研究者
J-GLOBAL ID:200901050500161480   更新日: 2020年09月01日

奥村 光隆

オクムラ ミツタカ | Okumura Mitsutaka
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 基礎物理化学
研究キーワード (2件): 触媒化学 ,  量子化学
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2017 - 2020 貴金属ナノクラスター触媒の示すソフトルイス酸性に関する構造活性相関の理論的研究
  • 2011 - 2014 少数原子クラスター内包系のスピン・構造状態制御による物性発現機構の理論的解明
  • 2013 - 水の分離コスト削減を目指したエステルの不可逆型加水分解およびアルケンの直接的変換
  • 2013 - 元素戦略プロジェクト
  • 2007 - 2012 金及び貴金属集積化クラスター触媒の電子状態及び低温触媒活性の理論的研究
全件表示
論文 (291件):
  • Koichi Miyagawa, Mitsuo Shoji, Hiroshi Isobe, Shusuke Yamanaka, Takashi Kawakami, Mitsutaka Okumura, Kizashi Yamaguchi. UNO(ULO) active space for multireference calculations on classical and quantum computers. Revisit to the iron-sulfur complexes. Chemical Physics Letters. 2020. 746
  • Hiroaki Koga, Akihide Hayashi, Yoshinori Ato, Kohei Tada, Saburo Hosokawa, Tsunehiro Tanaka, Mitsutaka Okumura. Facile NO-CO elimination over zirconia-coated Cu(1 1 0) surfaces: Further evidence from DFT + U calculations. Applied Surface Science. 2020. 508
  • Ayaka Sonoura, Akihide Hayashi, Yoshinori Ato, Hiroaki Koga, Haruno Murayama, Makoto Tokunaga, Mitsutaka Okumura. DFT study for selective adsorption of 1,3-dimethyltrisulfane responsible for aged odor in Japanese sake using supported gold nanoparticles. Chemistry Letters. 2020. 49. 3. 218-221
  • Kohei Tada, Takashi Kawakami, Yasutaka Kitagawa, Mitsutaka Okumura, Kizashi Yamaguchi, Shingo Tanaka. Comparison of effective exchange integrals of H-H and H-He-H chains vs. Single molecules: A theoretical study. Chemistry Letters. 2020. 49. 2. 137-140
  • K. Miyagawa, H. Isobe, T. Kawakami, M. Shoji, S. Yamanaka, M. Okumura, T. Nakajima, K. Yamaguchi. Domain-based local pair natural orbital CCSD(T) calculations of fourteen different S2 intermediates for water oxidation in the Kok cycle of OEC of PSII. Re-visit to one LS-two HS model for the S2 state. Chemical Physics Letters. 2019. 734
もっと見る
MISC (72件):
  • Tada Kohei, Koga Hiroaki, Sakurai Hiroaki, Tanaka Shingo, Ato Yoshinori, Hayashi Akihide, Kawakami Takashi, Yamanaka Shusuke, Okumura Mitsutaka. Theoretical investigation of the effect of phosphate doping on the aggregation of Au atoms on an Al2O3 (0001) surface. APPLIED SURFACE SCIENCE. 2019. 465. 1003-1013
  • Nakamura Isao, Murayama Haruno, Tokunaga Makoto, Okumura Mitsutaka, Fujitani Tadahiro. Adsorption and thermal reactivity of dimethyl trisulfide on a Au(111) single-crystal surface. SURFACE SCIENCE. 2018. 677. 186-192
  • 奥村光隆, 林亮秀, 安渡佳典, 村山美乃, 石田玉青, 徳永信. 金触媒によるアリルアルコールの異性化反応に関する理論的研究 2. 触媒討論会討論会A予稿集. 2018. 122nd. 67
  • 安渡佳典, 林亮秀, 川上貴資, 山中秀介, 石田玉青, 徳永信, 奥村光隆. Au-Ni触媒のヘテロ接合効果に関する理論的研究. 触媒討論会討論会A予稿集. 2018. 122nd. 68
  • 奥村光隆, 林亮秀, 安渡佳典, 村山美乃, 徳永信. 金ナノクラスター触媒におけるアリルアルコールの異性化反応に関する理論的研究. 触媒討論会講演予稿集. 2018. 121st. 185
もっと見る
特許 (6件):
  • イリジウム担持物質、イリジウム担持方法およびイリジウム担持触媒
  • ホルムアルデヒドの酸化除去法
  • 金超微粒子固定化物質及びその製造方法
  • 集積化触媒およびその製造方法
  • 金超微粒子固定化物質及びその製造方法
もっと見る
書籍 (6件):
  • アトキンス物理化学(下)第10版
    東京化学同人 2017 ISBN:9784807909094
  • アトキンス物理化学(上)第10版
    東京化学同人 2017
  • 第一原理計算~構造最適化に向けた 材料・デバイス別 事例集~
    情報機構 2012 ISBN:9784905545385
  • 金ナノテクノロジー その基礎と応用
    シーエムシー出版 2009
  • 物性量子化学入門
    講談社サイエンティフィック 2004
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(理学) (北海道大学)
経歴 (9件):
  • 2008/07/01 - 現在 大阪大学 理学研究科 化学専攻 教授
  • 2008/06 - 現在 大阪大学大学院理学研究科化学専攻・教授・奧村光隆
  • 2007/04/01 - 2008/06/30 大阪大学 理学研究科 化学専攻 准教授
  • 2003/03 - 2008/06 大阪大学大学院理学研究科化学専攻・助教授
  • 2008 - - 大阪大学大学院理学研究科化学専攻・教授・奧村光隆
全件表示
受賞 (4件):
  • 2013/08 - 日本化学会 BCSJ Award Article
  • 2002/07 - 国際金属写真学会 2002 International Metallographic Contest First Place
  • 2002/07 - 日本金属学会 金属組織写真奨励賞
  • 2001/03 - 日本金属学会 金属組織写真奨励賞
所属学会 (3件):
日本触媒学会 ,  日本化学会 ,  日本化学会・日本触媒学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る