクト/高知人文社会科学会 2019)
  • 農業開発、アグリビジネスと早熟なグローバリゼーション-ASEANのパーム油商品連鎖を事例に-
    (日本国際経済学会 第9回春季大会 2019)
  • コンビニ・フランチャイズにおける「働き方」と地域経済
    (日本地域経済学会第30回大会 共通論題シンポジウム 2018)
もっと見る
Works (1件):
  • 書評 大江徹男『アメリカ食肉産業と新世代農協』日本経済評論社、2002年(『農林水産図書資料月報』農林水産省図書館、53巻7号)
    2002 -
学歴 (2件):
  • - 2002 京都大学
  • 京都大学
学位 (1件):
  • 博士(経済学) (京都大学)
委員歴 (1件):
  • 日本地域経済学会 常任理事
受賞 (1件):
  • 2007 - 日本農業市場学会賞
所属学会 (7件):
アジア政経学会 ,  経済教育学会 ,  日本地域経済学会 ,  日本農業経済学会 ,  日本農業市場学会 ,  政治経済学・経済史学会 ,  日本国際経済学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る