研究者
J-GLOBAL ID:200901049662233142   更新日: 2019年11月05日

竹中 彰治

タケナカ ショウジ | TAKENAKA Shoji
所属機関・部署:
職名: 研究准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 新潟大学ビッグデータアクティベーションセンター
ホームページURL (1件): http://www.dent.niigata-u.ac.jp/restend/restend.html
研究分野 (1件): 保存治療系歯学
競争的資金等の研究課題 (26件):
  • 2019 - 2022 リスクアセスメントとオーラルリテラシーを向上する誤嚥性肺炎の危険予知システム開発
  • 2019 - 2020 口腔ピロリ菌の闇に迫る-分離・同定、感染機序、持続感染制御因子の探索的研究
  • 2015 - 2018 小動物のマイクロエンドモデルの確立と新規根管治療法や根管治療薬の開発に関する研究
  • 2014 - 2017 バイオフィルム制御の概念転換の必要性の提示とマトリックスを標的とした制御戦略開発
  • 2013 - 2016 齲蝕関連細菌群をターゲットとした歯垢バイオフィルムの多角的解析と齲蝕予防への展開
全件表示
論文 (21件):
  • Hasegawa T, Takenaka S, Ohsumi T, Ida T, Ohshima H, Terao Y, Traithawit N, Maeda T, Noiri Y. Effect of a novel glass ionomer cement containing flour-zinc-silicate fillers on biofilm formation and dentin ion incorporation. Clinical Oral Investigations. 2019. 6月26日受理. 印刷中
  • Hasegawa T, Takenaka S, Wakamatsu R, Ohsumi T, Domon H, Ohshima H, Terao Y, Noiri Y. A horizontal sequential cutting method to estimate the effectiveness of dentin disinfection by using confocal laser scanning microscopy. Journal of Endodontics. 2019. 45. 9. 1142-1147
  • Takenaka S, Ohsumi T, Noiri Y. Evidence-based strategy for dental biofilms: Current evidence of mouthwashes on dental biofilm and gingivitis. Japanese Dental Science Review. 2019. 55. 1. 33-40
  • Sakaue Y, Takenaka S, Ohsumi T, Domon H, Terao Y, Noiri Y. The effect of chlorhexidine on dental calculus formation: an in vitro study. BMC oral health. 2018. 18. 1. 52
  • Takenaka S, Noiri Y. Limitations and adverse influences of antimicrobial strategy for the control of oral biofilm. J Dent Oral Biol. 2017. 2. 3. 1034
もっと見る
MISC (103件):
書籍 (8件):
  • 洗口液の使用意義について
    ウエルテック社 2015
  • グルコン酸クロルヘキシジン
    ウエルテック社 2015
  • 洗口液なるほど活用術
    デンタルダイヤモンド社 2016 ISBN:4885103452
  • Adverse influences of antimicrobial strategy against mature oral biofilm. Microbial Biofilms- Inportance and applications
    InTech 2016
  • 保存修復学専門用語集
    2017
もっと見る
講演・口頭発表等 (12件):
  • バイオフィルムと洗口液
    (日本歯科保存学会 2007)
  • New strategy targeting matrices of mature biofilm.
    (KPPIKG, Jakarta, Indonesia 2009)
  • Advantages of surgical microscope.
    (Universitas Gadjah Mada, Yogyakarta, Indonesia 2009)
  • 洗口液とバイオフィルム
    (日本口腔衛生学会 2010)
  • 口腔バイオフィルムの制御戦略
    (花王株式会社 2010)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1988 - 1994 新潟大学 歯学部 歯学科
  • 1994 - 1998 新潟大学 大学院歯学研究科 博士課程
経歴 (8件):
  • 1998/04 - 1999/08 新潟大学歯学部附属病院 医員
  • 1999/09 - 2001/03 新潟大学歯学部 助手
  • 2005/10 - 2006/09 米国モンタナ州立大学バイオフィルムセンター 特別研究員
  • 2001/04 - 2007/03 新潟大学大学院医歯学総合研究科 助手
  • 2012/03 - 2012/06 米国モンタナ州立大学バイオフィルムセンター 特別研究員
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2015/04 - 現在 NPO 日本歯科保存学会 評議委員
受賞 (2件):
  • 2018/11 - 日本歯科保存学会 優秀ポスター賞
  • 2009/06 - 日本歯科保存学会 奨励賞
所属学会 (7件):
日本歯科保存学会 ,  日本歯内療法学会 ,  日本歯周病学会 ,  International Association for Dental Research ,  日本バイオフィルム学会 ,  日本口腔衛生学会 ,  日本歯科審美学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る