研究者
J-GLOBAL ID:200901050580579049   更新日: 2021年03月19日

伊藤 亮

イトウ アキラ | Ito Akira
所属機関・部署:
職名: 客員教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 顧みられない感染症研究室  客員教授
研究分野 (4件): 免疫学 ,  寄生虫学 ,  免疫学 ,  寄生虫学
研究キーワード (8件): 熱帯医学 ,  免疫学 ,  寄生虫学(含医用動物学) ,  免疫・分子寄生虫学 ,  寄生虫病学 ,  Immunology ,  Parasitology(including Medical Zoology) ,  Immuno-Molecular Parasitology
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 1994 - 人畜共通条虫症に関する免疫、分子診断法
  • 人獣共通寄生虫病、特に嚢虫症、エキノコックス症に関する総合研究
  • Differential Serodiagnosis and DNA diagnosis of Neurocysticercosis
  • Differential Serodiagnosis and DNA-diagnosis of Echinococcosis
  • Immunology and Serology of Cysticercosis
全件表示
論文 (63件):
  • Marcello Otake Sato, Megumi Sato, Tetsuya Yanagida, Jitra Waikagul, Tiengkham Pongvongsa, Yasuhito Sako, Surapol Sanguankiat, Tipparayat Yoonuan, Sengchanh Kounnavang, Satoru Kawai, et al. Taenia solium, Taenia saginata, Taenia asiatica, their hybrids and other helminthic infections occurring in a neglected tropical diseases' highly endemic area in Lao PDR. PLOS Neglected Tropical Diseases. 2018. in press
  • Tetsuya Yanagida, Antti Lavikainen, Eric P. Hoberg, Sergey Konyaev, Akira Ito, Marcello Otake Sato, Vladimir A. Zaikov, Kimberlee Beckmen, Minoru Nakao. Specific status of Echinococcus canadensis (Cestoda: Taeniidae) inferred from nuclear and mitochondrial gene sequences. INTERNATIONAL JOURNAL FOR PARASITOLOGY. 2017. 47. 14. 971-979
  • Akira Ito, Minoru Nakao, Antti Lavikainen, Eric Hoberg. Cystic echinococcosis: Future perspectives of molecular epidemiology. ACTA TROPICA. 2017. 165. 3-9
  • Agathe Nkouawa, Armel Romeo Dschanou, Roger Moyou-Somo, Yasuhito Sako, Akira Ito. Seroprevalence and risk factors of human cysticercosis and taeniasis prevalence in a highly endemic area of epilepsy in Bangoua, west Cameroon. ACTA TROPICA. 2017. 165. 116-120
  • Kadek Swastika, Nyoman Sadra Dharmawan, I. Ketut Suardita, I. Nengah Kepeng, Toni Wandra, Yasuhito Sako, Munehiro Okamoto, Tetsuya Yanagida, Mizuki Sasaki, Patrick Giraudoux, et al. Swine cysticercosis in the Karangasem district of Bali, Indonesia: An evaluation of serological screening methods. ACTA TROPICA. 2016. 163. 46-53
もっと見る
MISC (227件):
もっと見る
書籍 (42件):
  • 臨床検査ガイド2015年改訂版
    文光堂 2015
  • 臨床検査ガイド2013~2014. 875-877
    文光堂 2013
  • よくわかる脳MRI第3版
    学研メディカル秀潤社 2012
  • Molecular Detection of Human Parasitic Pathogens
    CRC Press 2012
  • 今日の治療と看護 改訂第3版
    南江堂 2012
もっと見る
Works (8件):
  • 日本学術振興会、アジア・アフリカ学術基盤形成「アジア・アフリカで流行している人畜共通寄生虫病研究拠点形成」
    2006 - 2008
  • 米国NIHプロジェクト「中国における多包虫症伝搬生態学研究」
    2000 - 2008
  • 文科省科学技術振興調整費:我が国の国際的リーダーシップの確保「アジアにおける難治性寄生虫病流行把握戦略」
    2003 - 2005
  • Establishment of the network for control of cysticercosis/echinococcosis in Asia
    2003 - 2005
  • アジアにおける難治性寄生虫病(エキノコックス症等)に関する免疫・分子疫学研究
    1994 - 2005
もっと見る
学位 (3件):
  • 医学博士 (昭和大学)
  • 理学修士 (東北大学)
  • 理学博士 (東北大学)
経歴 (1件):
  • 2012/04 - 現在 旭川医科大学 医学部寄生虫学講座、顧みられない感染症研究室 客員教授
委員歴 (2件):
  • 1999 - 臨床寄生虫学会 評議員
  • 1995 - 寄生虫学会 評議員、理事
受賞 (6件):
  • 2014/11 - 米国熱帯医学・衛生学会 国際名誉会員
  • 2012/03 - 日本寄生虫学会 小泉賞
  • 2009/10 - 黒住医学振興財団 小島三郎記念文化賞
  • 2009/02 - 北海道 北海道科学技術賞
  • 1999 - 第19回エキノコックス症国際会議最優秀論文賞
全件表示
所属学会 (12件):
臨床寄生虫学会 ,  寄生虫学会 ,  (American Society of Tropical Medicine and Hygiene)アメリカ熱帯医学会 ,  Australian Society for Parasitologists ,  American Society of Parasitology ,  感染症学会 ,  免疫学会 ,  Federation of Asian Parasitologists ,  World Association for Advancement of Veterinary Parasitology ,  Australian Society for Parasitologists ,  American Society of Parasitology ,  American Society of Tropical Medicine and Hygiene
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る