研究者
J-GLOBAL ID:200901049483442308   更新日: 2021年05月07日

富澤 晃文

トミザワ アキフミ | Tomizawa Akifumi
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (5件): リハビリテーション科学 ,  特別支援教育 ,  教育工学 ,  実験心理学 ,  耳鼻咽喉科学
研究キーワード (8件): 聴覚リハビリテーション ,  聴能学 ,  聴覚障害児教育 ,  人工内耳 ,  難聴 ,  補聴器 ,  聴覚障害 ,  オージオロジー
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2020 - インクルーシブ保育における幼児の包括的な語音聴取評価法の開発
  • 2019 - 聴覚障害児に対する人工内耳植込手術施行前後の効果的療育手法の開発等に資する研究
  • 2014 - 2016 新生児聴覚スクリーニングにおける Auditory Neuropathy Spectrum Disorders 症例の長期追跡研究
  • 2007 - 2009 乳児に適用される補聴器の機能の選択・評価・推薦方略
論文 (18件):
もっと見る
MISC (10件):
もっと見る
書籍 (5件):
  • 標準言語聴覚障害学 聴覚障害学 第3版
    医学書院 2021 ISBN:9784260043502
  • 補聴器ハンドブック 原著第2版
    医歯薬出版 2017
  • 教育オーディオロジーハンドブック 聴覚障害のある子どもたちのための「きこえ」の補償と学習指導
    ジアース教育新社 2017
  • 図解 言語聴覚療法技術ガイド
    文光堂 2014
  • 新生児・幼小児の難聴
    診断と治療社 2014
講演・口頭発表等 (48件):
  • 耳鼻科領域検査における基礎知識 -他覚的聴力検査と行動観察による聴力検査- 「乳幼児聴力検査について」
    (一般社団法人 日本臨床衛生検査技師会 令和二年度 耳鼻科領域検査啓発推進講習会(第2回))
  • 聴力正常者における雑音下の単音節受聴明瞭度 -補聴器適合検査の指針(2010)CDにおける聴取傾向-
    (第65回日本聴覚医学会学術講演会(名古屋) 2020)
  • 機能性難聴の知覚病態に関する一考察 -選択的聴取の機能障害仮説について-
    (第64回日本聴覚医学会学術講演会(大阪) 2019)
  • 子どもの発達ときこえの評価・対応 Update
    (日本言語聴覚士協会主催 2019年度第1回全国研修会 専門講座(大分) 2019)
  • Perceptual pathology of non-organic hearing loss in TIN test
    (XLV Congress of the International Neurootological & Equilibiometric Society(Tokyo) 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 2015 筑波大学大学院 (学位論文審査合格)
  • - 1997 筑波大学大学院 障害児教育専攻(修了)
  • - 1995 筑波大学 人間学類(卒業)
学位 (2件):
  • 博士(リハビリテーション科学) (筑波大学)
  • 修士(教育学) (筑波大学)
経歴 (4件):
  • 2021 - 現在 国際医療福祉大学 保健医療学部
  • 2019 - 2021 新潟医療福祉大学 リハビリテーション学部
  • 2006 - 2019 目白大学 保健医療学部
  • 1997 - 2006 日本聾話学校 オーディオロジー部
所属学会 (6件):
日本小児耳鼻咽喉科学会 ,  日本言語聴覚士協会 ,  日本教育オーディオロジー研究会 ,  日本特殊教育学会 ,  日本音声言語医学会 ,  日本聴覚医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る