研究者
J-GLOBAL ID:200901048889315599   更新日: 2019年11月12日

豊嶋 崇徳

テシマ タカノリ | TESHIMA Takanori
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 血液内科学
研究キーワード (4件): 輸血学 ,  血液学 ,  造血幹細胞移植 ,  移植片対宿主病
競争的資金等の研究課題 (39件):
  • 2018 - 2021 非血縁者間末梢血幹細胞移植における新規慢性GVHD予防法と持続型G-CSFによる幹細胞動員の開発研究
  • 2017 - 2021 GVHDによる腸内フローラ異常の網羅的解析と治療法の開発
  • 2017 - 2020 HIV感染症の医療体制の整備に関する研究
  • 2017 - 2020 急性型およびリンパ腫型成人T細胞白血病に対する標準治療としての同種造血幹細胞移植法の確立
  • 2017 - 2020 間葉系幹細胞を利用する新しいGVHD予防法の開発と次世代シークエンサーによる遺伝子情報に基づく新しいドナー選択法の開発に関する研究
全件表示
論文 (424件):
  • Kondo T, Fujioka M, Fujisawa S, Sato K, Tsuda M, Miyagishima T, Mori A, Iwasaki H, Kakinoki Y, Yamamoto S, Haseyama Y, Ando S, Shindo M, Ota S, Kurosawa M, Ohba Y, Teshima T; North Japan Hematology Study Group (NJHSG). Clinical efficacy and safety of first-line nilotinib therapy and evaluation of the clinical utility of the FRET-based drug sensitivity test. Int J Hematol. 2019. 110. 4. 482-489
  • Usmani SZ, Schjesvold F, Oriol A, Karlin L, Cavo M, Rifkin RM, Yimer HA, LeBlanc R, Takezako N, McCroskey RD, Lim ABM, Suzuki K, Kosugi H, Grigoriadis G, Avivi I, Facon T, Jagannath S, Lonial S, Ghori RU, Farooqui MZH, Marinello P, San-Miguel J; KEYNOTE-185 Investigators. Pembrolizumab plus lenalidomide and dexamethasone for patients with treatment-naive multiple myeloma (KEYNOTE-185): a randomised, open-label, phase 3 trial. Lancet Haematol. 2019. 6. 9. e448-e458
  • Yamahara K, Hamada A, Soma T, Okamoto R, Okada M, Yoshihara S, Yoshihara K, Ikegame K, Tamaki H, Kaida K, Inoue T, Ohsugi Y, Nishikawa H, Hayashi H, Ito YM, Iijima H, Ohnishi S, Hashimoto D, Isoe T, Teshima T, Ogawa H, Sato N, Fujimori Y. Safety and efficacy of amnion-derived mesenchymal stem cells (AM01) in patients with steroid-refractory acute graft-versus-host disease after allogeneic haematopoietic stem cell transplantation: a study protocol for a phase I/II Japanese trial. BMJ Open. 2019. 9. 7. e026403
  • 豊嶋 崇徳. Validation of US evaluation of ulcerative colitis activity. Ultrasound Med Biol. 2019. 45. 7. 1537-1544
  • 豊嶋 崇徳. Clinicopathological features of HCV-positive splenic diffuse large B cell lymphoma. Ann Hematol. 2019. 98. 5. 1197-1207
もっと見る
書籍 (42件):
  • Low-dose aclarubicin therapy for myelodysplastic syndrome
    In: Miyazaki T, Takaku F, Uchino H (ed): Myelodysplastic Syndrome and Cytokines. Elsevier Science Publishers 1991
  • The inhibitory effect of interleukin 4 on the spontaneous growth of chronic myelomonocytic leukemia cells
    In: Miyazaki T, Takaku F, Uchino H (ed): Myelodysplastic Syndrome and Cytokines. Elsevier Science Publishers 1991
  • 悪性リンパ腫における末梢血幹細胞移植
    末梢血幹細胞移植, 南江堂, 東京 1995
  • A randomized study of low-dose aclarubicin versus very low-dose cytosine arabinoside for myelodysplastic syndrome
    In: Myelodysplastic Syndrome: Advances in Research and Treatment 1995
  • 同種造血幹細胞移植の現状と展望
    高久文麿,宮崎澄雄,斎藤英彦,溝口秀昭,坂田洋一,編.Annual Review 血液 1997, 中外医学社,東京 1997
もっと見る
講演・口頭発表等 (286件):
  • 北海道大学病院国際化構想
    (第9回国際化PT/第5回国際化推進WG合同会議)
  • 成人末梢血幹細胞(PBSC)採取の適正化
    (第39回 日本輸血学会総会 1991)
  • 急性白血病に対する末梢血幹細胞移植
    (第13回 日本骨髄移植研究会 1991)
  • 末梢血幹細胞採取におけるG-CSF
    (第34回 日本臨床血液学会総会 1992)
  • 急性白血病に対する末梢血幹細胞移植-末梢血幹細胞移植の現況と問題点
    (第37回 日本臨床血液学会総会 1995)
もっと見る
学位 (1件):
  • 医学博士
委員歴 (59件):
  • 2019/08 - 現在 日本輸血・細胞治療学会 輸血検査技術講習委員会 組織適合性検査タスクフォース委員
  • 2019/04 - 現在 日本内科学会 学会在り方検討委員会委員
  • 2017/03 - 現在 日本造血細胞移植学会 学術集会企画委員会役職委員
  • 2015/06 - 現在 日本輸血・細胞治療学会 学術委員会委員長
  • 2015/06 - 現在 日本輸血・細胞治療学会 理事
全件表示
受賞 (6件):
  • 2019/03 - 一般社団法人日本造血細胞移植学会 第1回日本造血細胞移植学会学会賞
  • 2016 - 北海道大学大学院医学研究科・医学部医学科 平成27年度北海道大学大学院医学研究科・医学部医学科 優秀研究賞
  • 2012/10 - International Journal of Hematology 編集長賞
  • 2005 - 武田科学振興財団 一般研究奨励賞
  • 1999 - Travel Award, 1999 Annual Meeting of American Society of Hematology
全件表示
所属学会 (8件):
日本臨床腫瘍学会 ,  日本血液学会 ,  日本内科学会 ,  日本臨床血液学会 ,  日本造血幹細胞移植学会 ,  日本輸血・細胞治療学会 ,  American Society of Hematology ,  American Association of Immunologists
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る