研究者
J-GLOBAL ID:200901049938468491   更新日: 2020年09月01日

真弓 忠範

マユミ タダノリ | Mayumi Tadanori
所属機関・部署:
職名: 教授,学長
研究分野 (4件): 薬理学 ,  薬系化学、創薬科学 ,  薬理学 ,  薬系衛生、生物化学
研究キーワード (6件): 薬物設計学 ,  薬物送達システム ,  生物薬剤学 ,  Drug Design ,  Drug Delivery System ,  Biopharmaceutics
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • ナノ治療戦略の確立
  • ワクチンのDDSに関する研究
  • 分子レベルでのDDSとしてのBioconjugationに関する研究
  • 遺伝子治療および細胞性製剤に関する研究
  • Development of nanotherapy
全件表示
MISC (584件):
特許 (11件):
  • インターフェロンα変異蛋白質とその用途
  • TNFアンタゴニスト及びそれを有効成分とするTNF阻害剤
  • 新規ウイルスベクター
  • 生理活性複合体
  • 細胞内薬物徐放化方法及び製剤
もっと見る
書籍 (16件):
  • 吉川友章、真弓忠範、中川晋作 機能性細胞の創製とCell Delivery System
    Bioベンチャー 2004
  • 衛藤佑介、真弓忠範、中川晋作 遺伝子医薬品のDDS
    ファインケミカルシリーズ ドラッグデリバリーシステムの新展開 -究極の薬物治療をめざして-, シーエムシー出版 2004
  • 國澤 純, 真弓忠範 ワクチン療法におけるドラッグデリバリーシステムの応用
    わかる実験医学シリーズ ウイルス・細菌と感染症がわかる, 羊土社 2004
  • 堤 康央, 吉岡靖雄, 真弓忠範 医薬価値に優れた機能性人工タンパク質の網羅的かつ迅速同定システムとプロテオーム創薬への展開
    細胞工学 2003
  • 堤 康央, 鎌田春彦, 真弓忠範 機能化高分子キャリアの開発とプロテオーム創薬への展開
    Bioベンチャー 2003
もっと見る
Works (6件):
  • 遺伝子治療におけるアデノウイルスベクターの開発研究
    1999 -
  • 膜融合リポソームを用いたワクチン開発
    1999 -
  • Development of Adenovirus vector for gene therapy
    1999 -
  • Application of fusogenic liposome for vaccine
    1999 -
  • 腫瘍血管を標的としたガン治療研究
    1995 -
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1969 大阪大学 応用薬学
  • - 1969 大阪大学
  • - 1964 大阪大学 薬学科
  • - 1964 大阪大学
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (大阪大学)
経歴 (12件):
  • 2004/07 - - 神戸学院大学 学長
  • 2004/04 - - 神戸学院大学薬学研究科 教授
  • 1989 - 2004 大阪大学大学院薬学研究科 教授
  • 1980 - 1989 神戸学院大学薬学部 教授
  • 1980 - 1989 Professor, Faculty of Pharmaceutical Sciences, Kobe-Gakuin University
全件表示
委員歴 (3件):
  • 1995 - 1997 日本薬学会 理事、学術集会委員長、第124年会組織委員長・副会頭
  • 1997 - 日本DDS学会 理事、会長
  • 1991 - 日本香粧品科学会 理事、会頭
受賞 (11件):
  • 2003 - 日本薬剤学学会第18年会優秀論文賞(日本薬剤学会)
  • 2003 - 平成15年度日本薬剤学会学会賞(日本薬剤学会)
  • 2003 - 第76回日本薬理学会年会ポスター優秀発表賞(日本薬理学会)
  • 2003 - 日本薬剤学学会第18年会日本薬剤学会賞
  • 2000 - 日本薬剤学学会第15年会優秀論文賞
全件表示
所属学会 (10件):
日本遺伝子治療学会 ,  日本薬物動態学会 ,  日本生化学会 ,  日本再生医療学会 ,  日本医療薬学会 ,  日本免疫学会 ,  日本癌学会 ,  日本香粧品科学会 ,  日本DDS学会 ,  日本薬学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る