研究者
J-GLOBAL ID:200901049421017244   更新日: 2020年10月08日

今井 秀記

イマイ ヒデキ | Imai Hideki
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 精神神経科学
研究キーワード (1件): 精神神経科学
論文 (2件):
MISC (9件):
  • 石川 一朗, 森 崇洋, 穴吹 忠裕, 角友 祐豪, 関 彰吾, 野口 勝宏, 樋笠 直哉, 木戸 瑞江, 山中 真美, 真鍋 貴子, et al. 物忘れを主訴として来院した前頭骨内板過骨症の3症例. 老年精神医学雑誌. 2019. 30. 増刊II. 178-178
  • 穴吹 忠裕, 山中 真美, 上野 祐介, 三木 洋介, 野口 勝宏, 関 彰吾, 樋笠 直哉, 木戸 瑞江, 松村 義人, 檀上 淳一, et al. 治療構造の再構築が入院加療により可能となった神経性無食欲症の1例. 精神神経学雑誌. 2018. 120. 4. 344-344
  • 松村 義人, 新野 秀人, 上野 祐介, 竹本 貴昭, 穴吹 忠裕, 浅田 志, 樋笠 直哉, 木戸 瑞江, 檀上 淳一, 山中 真美, et al. 医学生向け精神科模擬診療教材の開発 包括型診療シミュレータ、バーチャル患者と模擬電子カルテシステム. 精神神経学雑誌. 2017. 119. 6. 436-436
  • 上野 祐介, 森 崇洋, 安藤 延男, 竹本 貴昭, 穴吹 忠裕, 浅田 志, 樋笠 直哉, 木戸 瑞江, 松村 義人, 檀上 淳一, et al. 進行性非流暢性失語の診断においてCOGNISTATが有用であった1例. 精神神経学雑誌. 2017. 119. 6. 444-444
  • 山中真美, 野口勝宏, 安藤延男, 嶋 宏美, 今井秀記, 関 彰吾, 中村 祐. 高齢者に出現した遅発性ジスキネジアに対しガバペンチン投与が有効であった1例. 精神神経学雑誌. 2015. 117. 5. 378
もっと見る
講演・口頭発表等 (3件):
  • 認知症高齢者のレストレスレッグス症候群の症状把握に夜間モニター観察が有効だった1例
    (第60回中国・四国精神神経学会 2019)
  • 精神病症状の強い治療抵抗性うつ病に電気けいれん療法(ECT)が奏功した1例
    (第60回中国・四国精神神経学会 2019)
  • 電子カルテから抽出したキーワードにより精神疾患の診断を補助する方法の検討
    (第29回医療情報学連合大会 2009)
学歴 (1件):
  • 1999 - 2005 香川大学 医学科
学位 (1件):
  • 医学士 (香川大学)
経歴 (4件):
  • 2012/01 - 現在 香川大学医学部
  • 2010/10 - 2011/12 三愛会 三船病院
  • 2007/04 - 2010/09 香川大学医学部
  • 2005/04 - 2007/03 大樹会 回生病院
所属学会 (1件):
日本精神神経学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る