研究者
J-GLOBAL ID:200901049682980823   更新日: 2024年05月19日

横山 朝哉

ヨコヤマ トモヤ | Yokoyama Tomoya
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.woodchemistry.fp.a.u-tokyo.ac.jp/index.html
研究分野 (3件): 環境材料、リサイクル技術 ,  環境負荷低減技術、保全修復技術 ,  木質科学
研究キーワード (34件): リグニン ,  パルプ ,  酸素 ,  多糖類 ,  フェノール ,  活性酸素種 ,  炭水化物 ,  漂白 ,  エピマー ,  立体配置 ,  立体電子効果 ,  同位体効果 ,  モデル化合物 ,  脱リグニン ,  流量計 ,  速度論的同位体効果 ,  マンガン ,  糖 ,  アルカリ ,  酸化 ,  細胞壁 ,  木化 ,  土壌改良剤 ,  近接場 ,  キシラン ,  シリンギル ,  樹木 ,  塩化リチウム ,  赤外分光スペクトル ,  蒸解・漂白化学 ,  木材化学 ,  oxygen ,  lignin ,  bleaching
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2021 - 2025 木質バイオマスの有効利用を実現させる副次生成リグニン由来ファインケミカルの創成
  • 2013 - 2017 アルカリ性マンガン添加酸素および酸性マンガン逐次処理による新規漂白法の構築
  • 2010 - 2012 木質細胞壁全溶解システムを用いた細胞壁各構成成分の性状と相互作用の解明
  • 2008 - 2011 酸素漂白条件下における多糖類およびリグニン分解機構の基礎的解析
  • 2005 - 2008 リグニンはその生成時の力学的環境にどのように化学構造を対応させるか
全件表示
論文 (90件):
  • Ryota Mizutani, Kyoko S. Katsumata, Toshihiro Komatsu, Tomoya Yokoyama. Revisiting the mechanism of β-O-4 bond cleavage during acidolysis of lignin part 10: reactions of C6-C2-type non-phenolic syringyl model compounds and comparison of the reactions with those of the guaiacyl analogues. Journal of Wood Science. 2024. 70. 22
  • Qiaoqiao Ye, Kyoko S. Katsumata, Toshihiro Komatsu, Tomoya Yokoyama. Revisiting the mechanism of β-O-4 bond cleavage during acidolysis of lignin. Part 9: Comprehensive results for guaiacyl-type compounds and the difference in participation mode of bromide and chloride anions between C6-C3-type and C6-C2-type compounds. Journal of Wood Chemistry and Technology. 2024. 44. 3. 147-163
  • Toshihiro Komatsu, Kazutaka Yamauchi, Tomoya Yokoyama. Promotive or suppressive effect of co-existing nucleophiles on lignin condensation in alkaline pulping processes. Journal of Wood Chemistry and Technology. 2023. 43. 2. 67-77
  • Tatsuyuki Sakai, Kyoko S. Katsumata, Tomoya Yokoyama. Optimization of alkaline hydrogen peroxide treatment of lignin model compounds at high pH levels for producing aromatic aldehyde and acids as fine chemicals. Lignin. 2022. 3. 15-25
  • Toshihiro Komatsu, Tomoya Yokoyama. Revisiting the condensation reaction of lignin in alkaline pulping with quantitativity part III: predominant formation of α-β-type over α-5-type condensation product in soda cooking treatments of apocynol and creosol. Journal of Wood Science. 2022. 68. 60
もっと見る
学歴 (4件):
  • 1996 - 1999 東京大学 大学院農学生命科学研究科 生物材料科学専攻 博士課程
  • 1994 - 1996 東京大学 大学院農学生命科学研究科 林産学専攻 修士課程
  • 1992 - 1994 東京大学 農学部 林産学科
  • 1990 - 1992 東京大学 教養学部 理科2類
学位 (1件):
  • 博士(農学) (東京大学)
経歴 (10件):
  • 2021/04 - 現在 東京大学大学院農学生命科学研究科 生物材料科学専攻 教授
  • 2012/08 - 2021/03 東京大学大学院農学生命科学研究科 生物材料科学専攻 准教授
  • 2007/08 - 2012/08 東京大学大学院農学生命科学研究科 生物材料科学専攻 講師
  • 2007/04 - 2007/08 東京大学大学院農学生命科学研究科 生物材料科学専攻 助教
  • 2004/11 - 2007/03 東京大学大学院農学生命科学研究科 生物材料科学専攻 助手
全件表示
委員歴 (19件):
  • 2023/08 - 現在 (一社)日本木材学会 国際委員会委員
  • 2023/07 - 現在 紙パルプ技術協会 国際委員会委員長
  • 2023/06 - 現在 リグニン学会 理事(渉外担当)
  • 2021/07 - 現在 紙パルプ技術協会 木材科学委員会委員
  • 2021/07 - 現在 紙パルプ技術協会 理事
全件表示
受賞 (4件):
  • 2019/09 - International Academy of Wood Science Fellow
  • 2013/03 - 第53回日本木材学会賞(2012年度)
  • 2005/10 - 2004年紙パルプ技術協会賞
  • 2005/10 - 2004年印刷朝陽会賞
所属学会 (4件):
International Association of Wood Science ,  リグニン学会 ,  紙パルプ技術協会 ,  (一社)日本木材学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る