研究者
J-GLOBAL ID:200901049174154080   更新日: 2021年03月24日

佐藤 健

サトウ タケシ | Sato Takeshi
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
ホームページURL (1件): https://tuat.academia.edu/TakeshiSato
研究分野 (6件): 学習支援システム ,  外国語教育 ,  言語学 ,  教育工学 ,  教科教育学、初等中等教育学 ,  外国語教育
研究キーワード (7件): 協同学習 ,  多義語習得 ,  モバイル機器を利用した外国語教育(MALL) ,  コンピュータを利用した外国語教育 (CALL) ,  第二語彙習得 ,  第二言語習得 ,  応用言語学
競争的資金等の研究課題 (15件):
  • 2020 - 2023 フィンランドとのCSCL・対面学習連動型医療英語学習ESPモデルの国際共同開発
  • 2018 - 2022 大学入試改革を契機とする新しい高大接続英語教育用eラーニングパッケージの開発研究
  • 2018 - 2021 知能ロボットの社会的随伴性と人間コミュニティにおける受容メカニズムの解明
  • 2018 - 2021 ICTを用いた英語協働学習のタスクと評価のための指標開発と展開
  • 2018 - 2020 ICTを用いた英語協働学習のタスクと評価のための指標開発と展開
全件表示
論文 (44件):
  • Kotaro Hayashi, Takeshi Sato. Intelligent speaker is watching you: alleviation of L2 learners’ social anxiety. CALL for widening participation: short papers from EUROCALL 2020. 2020. 88-95
  • Takeshi Sato, Fumiko Murase, Tyler Burden. An Empirical Study on Vocabulary Recall and Learner Autonomy through Mobile-Assisted Language Learning in Blended Learning Settings. CALICO Journal. 2020. 37. 3. 254-276
  • Yuda Lai, Takeshi Sato, Tyler Burden. Impact of Instruction Explicitness, Cognitive Learning Style, and Modality on the Effectiveness of Cognitive Linguistics-Based Visual Aids for Teaching Prepositions in Taiwanese EFL Classrooms. English Teaching & Learning. 2020. 1-25
  • Takeshi Sato, Tyler Burden. The impact of information processing styles in mobile-assisted language learning: Are multimedia materials effective for every learner?. Electronic Journal of Foreign Language Teaching. 2020. 17. Supplemennt 1. 154-167
  • Takeshi Sato, Masa'aki Ogura, Shoma Aota, Tyler. Burden. Does an automated translation bot support or hinder L2 collaborative interaction? - In terms of L2 production and motivation. Proceedings of the XXth International CALL Research Conference 2019. 2019. 235-239
もっと見る
MISC (19件):
もっと見る
書籍 (7件):
  • 多文化共生時代の英語教育
    いいづな書店 2017
  • Implementing Mobile Language Learning Technologies in Japan.
    Springer 2017
  • ワード・バンク mini 基礎を固める英単語1800
    朝日出版社 2013
  • 英文法イメージトレーニング
    アルク 2008
  • 創造的リーダーシップ -ファシリテーションの極意をつかめ!-
    北大路書房 2007
もっと見る
講演・口頭発表等 (43件):
  • Japanese college students’ perception towards the significance of online peer review via a new e-learning application
    (EUROCALL 2020 2020)
  • Intelligent speaker is watching you: Alleviation of the L2 learners’ social anxiety
    (EUROCALL 2020 2020)
  • A Report on English Classes Utilizing Smart Speakers.
    (JALT 2019 Conference 2019)
  • Can a simple humanlike robot improve oral education for students with Social Anxiety?
    (FLEATVII 2019)
  • Does an Automated Translation Bot Support or Hinder L2 Collaborative Interaction? - in terms of L2 Production and Motivation.
    (CALL 2019 Conference 2019)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2000 - 2004 慶應義塾大学 後期博士課程
  • 2001 - 2003 Institute of Education, University of London
  • 1996 - 1999 慶應義塾大学 修士課程
  • 1992 - 1996 慶應義塾大学 英米文学専攻
学位 (4件):
  • 学士(文学) (慶應義塾大学)
  • 修士(政策・メディア) (慶應義塾大学)
  • 修士(教育学) (ロンドン大学教育研究所)
  • 博士(学術) (慶應義塾大学)
経歴 (6件):
  • 2018/04 - 現在 慶應義塾大学 文学部 非常勤講師
  • 2009/04 - 現在 明治大学 商学部 兼任講師
  • 2008/10 - 2014/03 東京農工大学 工学研究院 専任講師
  • 2012/07 - 2012/10 London Knowledge Lab (the Institute of Education, University of London) Visiting Academic
  • 2005/04 - 2008/09 静岡大学 大学教育センター 専任講師
全件表示
委員歴 (12件):
  • 2020/04 - 現在 外国語教育メディア学会 理事
  • 2021/01 - 2021/02 ReCALL 査読委員
  • 2020/11 - 2020/12 Language Learning and Technology 査読委員
  • 2020/09 - 2020/10 CALICO Journal 査読委員
  • 2020/02 - 2020/04 CALICO Journal 査読委員
全件表示
所属学会 (4件):
EuroCALL ,  大学英語教育学会(JACET) ,  外国語教育メディア学会(LET) ,  e-Learning教育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る